花園小PTA規約

第1条 名称
  本会は花園小学校PTAと称し,事務所を花園小学校内に置く。

第2条 目的
1.本会は会員が相互に協力し学校・家庭・地域との連携を密にし,児童の健全な成長をはかることを
  目的とする。
2.目的をとげるため次の活動をする。
  イ 学校及び家庭における教育に関し,理解を深めその教育の振興に務める。
  ロ 児童の校外における生活指導,地域における教育環境の改善,充実をはかる。

第3条 方針
1.本会は教育を本旨とする民主的団体として活動する。
2.会員相互の学習活動を行う。
3.その他 目的達成のため必要な活動をする。

第4条 会員
1.会員は本校に在籍する児童の保護者と教職員とする。
2.会員は所定の会費を納めるものとする。
3.会員は全て役員・委員になる資格があり,役員・委員を選出すること。また,総会で動議を提出し
  賛否を表明することが出来る。

第5条 役員
1.役員及び人数
  イ 会長  1名
  ロ 副会長 2名(内1名は「はぐくみ委員」を兼ねる)
  ハ 庶務  3名
  ニ 会計  1名
   「右京北支部」の会長理事及びはぐくみ委員会当番校の年度は副会長を3名とする。
 2.役員の任務

  イ 会長は本会の代表者であり本会運営を統括し,総会及び運営委員会,役員会を招集し決議事項を執行する。
  ロ 副会長は会長を補佐する。会長に支障が発生した場合その職務を代行する。
  ハ 庶務は本会の活動に関する事務全般を担当し,会長の指示に従って庶務に務める。
  ニ 会計は本会の会計事務を担当し,会計監査委員の監査を受け総会にて会計報告を行    い,承認を受ける。会員からの会計簿開示請求があればいつでも閲覧に供さなければならない。
3.役員の任期
   役員の任期は1年(会計年度)とする。ただし,任期が満了しても新役員が確定するまで,その任務を執行しなければならない。
4.役員会
   役員会は役員で構成し,総会・運営委員会,専門委員会,各委員会の決定事項を執行するために必要と認めた時,及び運営委員会への提出案件の企画立案時に会長が随時会を招集する。

第6条 委員会
  委員会は次のとおりである。
1.委員会
  イ 運営委員会
  ロ 地域委員会
  ハ 学年委員会
    @ クラス委員会
    A 広報委員会
    B 家庭教育学級運営委員会
    C 選挙管理委員会
    D 図書委員会
    E ベルマーク委員会
  ニ 会計監査委員会
  ホ 専門委員会
  へ 相談役
2.構成と任務
  イ 運営委員会
      運営委員会は役員・地域ブロック長・各委員会委員長・各部活動部長・学校代      表(2名)により構成し,総会方針に従いPTA活動を企画・実行する。
  ロ 地域委員会
      地域委員会は町内毎に選出された地域委員及び教職員代表で構成され,地域の      PTA活動を企画・実行する。
  ハ 学年委員会
      学年委員会は同じ学年の学年委員及び学年担任と共に児童の学校生活向上をは      かる。
      委員選挙,委員会への所属は別に定める選挙細則で定める。
    @ クラス委員会
       クラス委員会は同じ学年の正・副委員長で構成し,各学年のPTA活動を学       年委員と共に企画・実施する。
    A 広報委員会
       広報委員会は各学年から選出された委員で構成し,会報を企画・構成・発行       する。
    B 家庭教育学級運営委員会
       家庭教育学級運営委員会は各学年から選出された委員と学校代表で構成し,       家庭教育学級を企画・実施する。
    C 選挙管理委員会
       選挙管理委員会は各学年から選出された委員で構成し,役員・委員の選出を       行い会員に報告する。
    D 図書委員会
       児童が学校図書館を積極的に活用できるように,司書教諭と共に環境整備に       務める。
    E ベルマーク委員会
       責任者を本部役員が務め,委員は副学年委員長とする。
       (一学年一クラスの学年は,学年委員長,又は他の委員会所属者が兼務する        場合もある。)
       活動は,ベルマークを収集・集計し,ベルマーク財団に提出する事とする。
       年度方針を作成し,健やかなる学校運営に協力する。
    F 委員会責任者の権限
       委員会において,諸般のトラブル及び緊急時の対応は,当該委員長と会長に       より必要な判断が出来ることとする。同時に,委員会運営(引継ぎ)のマニュアルも対応可能とする。 
  ニ 会計監査委員会
      会計監査委員は前年度庶務が任務を負う。     
      年度中の会計を随時監査し,その結果を総会で報告する。
  ホ 専門委員会
      専門委員会は運営委員会,又は会長が必要と認めた時,その都度設置する。
      専門委員会は運営委員会からの諮問事項を速やかに審議し答申する。
      同委員は会員の中より会長が委嘱し,委員長は委員の互選とする。
  へ 相談役
      相談役は前年度会長・副会長が任務を負う。本部役員の要請に応じ,PTA活動の
      運営指導・援助を行う。相談役は本部役員の必要に応じた助言をする。
3.任期 その他
  イ 委員の任期
      委員の任期は1年(会計年度)とする。
      ただし,選挙管理委員の任期は次年度の新委員の報告をもって完了する。
  ロ 各委員会は事業に関する会員への発行物を速やかに会長に提出し,庶務が管理保管する。

第7条 役員・委員の選挙
1.保護者会員
   保護者会員の役員及び委員の選出についてはPTA選挙細則に定める。
2.教職員会員
   教職員の役員及び委員の選出は教職員会の互選によるものとする。

第8条 総会
1.総会は本会の最高議決機関である。
2.次の事項は総会で審議決定しなければならない。
  イ 活動方針と事業計画
  ロ 予算,決算
  ハ その他重要事項
3.定例総会
   総会は原則年2回開催し,会長の招集でこれを開催する。
   総会を開催する5日前には議事の内容を明示し,全会員に通知しなければならない。
4.定足数・委任状
   総会の定足数は全会員の5分の1とする。委任状は定足数と認め,有効委任状数は議   決権を認める。また,有効委任状枚数は提出委任状総数の10分の1(小数点以下切捨て)とする。
5.議長団
   議長2名は前年度会計・庶務から選出する。
6.議事決定
   議事決定は多数決によって確定する。可否同数の場合は議長が裁定する。
7.臨時総会
   会長が必要と認めた時,または会員の10分の1以上の要求がある時にこれを開催する。
   その場合,開催5日前に議事の内容を明示し全会員に通知しなければならない。

第9条 集会
   本会の目的を達成するため必要に応じ集会を開催できる。

第10条 会計
1.本会の経費は会費及びその他の収入をもってこれにあてる。
2.次年度の会費額は年度末総会において,総会出席者及び有効委任状の総計3分の2以上  の同意を持って決定する。
3.経理は総会において決議された予算に基づいて行い,決算は会計監査委員の会計監査を  得て総会にて報告し承認をうける。
4.会計年度は4月1日から始まり翌年3月31日までとする。

第11条 個人情報取り扱いについて
   会員・児童及び関係者の基本的人権は,常に全て最優先して尊重されなければならな   い。
1.PTAが会員及び児童からの個人情報を取得する際,必要最低限の範囲内において行   う。
  (学校長及びPTA会長連名)
2.上記個人情報の取り扱いについて,十分な注意を払い,厳正な管理を行う。
3.個人情報への不正アクセス,個人情報の紛失,破壊,改ざん及び漏洩などの危険防止に  努める。
4.PTAは,個人情報の保護に関する日本の法令,その他の規範を遵守する。
5.PTAは,個人情報に関する権利を尊重し,自己の個人情報の開示,訂正,削除等を求  められる
  場合は,その請求が本人によるものであることを確認した後,合理的な範囲で必要な対  応を行う。

第12条 規約改正
   規約は総会出席者及び有効委任状の総計3分の2以上の同意により改正できる。
   ただし,総会5日前までに改正規約を明示し,全会員に通知しなければならない。

附則
 このPTA規約は以下の改定履歴を附則する。
  平成 9年(1997年) 3月        第8条の5   改正
  平成16年(2004年) 3月        第8条の5   改正
  平成18年(2006年)12月        第5条の1   補足
        同                  第6条の1   一部改正
  平成19年(2007年) 3月        第6条の2   補足
        同                  第8条の4   改正
        同                  第11条    追加
  平成21年(2009年) 3月        第5条の1   改正
        同        6月        第6条の2   改正
  平成27年(2015年) 3月        第6条の2   追加


バックナンバー