規約

                安朱小PTA規約                   

                   第1章 総則
 (名称)
第 1 条  本会は安朱小学校PTA(略称:安朱小PTA)といい、事務所を安朱小学校に置く。

 (目的)
第 2 条  本会は児童の福祉を増進するため、学校と家庭と社会の教育環境を改善すことを目的とする。

 (事業)
第 3 条  本会は前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
        (1) 学校の教育環境をよくするための事業
        (2) 会員相互の教養を高めるための事業
        (3) 社会環境をよくするための事業

 (会員)
第 4 条  会員は、本校に在籍する児童の保護者、教職員及び校長とする。
       2 会員はすべて役員・委員となることができる。但し、教職員は除く。
       3 会員はすべて会議に動議を提出すること、及び賛否を表明することができる。
 
 (会費)
第 5 条  会員はすべて所定の会費を納めなければならない。但し事情により役員会の承認を経て減免することができる。
       2 会費の額は総会で決める。


                   第2章 機関 
 (機関)
第 6 条  本会に次の機関を置く。
        (1) 総会
        (2) 運営委員会
        (3) 役員会

 (活動機関)
第 7 条  第3条の目的達成のため、次の活動機関を置く。
        (1) 学年・学級委員会
        (2) 広報委員会
        (3) 保健体育委員会    
        (4) 家庭教育学級委員会
        (5) 地域担当係会
        (6) 文化・体育サークル
       2 前項の機関の構成は次のとおりとする。
        (1)は各学年ごとにその学年委員と学級専任委員によって構成する。
        (2)〜(4)は各学年ごとに(1)以外の委員によって構成する。
        (5)は各地域ごとにその地域の地域担当係によって構成する。
        (6)は各部ごとにその部員によって構成する。
         なお、部の設置は運営委員会が決定する。

(総会)
第 8 条  総会は本会の最高の意思決定機関であり、次に掲げる事項の決定をする。
        (1)規約の改廃
        (2)本会の方針
        (3)本会の事業に係わる重要事項
        (4)予算の決定
        (5)決算の承認
        (6)その他の重要事項
       2 総会はすべての会員によって構成する。
       3 総会の定足数は会員の5分の1とし、委任によるものを含む。
       4 総会の議事は出席会員の過半数で決定する。但し、議決で可否同数のときは議長がこれを決定する。
       5 定期総会は年1回(5月)以上開かなければならず、会長が招集する。但し、会員の10分の1以上から理由を明
示して要求があったとき、並びに役員会又は運営委員会が必要と認めたときは、すみやかに臨時に総会を招集し
なければならない。
       6 議長団は原則とし、その都度総会で決定する。
       7 総会を開く場合は、全会員にあらかじめ議事の内容を明らかにした通知をしなければならない。

 (運営委員会)
第 9 条  運営委員会は総会に次ぐ議決機関であって、役員及び運営委員で構成する。
       2 この会は、総会から次の総会までに生じた本会運営に必要な議案及びその権限に属することを審議決定する。
       3 この会は運営委員の2分の1以上の出席で成立し、議事は出席運営委員の過半数で決定する。

 (役員会)
第 10 条 役員会は本会の役員により構成し、会員が随時招集する。但し、会長は他の役員からの要求があったときは、す
みやかに役員会を招集しなければならない。
       2 この会は総会及び運営委員会の議決事項を執行し、又は緊急事項を処理する。但し、緊急事項を処理した場合
は総会に対し責任を負う。

                第3章 役員及び委員
 
 (役員)
第 11 条 本会には次の役員を置く。
        (1) 会長     1名
        (2) 副会長    2名 (うち1名は女性委員を兼務)
        (3) 庶務     2名
        (4) 会計     2名 
       2 前項の規定に関わらず、運営委員会が必要あると認める場合は議決を経て役員の増員をすることができる。
但し、会長を除く。

 (会計監査)
第 12 条 会計監査は前会長が推薦して選出後、信任投票をおこない決定する。
       2 定員は2名とする。

 (運営委員会) 
第 13 条 運営委員は学年委員及び各委員長、地域担当係ブロック長、文化体育サークルの各代表及び教職員より選出
する。
       2 委員の定数は運営委員会で定める。

 (役員及び委員の職務)
第 14 条 役員及び委員の職務は次のとおりとする。
        (1) 会長は本会を代表し、事業を統括する。
        (2) 副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはその職務を代行する。
        (3) 会計は本会の会計事務を執行する。
        (4) 庶務は前記(1)(2)(3)に掲げられた以外の職務を執行する。
        (5) 会計監査は会計事務を監査し、結果を総会に報告する。
        (6) 運営委員は本会活動を推進する。

 (兼務の禁止) 
第 15 条 役員、会計監査及び委員は兼務することができない。 

 (任務期間)
第 16 条 役員、会計監査及び委員の任期期間は1ヵ年とする。但し、再選を妨げない。
       2 前項の役員等に欠員が生じた場合で、且つ残存任期期間が3分の2以上ある場合は、すみやかに当該役員等を
充足しなければならない。なお充足された者の任期は、前任者の残存期間とする。

 (役員の選出及びリコール) 
第 17 条 役員の選出及びリコールは別途定める安朱PTA選挙管理規則により行う。


                第4章 会計

 (会計年度)
第 18 条 会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

 (会計及び会計簿) 
第 19 条 本会の会計は、一般会計と別途積立会計を置く。 
       2 会計簿は、いつでも会員が閲覧できるように整備しておかなければならない。
       3 会計について、附則をもうける。

 (会計報告及び監査報告)
第 20 条 会計及び監査報告は当該年度末の総会で行われなければならない。

 補則:会計年度は2月16日に始まり、翌年2月中に終わる。平成19年度、試験的運用。

 (暫定予算)
第 21 条 3カ月までの暫定予算に限り運営委員会の議決により執行する事ができる。但し、次の総会で承認を得なければ
ならない。

                第5章 雑則

 (細則の策定)
第 22 条 この会の運営に関し必要な細則は、この規約に違反しない限りにおいて、運営委員会の議決を経て定めることが
できる。
       2 運営委員会は細則を制定し又は改廃した場合は、次の総会に報告しなければならない。

 (規約の改廃) 
第 23 条 本規約の改廃は総会の総会出席者の3分の2以上の賛成により成立する。

                 附則

1.1993年(平成5年)   2月26日改正。
  この改正規約は1993年(平成5年)4月1日から施行する。
2.1994年(平成6年)   10月27日改正。
  この改正規約は1995年(平成7年)4月1日から施行する。
3.1997年(平成9年)   2月21日改正。
  この改正規約は1997年(平成9年)4月1日から施行する。
4.1999年(平成11年)  2月21日改正。
  この改正規約は1999年(平成11年)4月1日から施行する。
5.2006年(平成18年)  3月20日改正。
  この改正規約は2006年(平成18年)4月1日から施行する。
6.2006年(平成18年)  5月23日改正。
  この改正規約は2006年(平成18年)10月1日から施行する。

                 細則

1.第1章 第5条 (会費)について
  (1) 会費は1家庭1ヵ月300円とする。
  (2) 納入方法は一括納入とし、6月に徴収する。
  但し、事情により役員会の承認を経て、考慮するものとする。
  1995年(平成7年) 4月25日臨時総会にて決議、実施する。
  1996年(平成8年) 2月15日運営委員会にて明文化を決議する。            
                 
                 内規

  第4章 会計 第19条 (会計及び会計簿)について
  (1) 一般会計とは、当該年度の通常のPTA活動のための会計とする。
  (2) 別途積立会計とは、当該年度の支出決算額が支出予算額を下回った ときに、その一部を積み立てるものとし、積立     会計総額の上限を50万円程度とする。
  (3) 別途積立会計の目的は、PTA本来の活動が支障なく円滑に執行されることであり、余剰金を蓄えることではない。
  (4) 別途積立会計は、当該年度の通常のPTA活動及び通常の備品購入には使用せずに、特別なPTAの組織的な活動     (PTA周年行事など)に使用することを原則とする。但し、緊急を要する場合においては、この限りではない。
  (5) PTA会計から物品を購入する際、単品価格が3万円以上のものについては、複数の見積もりを比較、検討し、運営委     員会の審議を経てから購入する。但し、緊急を要する場合は、この限りではない。



  













バックナンバー