規約

御所南小学校PTA規約
(名 称)第1条
本会は,御所南小学校PTAと称し,事務所を御所南小学校に置く。 

(目 的)第2条
本会は,児童の健全な育成を図るため,父母と教職員が協力して,学校教育の促進,家庭並びに社会環境の改善に努め,かつ会員相互の信頼と教養を高めることを目的とする。

(方 針)第3条
本会は,その目的を達成するために次のことを主張する。
(1)本会は,前条を本旨とする社会教育団体であり,政党的,宗教的,営利的な色彩を一切持たず,自主独立のものである。
(2)会員が自覚して家庭生活及び社会生活の向上に努める。
(3)本会は,学校の問題について討議したり,またはその活動を助けるために意見を具申し,参考資料を提供する事はあるが,直接に学校の管理や教育内容あるいは教職員の人事に干渉するものでない。

(会 員)第4条
(1)本会の会員は,次の通りとする。  
 ア.正会員  本校に在籍する児童の保護者及び教職員
 イ.賛助会員 本会の目的に賛同する有志者
(2)会員は,すべて所定の会費を納めるものとする。ただし,会長の認める者はこの限りではない。
(3)正会員は,すべて平等に本会の運営に参画するために,役員,委員になること,選挙権,被選挙権を行使すること,総会で動議を提出すること,また賛否を表明することができる。

(役 員)第5条
(1)本会に,次の役員を置く。
  ア.会長      1名            
イ.副会長     4名
  ウ.庶務      4名(内1名は教職員)
  エ.会計      2名(内1名は教職員)
  オ.はぐくみ委員  1名以上(兼任可)

会長が必要と認めた年度については,副会長,庶務,会計の若干名の増員を行ってもよい。


(2)役員の任務は,次の通りとする。
 ア.会長  本会の代表者であって,会務を統括し,総会,役員会,及びスクール委員        
運営委員会を召集し,総会の決議事項を執行する。
 イ.副会長 会長を補佐し,会長に事故あるときは,その職務を代行する。
 ウ.庶務   会議の記録,会合の通知その他一切の会務をつかさどる。
 エ.会計  本会の会計事務を行い,総会に収支を報告して承認を受ける。また会員の
  要求があれば,会計簿を閲覧に供する。

(3)役員の選出と任期は,次の通りとする。
 ア.毎年,正会員中より選出する。役員選出の方法は別に定める選挙細則により行う。
 イ.任期は,4月1日から翌年3月31日までの1年間とする。ただし,再選をさまたげない
 ウ.役員に欠員が生じた場合,会長は後任者を補充することができる。ただし,教職員 の役員の場合は,校長
の指名により後任者を補充することができる。
 エ.補充役員の任期は,前任者の残存期間とする。
 オ.次期役員が就任するまでは,前任者が任務を執行する。
 
(常設委員)第6条
(1)本会に次の常設委員を置く。 
  ア.スクール委員
  @毎年,各学級ごとに3名選出する。選出方法は,別に定める選挙細則により行う。
@-1 スクール委員は複数のグループ委員に分かれ活動する。
@-1-1 年度毎に内容を見直すこととする。

  イ.監査委員
  毎年,正会員中より2名選出する。選出方法は,別に定める選挙細則により行う。
  常設委員の任期は,前条の規定を準用する。

(委員会)第7条
(1)本会に,次の委員会を置く。
  ア.スクール委員運営委員会
  イ.監査委員会
  ウ.特別委員会
  エ.選挙管理委員会
  オ.御所南コミュニティ委員会


(2)各委員会の構成及び任務は,次のとおりとする。
 ア.スクール委員運営委員会
 本会の役員,スクール委員,サークル部部長,校長及び特別委員の全員により構成する。当委員会は原則として年2回開き,会長が議事を進行する。委員会の任務詳細については,別表によるものとする。
 イ.監査委員会
 監査委員全員を以て構成し,会務全般を把握し,会計監査結果を総会に報告しなければならない。監査委員は,スクール委員運営委員会に出席することができる。
 ウ.特別委員会
 特別の事業を行うため必要ある時,スクール委員運営委員会の承認を得て設置する。当委員会の委員は,会長が正会員中より委嘱する。特別委員会はその任務終了と同時に解散する。
 エ.選挙管理委員会
 別に定める選挙細則により選出された選挙管理委員で構成し,役員及び委員の選挙の運営,管理にあた
る。       
 オ.御所南コミュニティ委員
 御所南コミュニティの活動に参加し,企画,運営にあたる。

(代理及び兼任の禁止)第8条
(1)役員及び委員の代理は認められない。
(2)役員の兼務及び役員と委員の兼務は認められない。ただし,次の場合はこの限りでない。
 ア.選挙細則により選挙管理委員となるとき。
 イ.特別委員となるとき。
 ウ.御所南コミュニティ委員となるとき。  
(3)委員の兼務は認められない。ただし,次の場合はこの限りではない。
 ア.スクール委員が選挙細則により,選挙管理委員となるとき。
 イ.委員が特別委員となるとき。
 ウ.御所南コミュニティ委員となるとき。
(4)監査委員は特別委員,御所南コミュニティ委員となるとき以外は,いかなる役員又は委員との兼務も認めら
れない。
(5)両親会員は,両名ともが役員及び監査委員となることは出来ない。


(総 会)第9条
(1)総会は毎年1回以上開く事を原則とし,臨時総会は,会長が必要と認めたとき又は正会員の5分の1以上の要求があったときに開くものとする。
(2)総会を開くには,会日の5日前までに議事の内容を明示して,正会員に通知しなければならない。
(3)総会に付議すべき事項は次のとおりとする
 ア.事業報告及び決算の承認
 イ.事業計画及び予算の承認
 ウ.その他重要事項の審議及び決定
(4)総会の定足数は,委任状を含めて正会員の5分の1以上とする。
(5)総会の議長は,そのつど正会員の中から選出する。
(6)総会の議決は,別に定める場合を除き,出席正会員の多数決による。可否同数のときは,議長が決定する。

(会 計)第10条 
(1)本会の経費は,会費及びその他の収入をもって支弁する。
(2)会費は,正会員1世帯につき月600円とする。
(3)会費の徴収等会計事務は,別に定める会計細則による。
(4)会計年度は,毎年4月1日に始まり,翌年3月31日に終わる。

(内 規)第11条
本会は,別に内規を定めることができる。

(規約の改正)第12条     
本規約は,総会において,出席正会員の3分の2以上の賛成があれば,改正できる。  
   
「附則」
本規約は,平成 7年 5月 24日から施行する
     平成 9年 5月 21日改正
     平成10年 5月 27日改正
     平成21年 2月  9日改正
     令和 元年 5月  15日改正





御所南小学校PTA選挙細則
(目 的)第1条 
本会の役員及び規約第6条に定める常設委員の選出については,規約に定めるものの他はこの細則による。

(方 針)第2条
(1)本会は,会員相互の信頼を高め,開かれた組織であることを本則とするため,役員及び常設委員の選挙又は選考に関しては,広く正会員中より均等に選出されるよう配慮の上,実施することを原則とする。
(2)会員は,選挙及び選考の結果に対し異議を述べることはできない。

(選挙管理委員会)第3条
(1)選挙管理委員会は,役員及び常設委員の選挙又は選考に関する一切の事務を取り扱う。
(2)当会員は,選挙管理委員(スクール委員より若干名),役員より4名及び校長若しくは校長の指名する教職員1名で構成し,委員長は委員の互選により選ぶ。
(3)選挙管理委員中,会長自立候補の届出をした者又は役員及び常設委員の候補者に選出された者は選挙管理委員の資格を失う。 
(4)前項の規定により欠員が生じた場合は,現在の会長が正会員の中から指名することが出来る。

(役員及び監査委員の選出)
(推薦委員会)第4条
(1)役員及び監査委員の選出は,毎年度内に次の方法で行う。 会長は,会長を委員長とし,校長・副会長及び
スクール委員の担当者によって構成される推薦委員会を設置し,次年度の本部役員を選考する。推薦委員会はそ
の結果を速やかに,選挙管理委員長に報告する。
(2)会長の自立候補の届出があった場合は,選挙により会長を決定する。
(3)会長の自立候補者の届出により会長選挙が行われる場合は,推薦委員会は会長候補者1名以上を推薦候補者
として選出する。

(信任選挙)第5条 
選挙管理委員長は,前条により選考された役員及び監査委員について,無記名による信任選挙を行い,会員の2分の1以上の信任をもって次期役員を決定する。選挙の結果欠員がでたときは,前条並びに上記の手続きにより役員を決定する。


(会長自立候補者)第6条 
会長の自立候補者は,選挙管理委員会の指定する期日までに,所定の様式により選挙管理委員会に立候補の届出をするものとする。
この場合,推薦委員会は,会長候補1名以上を推薦候補者として,選挙管理委員会に届出なければならない。

(会長選挙)第7条
(1)選挙管理委員会は,会長の自立候補者及び推薦候補者の届出を受理したときは,直ちに会長選挙の投票期日を告示しなければならない。
(2)選挙権は,正会員1戸につき1票とする。
正会員は,所定の投票用紙により,選挙管理委員会の告示した会長候補者の中から,単記無記名通信投票する。
(3)選挙管理委員会は,自立候補者の氏名,所属学級,趣意書及び推薦候補者の氏名,所属学級を投票日の2日前までに正会員に通知し,かつ校内に掲示しなければならない。
(4)選挙の結果,有効投票の最多票を得た者を当選者と定める。同数のときは,選挙管理委員会において抽選により当選者を決定する。選挙管理委員会は,直ちに当選者に当選の旨を通知しなければならない。

(選挙又は選考の結果の告示)第8条 
選挙管理委員会は,選挙又は選考の結果,役員及び監査委員が決定したときは,正会員に告示しなければならない。

(欠員の措置)第9条 
新役員及び監査委員決定後,その任期が始まるまでに,欠員が生じた場合は,選考委員会において選考する。ただし,教職員である役員の場合は,校長が指名する。

(スクール委員の選出)第10条
(1)スクール委員は,毎年4月中に,各学級所属正会員の中から立候補を募る。定数に満たなかったクラスにおいては,選挙により選出する。
(2)スクール委員の選挙は,正会員が各学級ごとに,所定の投票用紙の定員連記の上,無記名通信投票を行い,高点者から所定の人員を選出する。
(3)選挙権は,正会員1戸につき学級ごとに1票とする。
(4)2学年以上の学年にわたってスクール委員に選出された場合は,高学年において選出されたものとし,2学級以上にわたって選出された場合は,選挙管理委員会において抽選により選出する。
(5)選挙管理委員会は,当選者に当選の旨を通知し,かつスクール委員の決定を正会員に告示しなければならない。

(6)スクール委員.御所南公募コミュニティ委員及びサークル部部長経験者については,その児童につき被選挙権を放棄することができる。
(7)児童一人につき在学中一回のみ,スクール委員辞退の申し出を受理できる。ただし定数割れ選挙にて選挙対象者が5名以下となった場合はこの限りではない。原則,校長 もしくは会長が決定するものとする。

(委員辞退の特例)第11条
(1)両親会員が同時に本部役員とスクール委員又は監査委員に選出されたときは,選挙管理委員会に申し出てスクール委員を辞退できる。
(2)両親会員が両名ともにスクール委員に当選したときは,選挙管理委員会に申し出て1名が辞退できる。
(3)前各項の場合には,次点者を繰り上げる。

(細則の改正)第12条 
この細則は,総会において出席正会員の2分の1以上の賛成があれば改正することができる。

 「附則」
本細則は,平成7年5月24日から施行する
平成 9年 5月 21日 改正
      平成10年 5月 27日 改正
平成25年 5月 23日 改正
平成28年 5月 18日 改正
      令和 元年 5月 15日 改正 




バックナンバー