規約

【葵小学校PTA規約】
                            
(名称および事務所)
第1条 この会は葵小学校PTA(以下、「本会」という。)と称し、事務所を葵小学校(以下、「本校」という。)内に設置する。

(目的)
第2条 本会は、家庭と学校が協力して、教育環境を良くし、児童の福祉を増進することを目的として組織するものであり、特定の思想、信条、あるいは営利目的のために運営してはならない。

(会員)
第3条 本校に在籍する児童の保護者(以下、「保護者」という)と本校教職員(以下、「教職員」という。)を正会員とする。
2 前項に定める以外の者で、本会の趣旨に賛同し協力する者は、協力会員となることができる。

(役員)
第4条 本会にPTA本部役員(以下、「本部役員」という。)として、保護者から次の各号に掲げる役員を選出する。
(1)会 長 一名
(2)副会長 二名以上三名以内
(3)庶 務 二名以上三名以内
(4)会 計 二名
(5)はぐくみ委員 一名(兼務)
2 本部役員の選出は、葵小学校PTA選挙細則により行う。
3 本部役員の任期は、会計年度に一致する一年とする。但し、再任を妨げないが、会長については、通算二年を限度とする。
4 本部役員の任務は、次の各号に掲げるとおりとする。
(1)会 長 本会の代表者であり、会務を統括する。総会・学級代表全体委員会・運営委員会・役員会を招集、主宰し、総会の議決事項を執行する
(2)副会長 会長を補佐し、会長に事故あるときはその任務を代行する。
(3)庶 務 総会の議事録、運営委員会の記録、ならびに本会の必要事項を記録し、その他の庶務にあたる。
(4)会 計 会計事務をとり、総会に報告して承認をうける。会員の要求によっていつでも会計簿を閲覧に供する。
(5)はぐくみ委員 本部役員のうち一名が、京都市小学校PTA連絡協議会のはぐくみ委員を兼務する。
    子どもの成長と育み、子どもと親の関わりなど、家庭における子育てのあり方に焦点を当てた活動をし、その結果を報告する。
5 本部役員に欠員が生じたときは、補欠役員を選出することができる。補欠役員の任期は、前任者の残任期間とする。
6 本部役員は任期が満了しても、新役員就任まではその任務を続行する。

(会計監査委員)
第5条 本会に、保護者から会計監査委員を二名選出する。
2 会計監査委員の選出は、葵小学校PTA選挙細則により行う。
3 会計監査委員の任期は、会計年度に一致する一年とする。
4 会計監査委員は、就任年度の会計を監査し、その結果を翌年度初めの総会に報告する。
5 会計監査の結果、会計監査委員が必要あると認めた場合は、総会において所見を述べることができる。

(学級代表委員)
第6条 各学級の児童と会員相互の親睦をはかり、校内教育活動に協力して、良好な教育環境の形成に努めることを目的として、本会に学級代表委員をおく。
2 学級代表委員は、全学年の学級毎に、三名ずつを互選し、会長が委嘱する。但し、おひさま学級については内規に定める。
3 学級代表委員の任期は、会計年度に一致する一年とする。但し、再任を妨げない。
4 学級代表委員は、常設委員会または特別委員会のいずれかに所属する。所属の決定方法は内規に定める。

(地域委員)
第7条 葵小学校区各町地域との連携、地域単位での諸活動のため、本会に地域委員をおく。
2 地域委員は、各町単位で、別に定めるところにより若干名を選出し、会長が委嘱する。
3 地域委員の任期は、一年とする。但し、再任を妨げない。
(役員会)
第8条 本会の円滑な運営のため、役員会を常設し、次に掲げる者で構成する。
(1)本部役員
(2)学校長・教頭・副教頭
2 役員会は、会長が招集し、総括する。原則として、毎月一回程度開催する。
3 役員会が必要と認めるときは、役員会を構成する以外の者に出席を求め、意見を聴取することができる。
4 役員会は、次の事項を扱う。
(1)総会で議決した事業にかかる執行状況の点検
(2)運営委員会・総会における審議、報告事項の調整等
(3)葵小学校区地域団体との連携、協力共催事業の調整等
(4)PTA本部実施事業の協議、報告、調整等
(5)その他、役員会がPTA運営上必要と認めた事項

(運営委員会)
第9条 本会の円滑な運営のため、運営委員会を常設し、次に掲げる者で構成する。
(1)本部役員
(2)常設委員会の正副委員長
(3)特別委員会のうち、内規により構成員と定められた正副委員長
(4)学校長・教頭
2 運営委員会は、会長が招集し、統括する。原則として、毎月一回開催する。
3 運営委員会が必要と認めるときは、第1項各号に定める以外の者に出席を求め、意見を聴取することができる。
4 運営委員会は、次の事項に関する決定、協議を行い、また報告を受ける。
(1)総会に提出する議案と報告事項の決定
(2)役員会、および各委員会所管事業の執行状況に関すること
(3)総会において委任された事務の処理に関すること
(4)家庭教育学級の企画に関すること
(5)ホームページ管理委員会に関すること
(6)選挙管理委員会、推薦委員会の設置に関すること
(7)安心・安全(見守り隊)活動に関すること
(8)特別委員会、公認クラブ・サークルに関すること
(9)本会の将来計画に関すること
(10)委員会の業務見直しに関すること
(11)その他、運営委員会がPTA運営上必要と認めた事項に関すること

(常設委員会)
第10条 本会に、次の各号に定める常設委員会を設置する。
(1)学級代表委員の互選により構成される委員会
  イ 学年委員会 本部と各学年・学級とを結び、学年ごとの活動を支援する。
  ロ 教養委員会 児童・会員が校内外の交流をはかり、健康な生活を営み、教養を高めるための活動をおこなう。
  ハ 広報委員会 機関紙・誌を編集発行し、PTA事業の円滑な進展をはかる。広報委員は各委員会等の了承を得て、各委員会等
          の模様を取材することができる。
ニ 図書館環境整備委員会 図書館の環境整備に関する諸活動(図書の開架作業,並べ替え整理,修繕等)を行う。
(2)地域委員により構成される委員会
  イ 地域委員会 地域の児童と会員相互の親睦をはかり、社会の諸組織と協力して効果的な校外教育活動を行うとともに葵小学校PTAパトロールの中核を担う。
2 本規約において、1号委員会とは、前項第1号に定める各々の委員会を合わせて表現する場合に用い、2号委員会とは前項第2号に定める委員会をいい、常設委員会とは1号委員会と2号委員会を合わせて表現する場合に用いる。
3 常設委員会には、教職員による若干名を加える。選出は、学校長に一任する。
4 常設委員会は、別に定めるところにより正副委員長各一名を選出する。
5 1号委員会の正副委員長は、定例の学級代表全体委員会において選出し、2号委員会の正副委員長は、円滑な活動を行うために,年度内に次年度の6年生保護者の委員対象者に立候補者を募り,年度内に決定することとする。
6 常設委員会委員長は、当該委員会を代表し、当該委員会の事業を執行する。
7 常設委員会副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるときはその任務を代行する。
8 常設委員会は、当該委員長が必要に応じて招集する。但し、本条第5項にある初回の地域委員会については会長が招集する。
9 1号委員会の任期は、学級代表委員の任期と同じ一年とする。ただし、再任を妨げない。

(学級代表全体委員会)
第11条 本会に、次の各号に掲げる者を構成員として、学級代表全体委員会を設置する。
(1)本部役員
(2)学級代表委員
(3)学校長、教頭
2 定例の学級代表全体委員会は、毎年度新たに学級代表委員が選出され次第速やかに会長が招集し、正副委員長一名ずつを所属する委員会ごとに学級代表委員の互選により選出する。但し、特別委員会については、あらかじめ正副委員長が指名される場合がある。
3 定例の学級代表全体委員会には、前年度の正副委員長に出席を求め、引き継ぎを受けるものとする。
4 会長が必要と認めた時は、運営委員会の合意を得て、臨時の学級代表全体委員会を招集し、PTA運営に対する意見を聴取することができる。

(卒業対策事業委員会)
第12条 卒業事業を企画・運営するため、次の各号に掲げる者を委員として、卒業対策事業委員会を設置する。
(1)六年生の学級代表委員
(2)六年生保護者の正会員で希望する者
(3)学校長、六年生担任および年度によってはおひさま学級の担任
2 前条第1号、同第2号の委員の互選により、正副委員長、庶務、会計をそれぞれ一名ずつ選出する。
3 卒業事業においては、六年生保護者から事業にともなう必要な協力を得て、経費を徴収することができる。
4 委員長は、事業計画、経過および会計を、必要の都度、六年生保護者と運営委員会に報告しなければならない。

(特別委員会)
第13条 運営委員会が必要と認めるときは、特別委員会を設けることができる。
2 特別委員会は、運営委員会から委嘱された特別事項、又本条第5項で定める内規に記載された事業を担当する。
3 特別委員会の委員は、運営委員会の承認を得て、会長が委嘱する。また、本条第5項に定める内規で選出方法を定めることができる。
4 特別委員会の名称は、運営委員会で決定する。原則として、特別事項を簡潔に表現した文言を特別委員会の冠に付すこととするが、特別委員会との名称を付さないこともできる。
5 特別委員会を設置したときは、その特別委員会に関する内規を定めるものとする。
6 特別委員会に正副委員長を置くときは、その委員会の趣旨等に鑑み、運営委員会の構成委員にすることができる。
7 特別委員会は、運営委員会における委嘱事項の終了決定とともに解散する。

(公認クラブ・サークル)
第14条 第2条に掲げる目的の達成を補完するため、また、会員相互の親睦、福利厚生に資するため、本会に公認クラブ・サークル(以下、「公認クラブ等」という。)を置くことができる。
2 公認クラブ等の設置は、運営委員会の承認を得なければならない。
3 公認クラブ等は、PTA会長名と団体名の連名により、会員に対して勧誘、募集等を行うことができる。

(総会)
第15条 総会は正会員をもって構成し、本会最高の議決機関であって、規約の改廃・役員選挙・予算・決算・行事計画その他重要な事項を審議し、決定する。
(1)年二回開くことを原則とする。
(2)定足数は正会員の五分の一とし、委任状による代理出席を認める。
(3)会長は総会招集日の三日前までに、議案及びその趣旨を会員に通知する。但し、緊急の場合はこの限りではない。
(4)議長はその都度、出席会員の中から選出する。
(5)議決は、出席者の過半数の賛成(以下、「通常議決」という。)による。可否同数のときは議長が決定する。
(6)臨時総会は会長が必要と認めたとき、または会員の十分の一以上の要求があったときに開催する。

(予算)
第16条 予算の決定は、すべて総会において、出席者の三分の二以上の賛成(以下、「特別議決」という。)を得なければならない。ただし、予算成立までの日常事務、対外活動および慶弔に必要な最低限度の経費に限り、第一回運営委員会開催までは役員会の、それ以後は運営委員会の責任で、支出することができる。

(会計)
第17条 会計年度は毎年四月一日に始まり、翌年三月三十一日に終わる。
2 本会の経費は会費その他の収入による。
3 会員は、次項に定めるところにより会費を納める。ただし、事情により減額または免除することができる。
4 会費は、一家庭につき一ヶ月四百円とする。協力会費は、年額一口五百円とする。
5 会費の改定は、総会の特別議決によらなければならない。
6 慶弔のための内規を別表に定める。 

別表(慶弔のための内規)
教職員の結婚に際して お祝い金 五千円
教職員または教職員の配偶者の出産に対して、 お祝い金 五千円
教職員の転退職に際して、 記念品
児童、教職員が病気または事故により、入院一ケ月以上の加療を要したとき お見舞金 五千円
児童、保護者会員、教職員または教職員の配偶者・子どもが死亡したとき お香典 五千円 と 樒料又は生花料

本表によることが不相当と思われるとき、または本表の定めに無いときは、役員会の議を経て運営委員会で決定する。

この別表部分についてのみ、内規として改正することができる。

(規約改正)
第18条 この規約は、総会の特別議決により改正することができる。

(解任)
第19条 役員または委員の中に、不適任者のあるときは、正会員の過半数の賛成により解任することができる。

(細則、内規)
第20条 本規約に定めない細部の事項については、別に細則、内規を設けることができる。
2 細則は総会の通常議決により、内規は運営委員会の決定により、制定、改廃することができる。
3 ガイドライン、申し合わせは、内規に準ずる。

(解釈、運用の指針)
第21条 日常の業務遂行に際し、この規約他、細則、内規、ガイドラインならびに申し合わせの解釈、運用等で疑義が生じた際は、PTA活動の本旨に基づき、役員会の協議を経て運営委員会で決定するものとする。



付 則
本規約は昭和五十九年四月一日から実施する。
昭和六十一年二月二十五日一部改正
昭和六十三年三月四日一部改正、四月一日施行
平成六年三月十五日一部改正、四月一日施行
平成七年三月十日一部改正、四月一日施行
平成九年二月二十八日一部改正、四月一日施行
平成十二年三月十一日一部改正、四月一日施行
平成十四年三月二日一部改正、四月一日施行
平成十五年三月八日一部改正、四月一日施行
平成20年1月16日全部改正、平成20年1月17日施行
平成21年3月7日一部改正、平成21年4月1日施行(図書館環境整備委員会の追加)
平成21年5月20日一部改正、平成21年5月21日施行(第10条 地域委員会正副委員長選出方法の改正)
平成22年3月6日一部改正、平成22年4月1日施行(第4条 はぐくみ委員に係る改正)
平成23年3月5日一部改正、平成23年4月1日施行(地域委員選出等内規の改正)
平成25年3月2日一部改正、平成25年4月1日施行(第4条 第1項、第4項 はぐくみ委員について追加)
平成26年3月1日一部改正、平成26年4月1日施行(地域委員選出等内規の改正)
平成27年3月7日一部改正、平成27年4月1日施行(PTA会費額変更)
平成28年3月5日一部改正、平成28年4月1日施行(地域委員選出等内規の改正)
平成29年3月1日一部改正、平成29年4月1日施行(学級代表委員選出等内規の改正)


【葵小学校PTA選挙細則】

(目的)
第1条 本細則は、葵小学校PTA規約第4条第2項、同第5条第2項の規定により、PTA本部役員ならびに会計監査委員(以下、「役員等」という。)の選出手続きを定める。

(選挙管理委員会)
第2条 役員等の選挙に関する事務を管理するため、本会に選挙管理委員会をおく。
2 選挙管理委員会は、会長が必要と判断した時に、三名以上四名以内の委員候補者を運営委員会に推薦し承認を得て設置する。
3 前項の委員候補者は、推薦を受ける時点で六年生の保護者であり、次年度に子が在学しないことを原則とする。
4 選挙管理委員会は、委員の互選により、正副委員長をそれぞれ一名ずつ選出する。
5 選挙管理委員会は、委員長が必要の都度、招集する。
6 選挙管理委員会は、選挙結果の総会への報告をもって解散し、委員は任期を終える。

(推薦委員会)
第3条 役員等の推薦候補者選出のため、本会に推薦委員会をおく。
2 推薦委員会は、次の各号に掲げる者を推薦委員とし、構成する。
(1)当年度本部役員
(2)前年度本部役員から当年度会長が推薦する一〜二名以内
(3)学校長、教頭
3 推薦委員会委員長は、前項第1号に掲げる者から選出し、同副委員長は、前項第2号に掲げる者から選出する。
4 推薦委員会は、当該選挙で当選した場合、連続して三年目以上役員等を務めることとなる者(以下、「多選者」という。)を推薦候補者とする場合は、多選による弊害に十分注意することとする。
5 推薦委員会は、選挙管理委員会設置の後、遅滞なく会長が運営委員会で推薦委員についての承認を得て、選挙管理委員会委員長に報告し設置する。
6 推薦委員会は、選挙管理委員会の解散にあわせて解散し、委員は任期を終える。

(選挙管理委員会の事前事務)
第4条 選挙管理委員会は、事前事務として、次の各項を処理する。
2 推薦委員会設置報告の受理
3 投票日及び候補者の届出期間の正会員への通知
4 候補者の届出の受付
5 届出候補者の発表
(1)選挙管理委員会は、選挙日の原則として三日前までに正会員に届出候補者を発表する。
(2)前号の発表には、会長・副会長・庶務・会計、及び会計監査委員の役種別(以下、単に「役種別」という。)、に、届出候補者の氏名、推薦候補者(多選者である場合はその旨)・自立候補者の別、その他選挙管理委員会が必要と認めた事項を明示する。
(3)本条第1号の発表に際しては、当選者の決定方法(第7条、第8条のいずれによるか)をあわせて発表するものとする。

(選挙管理委員会の当日事務)
第5条 選挙管理委員会は、選挙当日の事務として、次の各号を処理する。
(1)投票会場の設営
(2)投票用紙の準備
(3)投票時間の管理
(4)投票の監督
(5)開票の管理・実施
(6)投票の有効・無効の判定
(7)総会への当選者の確定報告
(8)その他、選挙に関する事務

(候補者の届出)
第6条 役員等の届出候補者とは、次の各号に掲げる種別がある。
(1)推薦候補者・・・推薦委員会が推薦した者
(2)自立候補者・・・自ら立候補した者、および十名以上の会員が本人の承認を得て推薦した者
2 推薦候補者は推薦委員会委員長から、自立候補者は本人又は推薦者から、所定の期限までに役種別に必要事項を記して選挙管理委員会に届出なければならない。
3 多選者は、本条第1項第1号による届出候補者であることを条件とし、本条第1項第2号による届出候補者になることはできない。

(総会の承認による当選者の決定)
第7条 役種別の届出候補者数が定数以内の場合は、総会における承認により当選者とする。
2 選挙管理委員会委員長は、総会において、第8条第2項第1号から第3号までの手続きに準じて進行し、役種別の届出候補者数が定数以内であることを報告する。
3 総会の議長は、選挙管理委員会委員長から前項の報告を受けた時は、直ちに総会において承認を得る。
4 前項における承認は、通常議決とし、承認をもって当選者とする。

(選挙による当選者の決定)
第8条 役種別の届出候補者数が定数を超えた場合は、選挙により当選者を決定する。
2 選挙を総会において行う場合は、次の各号に定める方法による。
(1)選挙管理委員会は、会場に届出候補者の氏名を役種別に公示する。
(2)選挙管理委員会委員長は、届出候補者を紹介する。
(3)選挙管理委員会委員長は、推薦委員会委員長に、推薦委員会における経過を報告させる。
(4)投票は役種別、無記名投票でおこなう。
(5)投票は、一家族単位で一票の選挙権を有するものとする。
(6)開票は当日の出席会員中より若干名の立会人を出し選挙管理委員会が行う。
(7)次の場合はその投票は無効とする。その他は選挙管理委員会の判定による。
  イ 候補者以外の者に対する投票
  ロ 正規の用紙を用いないもの
  ハ 同一人と判定しがたいもの
(8)当選者の決定は次の例による。
  イ 役種別に有効投票の最多数を得たものより順次定員に充つるまでを当選者とする。
  ロ 当選者を定めるに当り得票数が同じであるときは決選投票をおこなう。
(9)選挙管理委員長は選挙管理委員会において確認した当選者を直ちに総会に報告する。
(10)報告内容について、議長による確認をもって、当選者とする。
3 総会において行わない場合の選挙は通信投票とする。その他の選挙方法については前項の規定に準じ、選挙管理委員会が決定する。

(補欠選挙)
第9条 補欠選挙は別に投票日を定めておこなう。
2 選挙の方法については第4条・第5条・第6条の規定を準用する。

付  則
本細則は昭和五十九年四月一日より施行する。
昭和六十三年三月四日一部改正、四月一日施行
平成七年三月十日一部改正、四月一日施行
平成九年二月二十八日一部改正、四月一日施行
平成十六年二月十六日一部改正、四月一日施行
平成二十年一月十六日全部改正、平成二十年一月十七日施行


【葵小学校PTA 学級代表委員選出等内規】

第1条 本内規は、学級代表委員の選出方法等について定める。

第2条 会員各家庭は、原則として学級代表委員を児童一名につき、一回(一期一年)担当する。

第3条 学級代表委員は、規約に定める人数を各学級から選出する。おひさま学級から選出する学級代表委員は1名とする。ただし、おひさま学級に所属する全家庭が、学級代表委員経験者である場合、立候補がある場合を除き、これを免除する。

第4条 学級代表委員の選出は、毎年4月の授業参観後の学級懇談会で行うことを原則とする。

第5条 前条の選出方法は、各学級において立候補者を募り、定員に満ちた場合は決定とする。定員に満たない場合は、定員に満たない人数分を抽選等により決定する。

第6条 前条の抽選に際しては、次の各号に定める家庭を除いて学級単位で実施する。
(1)抽選対象となる学級の児童について、学級代表委員を担当したことのある家庭
(2)抽選対象となる学級の児童について、学級代表委員を担当したこととみなされる家庭
(3)当年度本部役員、会計監査委員、地域委員会正副委員長を現に務めている家庭
(4)学級代表委員を引き受けることができない理由を当該学級において説明し、了解を得た家庭

第7条 前条第1項第2号にある学級代表委員を担当したこととみなされる条件等は、次の各項の定めるところによる。
2 本部役員 一回につき、その担当中に在学する児童全員分及び未就学児分の学級代表委員を一回担当したものとする。
3 会計監査委員 一回につき、その担当中に在学する児童一名分の学級代表委員を一回担当したものとする。
4 地域委員会正副委員長 一回につき、その担当中に在学する児童一名分の学級代表委員を一回担当したものとする。
5 本条第2項から第4号までの役職を担当中に在学している児童が複数以上いる家庭については、最も上の学年の児童について、学級代表委員を担当したこととみなす。ただし、その児童において既に学級代表委員、本部役員、会計監査委員、地域委員会正副委員長を担当している場合は、順に下の学年の児童において学級代表委員を担当したこととみなす。

第8条 本部役員は、第5条第2項、第6条第1項第1号から第3号までの条件により整備した学級名簿を準備し、抽選に備えなければならない。

第9条 抽選が複数の学級で生じる家庭については、本部役員により抽選対象とする学級を調整するが、原則として上の学年の学級から抽選の対象とする。

第10条 各学級から選出された学級代表委員は、選出後直ちに各学年単位で集合し、互選により、所属する委員会を決定する。

第11条 学級代表委員は、所属する委員会の活動状況その他を点検評価し、活動内容の見直し等の意見交換を所属する委員会において行うものとし、正副委員長は、委員会での意見を集約し、毎年原則として2月の運営委員会において、次年度の業務内容と人数配分について協議を求めるものとする。

第12条 各委員会の定数は、前条の協議内容を勘案し、新年度のたびに役員会で決定し、配分する。

【葵小学校PTA 地域委員選出等内規】
第1条 本内規は、地域委員の選出方法等について定める。

第2条 会員各家庭は、地域委員を児童一名につき一回担当し、更に複数回担当することもある。
2 原則として、地域委員は、活動単位町において、最高学年かつその児童について地域委員未経験の保護者を自動的に選出する。

第3条 当年度の地域委員は、毎年2月を目処とし、活動単位町ごとに、前条により選出された次年度地域委員の役割分担を決める場を設定する。
2 次年度地域委員の役割分担については、過去の地域委員経験の有無等に配慮のうえ、次年度地域委員の話し合いで決定する。
3 活動単位町には、連絡係を置くこと。

第4条 活動単位町は、次に定めるとおりとし、ブロックを構成する。
第1ブロック 3活動単位町 【膳部町(東部+西部)】,【本町+東本町】,【東高木町+西高木町】
第2ブロック 2活動単位町 【森ヶ前町+東森ヶ前町】,【蓼倉町(東部T)+蓼倉町(東部U)+蓼倉町(北部)】
第3ブロック 2活動単位町 【芝本町+西本町】,【東半木町+西半木町】
第4ブロック 3活動単位町 【北園町(東部)+東岸本町+岸本町】,【高木町+塚本町+東塚本町】,【東梅ノ木町+西梅ノ木町+梅ノ木町】
第5ブロック 2活動単位町 【北園町(西部)】,【神殿町+萩ヶ垣内町+前萩町+狗子田町+南野々神町+夜光町+梁田町】
第6ブロック 2活動単位町 【北茶ノ木町+南茶ノ木町+北野々神町】,【北芝町+南芝町+水口町】
2 活動開始後、会員数が少ない等の諸事情により、地域委員諸活動が困難な活動単位町については、隣接する活動単位町またはブロック間で相互に連携し、役割分担をする等の合同活動を検討するものとする。
3 活動単位町・ブロックとも、毎年12月の運営委員会で見直すことを原則する。

第5条 地域委員は、安全パトロールの運営状況その他を点検評価し、地域委員の活動内容の見直し等の意見交換を委員会において行うものとする。
2 地域委員会正副委員長は、必要により、委員会での意見を運営委員会に報告し、協議を求めるものとする。


【葵小学校PTA 常設委員会正副委員長選出内規】

第1条 常設委員会の各正副委員長の選出は、この内規による。

第2条 選出は、委員会毎に立候補者を募り、立候補者が無い場合、会長は本人の了解を得た上で、正副委員長候補者を推薦することができる。立候補、推薦のいずれの場合についても、各委員会単位での承認により選出される。

第3条 第2条により正副委員長が選出されない場合は、委員会毎に抽選等によるものとする。

第4条 抽選等による正副委員長選出に際して、本部役員、常設委員会正副委員長を経験(以下、「役員等の経験」)している家庭については、抽選等の対象から除外する。
2 六年生の学級からの学級代表委員である場合も、抽選等の対象から除外される。但し、地域委員会正副委員長の選出を除く。
3 その家庭が葵小学校PTAにはじめての入会後半年未満である場合は、正委員長の抽選等の対象から除外される。この場合は地域委員会を含む。

第5条 第4条の除外を実施することにより正副委員長の選出に困難が生じる場合は、会長の判断により、除外を行わず抽選を実施することができる。

附 則 特別委員会のうち、学級代表委員から構成される委員会の正副委員長の決定については、本内規を準用することができる。
    本内規第4条における常設委員会正副委員長には、特別委員会のうち学級代表委員から構成される委員会の正副委員長、過去に学級代表委員により構成され廃止された委員会の正副委員長を含めることとする。


【葵小学校PTA インターネットホームページ活用ガイドライン】

1.ガイドライン策定にあたって
PTAは、保護者と教職員が全ての子どもたちの健全育成を図ることを目的として結成された社会教育関係団体であり、京都市PTA連絡協議会が開設する京都市PTA各学校・園ホームページ一覧のインターネットホームページ(以下HP)の活用に際して、特定の思想や信条あるいは営利目的のために運営されることのないよう、その適正かつ円滑な活用を行うために、以下のとおり葵小学校のHP活用ガイドラインを定めるものである。

2.HP公開の目的
葵小学校のPTA活動の特色を紹介し、その活動について広く理解を得るとともに、PTA活動をより充実・発展したものにするためにのみ活用するものとする。

3.HPの運営主体
HPの作成・更新・運営は、主に当該年度のPTA本部があたるものとする。

4.HP管理委員会の設置
HPを作成し公開するにあたり、著作権法・京都市個人情報保護条例等の関係法令の遵守はもとより、人権の尊重・個人情報の保護・知的所有権の尊重等を十分に留意するため、HPの活動についてチェック・管理するHP管理委員会をPTA本部内に設置する。本部構成メンバーはHP管理委員会委員を兼務するものとする。

5.HP掲載禁止事項
(1)以下の内容を伴う情報をHPに掲載することを禁止する。判断の難しい内容についてはHP管理委員会で協議するものとする。
@第三者の著作権、人権、財産、プライバシー等を侵害するもの
A第三者を誹謗中傷したり第三者に不利益をもたらすと判断されるもの
B法律に反するもの、公序良俗に反するもの
C犯罪行為に結びつく恐れのあるもの
D営利・政治・宗教活動を目的としたもの及びその準備を目的としたもの
E児童・生徒の安全確保上問題のあるもの
(2)既にHPに掲載している事項でも、以下の場合は、HP管理委員会の責任においてHPからデータを削除するものとする。
@HP活用ガイドラインから逸脱する場合
AHP管理委員会で、公開が望ましくないと判断された場合
B著作権、肖像権を持つ本人(保護者)から、削除の依頼があった場合
C情報を公開する必要性がなくなった場合。

6.著作権等の保護について
(1)著作物の公開に関しては、必ず著作権者の了解を得、その旨の表示を行うこと。
(2)著作権者の明記をすること。(各ページ及び各データにおける著作権を明記すること)
(3)出版物のコピー等を用いる場合は、必ず出版社の了解を取りその旨をページに明記すること。
(4)肖像権等の諸権利についても上記と同様に扱うこと。


7.個人情報の保護について
(1)HPに、個人情報を掲載する場合には、本人の同意を得るものとする。掲載しようとする個人情報が、児童のものであるときには、該当児童の保護者の同意も得なければならない。
(2)HPに掲載する対象者  葵小学校の児童・保護者・PTA・教育活動協力者とする。
(3)HPに掲載できる個人情報
@氏名 個人情報を発表する場合、又は教育活動における取り組みや、効果を紹介する場合において、氏名に配慮が必要な場合には、姓のみ又はイニシャルの掲載とする。
  A写真 PTA活動の内容をより明確に伝える効果が期待できる場合に限り、安易な掲載は禁止する。顔写真を掲載する場合には、必要最小限とし、掲載する写真と同時に掲載した他の情報との組み合わせにより、当該児童の氏名が明らかにならないように配慮する。
B活動記録 PTA活動・制作作品・大会参加状況・表彰・受賞理由・調査研究結果・クラブ活動等。学校教育活動協力者の場合は必要に応じ肩書き・経歴・協力内容の掲載も可。

8.リンクについて
(1)営利・政治・宗教活動を目的とする団体や個人の運営するページへのリンクは行わないこと。ただし、HPの構成上不可欠な場合にあっては、以下のことに注意し、第三者が宣伝・広告・布教活動と判断できる内容とならないようにすること。
 @掲載の趣旨を明確にする
 A宣伝・売名等の意図が明確なページへのリンクは行わないこと
 B目的とする内容を含むページへ直接リンクを張ること
 C掲載の必要(目的)がなくなった場合は速やかに削除すること
(2)リンク先の許諾を得ること。また、他社のページへのリンクであることを明示すること。

9.管理者用ID・パスワード等の管理について
(1)ホームページ更新のためのアドレス、管理者用ID、管理者用パスワードは、PTAについては、当年度の会長が管理し、次年度の会長に引き継がなければならない。
(2)会長の責任において、ホームページ更新のためのアドレス、管理者用ID、管理者用パスワードは、更新等の作業のために必要な範囲の若干名の者に公開することができる。この場合、会長は、HP管理委員会に公開した者の氏名等を報告しなければならない。
(3)ホームページ更新のためのアドレス、管理者用ID、管理者用パスワードを知り得た者は、第三者にこれを公開してはならない。
(4)ホームページ更新等の担当を外れた場合、ホームページ更新のためのアドレス、管理者用ID、管理者用パスワードを用いることはできない。

10.その他
 HP活用ガイドラインの改定・廃止、または、本ガイドラインに規定のない事項の扱いについてはHP管理委員会で協議し決定するものとする。




バックナンバー