規約


京都市立二条中学校 =PTA規約=

第1条【名称】
本会は、二条中学校PTAと称し、事務所を二条中学校内におく。

第2条【目的】
本会は生徒の健全育成を図るため、保護者と教職員とが協力して学校教育の伸展とそれに関する家庭並びに社会環境をより良くすることを目的とする。

第3条【性格】
本会は、教育の振興を本旨とする民主的団体であって、政治・宗教または営利的色彩をいっさいもたない。

第4条【会員】
1.会員は、本校生徒の保護者と全教職員によって組織する。
2.会員は、すべて選挙権と被選挙権を有し、また会に対して要求を提出したり、賛否を表明することができる。ただし、両親加入の場合、選挙権と被選挙権は一家族1名とする。
3.会員は所定の会費を納める。

第5条【役員】
1.本会は次の役員をおく。
会 長      1名
副会長      2名
理 事      3名
会 計      1名
書 記      1名
親まなび委員   1名
いずれの委員も任期は1ヵ年とする。別に補欠委員を若干名おく。補欠委員の任期は前任者の任期の残存期間とする。次期役員が就任するまでは、前任者が執務する。
2.本部役員は次の任務をもつ。
会長:本会の代表であって、総会および役員会等を召集し、会務を統括する
副会長:会長を補佐し、会長事故あるときはその代行をする。
理 事:会の企画運営にあたる。
会 計:会計事務を執り総会に報告して承認を受ける。
書記:本会の庶務をつかさどる。
親まなび委員:全市の親まなび委員会の活動主旨に沿って活動する。

第6条【委員】
1.本会は次の委員をおく。
学級委員     各学級4名、但し難聴学級・育成学級については全学年代表         として各1名
校外補導委員  各町内1名
常任委員  学年委員会・生涯学習委員会・保健体育委員会、広報委員会        及び校外補導委員会の正・副委員長と難聴学級・育成学級の代表
会計監査委員   2名
2.委員は次の任務をもつ。
学級委員     学年委員会・生涯学習委員会・保健体育委員会および広報委員会のいずれかに所属する。所属委員会の正・副委員長に選出されたもの及び難聴学級・育成学級の代表は常任委員となり常任委員会に出席する。
校外補導委員  校外における生徒の補導活動にあたる。委員長1名・副委員長3名をおき,各町校外補導委員の活動の企画・とりまとめを行う。正・副委員長は常任委員となり常任委員会に出席する。
常任委員    本会の事業を企画立案し且つ処理する。また各委員会の正・副委員長として事務を分掌する。
会計監査委員   会計事務を監査し、その結果を総会に報告する。

第7条【顧問】
本会は顧問を設けることができる。
顧問は会長の諮問に応じ、意見を述べることができる。

第8条【会議】
本会は次の会議をもつ。
1.総  会
@総会は、毎年度期首・期末定期総会を開く。また必要あるときは臨時に開く。
A総会の定足数は会員の五分の一とし、会員は委任状を提出して出席に代えることができる。
B議事議決は多数決による。可否同数のときは議長が決定する。
C次の事項を審議決定する。
(イ)予算・決算  (ロ)事業計画・事業報告  (ハ)役員改選  
(ニ)規約変更   (ホ)その他重要事項
2.本部会
@本部会は、本部役員および学校長・教頭・教務主任により構成される。
A本部会は原則毎月1回開かれ、本会の事業・学校活動への協力等について審議する。また、常任委員会で提案・報告する事項について協議する。
3.常任委員会
@常任委員会は、本部役員・常任委員および学校長・教頭・教務主任により構成される。本部会および各委員会より提案された事項を審議し、その実施に協力する。
A常任委員会は、緊急を要する重要事項につき総会に代わり決議する。
4.各委員会
学年委員会・生涯学習委員会・保健体育委員会・広報委員会・校外補導委員会および会計監査委員は、必要に応じて委員会を開催する。

第9条【会計】
1.会費は会員月額1口を300円とし,生徒卒業に際し賛助費として800円を納めるものとする。  
2.会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第10条【リコール制】
役員や委員が不適任であると認められる場合は、会員の過半数の賛成により、リコールされることがある。

第11条【内規】
役員等並びに学級委員の選出及び本規約に定めのない事項については、別途内規を規定する。

第12条【規約改正】
規約改正は総会出席者の三分の二以上の賛成により改正することができる。

この規約は昭和54年4月1日より実施する。
平成 8年 3月13日   一部改正
平成 9年 5月20日   一部改正
平成10年12月17日   一部改正
平成12年 1月20日   一部改正
平成20年 5月27日   一部改正
平成21年 6月 3日    一部改正
平成25年 3月12日   一部改正
平成26年 3月10日   一部改正


内規(役員等・学級委員の選出等)

第1条【本部役員の選出】

1.すべての二条中学校PTA会員の中より、公正な選出により決定する。
より多くのPTA会員が広く参加することを目指すものとする。

2.次年度本部役員候補は次年度会員相互の選挙により選出する。当年度本部役員・常任委員及び学校長で選挙管理委員会を構成し開票を行う。選出にあたっては立候補も認める。但し、当落については選挙管理委員会において決定する。本部役員候補は得票上位20名程度を目安とする。その中より各学年3名の本部役員を選出する。
 
3.規約第5条1項に定める本部役員の役職は、次年度本部役員の話し合いにより決定し、当年度の期末総会において承認を受ける。

4.会長経験者は断る権利を有する。(永年)
  会長以外の本部役員経験者は断る権利を有する(8年間)
  常任委員経験者は断る権利を有する。(5年間)
  学級委員経験者は断る権利を有する。(その生徒について卒業まで)
但し、上記いずれにおいても立候補及び再任を認める。また、該当者が定員に満たない場合は学級委員経験者→常任委員経験者→会長以外の本部役員経験者→会長経験者の順に候補者となる。(平成25年度より適用)

第2条【委員等の選出】
1.学級委員は、立候補及び会員相互の選挙により各学級4名選出する。また、選出された学級委員は、学年委員会・生涯学習委員会・保健体育委員会及び広報委員会のいずれかに所属する。
2.各委員会における正・副委員長は常任委員となる。
3.難聴学級・育成学級については、全学年代表として各1名の学級委員兼常任委員をそれぞれ所属学級での話し合いにより選出する。
4.校外補導委員は各町内より1名ずつ話し合いにより選出する。
校外補導正・副委員長候補は次年度会員相互の選挙により選出する。選出方法については内規第1条2項に準ずる。その中より4名選出し、委員長1名・副委員長3名とする。正・副委員長は常任委員となる。断る権利については、内規第1条4項に準ずる。
5.次年度会計監査委員は、当年度期末総会において選出する。
当年度本部役員より2名選出することが望ましい。

第3条【副理事】
任期満了後の本部役員は副理事として次年度本部の円滑な運営に協力する。その期間は概ね3ヵ月間とする。 

第4条【顧問】
規約第7条で規定する顧問は、必要に応じて会長が委嘱する。

第5条【欠員の補充】
役員・委員等が事故や規約第10条によるリコ−ル等で執務不能となった場合は補欠役員を選出し、その決議は規約第5条1項による。

第6条【内規の変更】
この内規の変更については、本部役員・常任委員の過半数の賛成を必要とする。


平成17年 5月17日  一部改正
平成18年 1月18日  一部改正
平成19年 5月15日  一部改正
平成21年11月11日  一部改正
平成24年 1月17日  一部改正
平成24年12月14日  一部改正
平成25年12月13日  一部改正


表彰規定

第1条 資格
当PTAは、下記各号に該当したものはこれを表彰する。
1.本部役員を1年以上務めたもの。
2.常任委員を1年以上務めたもの。

第2条 表彰
表彰は、役員を務めた当該年度の期末総会時に学校長が表彰する。
(注)表彰は一度に限らない。


慶弔規定

第1条 当PTAは、本校在職の教職員の結婚に際し、金1万円をお祝い金としておくる。

第2条 当PTAは、次の場合弔意をささげ、しきみ一対(またはこれに準ずるもの)をおくる。
1. 旧会長・旧校長が死去されたとき。
2. 会員が死去されたとき。
3. 在校生が死去されたとき。
4. 現本部役員・常任委員・顧問および教職員の同一世帯の一親等親族が死去されたとき。

第3条 連絡は次のとおりとする。
 教頭 → 会長 → 役員 → 常任委員

第4条 特別の事情が生じた場合は、本部会にはかり決定する。

改正 平成元年まで省略
平成 2年 2月22日  一部改正
平成 5年 2月22日  一部改正
平成25年 2月22日  一部改正
平成25年12月 5日  一部改正















バックナンバー