規約

                市原野小学校PTA規約 

(名称)
第1条 本会は、市原野小学校PTAと称し、事務所を市原野小学校内に置く。

(目的)
第2条 本会は、教育基本法の精神にのっとり、児童の福祉を増進するため、学校と家庭と社会を改善することを目的とする。

(主張)
第3条 本会は、その目的を達成するために下記を主張する。
1. 学校をよくするため、学校教育の理解を深め、関係当局へ学校経費の充実や施設整備を要請するなど、児童によりよき環境を作るように努力する。
2. 家庭をよくするため、人格を尊重し、民主社会における正しい家庭生活の理解とそのよい習慣を養う。
3. 社会をよくするため、会員相互の教養を高めるとともに、互いに親睦を深め、健全な地域社会を作るように務める。

(会員)
第4条 
1. 本校に在籍する児童の全ての保護者と教職員は、本会の会員とする。
2. すべての会員は所定の会費を納めなければならない。
3. すべての会員は、平等の権利と義務を有し、役員・委員になること、及び
動議を提出することを自由なる意思によって、その賛否を表明することができる。

(役員)
第5条
1.本会の役員は下記の通りである。
(ア)会   長 1名
(イ)副 会 長 3名
(ウ)書   記 3名(内1名は学校より)
(エ)会   計 2名(内1名は学校より)
(オ)会計監査  2名
(カ)広   報 2名

2.役員の任務は下記の通りである。
(ア)会 長  本会の代表であって、会務を統括し、総会、委員会を招集し、総会の議決事項を執行する。
(イ)副会長  会長を補佐し、会長が任務を遂行できない状況下にある時は、その代行をする。
(ウ)書 記  会議の議事を記録し、諸会合の通知を発する。
(エ)会 計  会計事務をとり、総会に報告して承認を受ける。会員の要求に
よっては、いつでも会計簿を閲覧に供する。
(オ)会計監査 その年度の会計を監査し、年度総会に報告する。 併せて、スポーツ少年団委員会会計監査も兼任する。
(カ)広 報  本会広報の編集、発行にあたる。
(キ)役員のうち、1名は、はぐくみ委員を兼任する。

3.役員の選出と任期は下記の通りである。
(ア)役員の選出は別に定める選挙細則によって行う。
(イ)任期は1ヶ年とし、再任を妨げない。
(ウ)1人1役とする。
(エ)次期役員が就任するまでは、前任者が代行する。
(オ)補欠役員は、運営委員会の承認を得て、会長が委嘱する。任期は前任者の残存期間と
する。
(カ)本部役員は1家庭1回とする。

(委員及び委員会)
第6条 本会の委員及び委員会は下記の通りである。
1.委員の種類
(ア)学級委員
   各学級の会員を代表する委員で、学級ごとで互選による3名で構成される。
(イ)地域校外補導委員
   地域の会員を代表する委員で、学校の町別児童会の地域区分けに基づき、その地域ごとに選出する。
(ウ)スポーツ少年団委員
   スポーツ少年団を指導する委員で、運営委員会の承認を得て、会長が委嘱する。
(エ)特別委員
   特定の事業を行うための委員で、運営委員会の承認を得て、会長が委嘱する。

2.委員会の種類と構成
(ア)学級委員会
   各学級に学級委員3名で構成する。
(イ)運営委員会
   本部役員と各専門委員会、地域校外補導委員会、スポーツ少年団委員、特別委員会の
委員長または副委員長及び校長をもって構成する。
(ウ)専門委員会
   級務委員会、文化教養委員会、保健体育委員会、3委員会を置く。各委員会は学級委員が分担し、構成する。
(エ)地域校外補導委員会
   地域校外補導委員会をもって構成する。
(オ)スポーツ少年団委員会
   スポーツ少年団委員及び必要に応じて会長が委嘱する会員外指導員をもって構成する。
(カ)特別委員会
  運営委員会で必要と認めた時に設置し、特別委員及び役員の一部をもって構成する。
(キ)各専門委員会、地域校外補導委員会、スポーツ少年団委員会、特別委員会には、各委員で互選により選ばれた委員長及び副委員長を置く。

3.学級委員会の任務
(ア)各学級の学級委員3名は、常に連絡、協調をはかり、学級(年)保護者との連携を密にし、学校と家庭における教育に関し理解を深め、その協力体制を作り、学級(年)懇談会等を計画実施する。
(イ)専門委員会の委員として、その任務を分担する。

4.運営委員会の任務
(ア)総会の決定事項を執行し、会の発展と円滑な運営にあたる。
(イ)各委員会より立案された事業計画を審議検討する。
(ウ)必要の際は、特別委員会を設ける。
(エ)総会における報告事項、その他を審議する。
(オ)会議は、原則として毎月開き、副会長が議長となる。

5.専門委員会の任務
(ア)級務委員会
   級務に関しては、各学級委員会の取り組み、学級ごとの情報交換等、互いにその理解を深めるとともに、児童教育理解促進のための計画をする。 
(イ)文化教養委員会
   文化教養に関しては、会員相互の教養を高め、教育の理解を深めるための計画をする。
(ウ)保健体育委員会
   保健体育に関しては、保健衛生に関する啓蒙を行い、スポーツを通じて会員の親睦を計る。
    
6.地域校外補導委員会
(ア)校外補導について、学校と連絡をとり児童の校外における正しい生活活動の計画をたてる。
(イ)地域における会員の連絡、親睦につとめる。

7.スポーツ少年団委員会の任務
(ア)各種のスポーツを通じて、児童の心身鍛錬を目的とした活動を計画し実施する。
(イ)運営委員会の承認を得て、スポーツの種類別に部を置くことができる。
(ウ)各部の運営と活動は、「日本スポーツ少年団設置規定並びに同登録規定」に従うものとする。各部は活動報告を運営委員会で行い、会計については年度末に報告を行い、会計監査の監査をうける。

8.特別委員会の任務
(ア)運営委員会より委嘱された特定事業を行い、終了とともに解散する。
(イ)特別委員会は、いかなる事業計画についても、運営委員会に計る必要がある。

9.各種委員会の合同会議
   会長が必要と認めたとき、各種委員会の合同会議を開くことができる。
10.定足数
   すべての委員会の定足数は2分の1とする。

(総会)
第7条
1. 総会は役員選挙、予算、会務の報告、事業計画、その他重要事項を審議、決定する。
2. 総会の定足数は、会員の2分の1とする。
3. 総会を開くには、3日前迄に、議事内容を明示し、全会員に通知せねばならない。
4. 総会の議長は、その都度、役員外より選出する。但し、総会の承認を得る。
5. 議事議決は、多数決により賛否同数の時は議長が決定する。
6. 会員は委任状をもって出席にかえることができる。

(会計)
第8条 
1.本会の経費は、会費、その他の収入によってこれにあてる。
2.会費は、月額1人につき300円とする。(年10回)
3.会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年の3月31日に終わる。
4.収入、支出の決算については、年度末に会計監査の監査をうける。

(規約の改正)
第9条 
1.規約は、総会で出席者の3分の2以上の賛成によって改正できる。
2.改正案の内容は、総会の3日前迄に通知しておく必要がある。
3.この規約で定めていないことが起こった場合は、運営委員会で審議、決定する。

(リコール)
第10条
  役員や委員の中に不適格者がある時は、過半数の会員の賛成により、リコールすることができる。

(付則)
 このPTA規約は、昭和63年 4月 1日(改正)より施行する。
 このPTA規約は、平成 7年 4月 1日(改正)より施行する。
 このPTA規約は、平成 8年 4月 1日 (改正) より施行する。
 このPTA規約は、平成10年 4月 1日(改正)より施行する。
 このPTA規約は、平成11年 5月21日 (改正) より施行する。
 このPTA規約は、平成17年 4月 1日 (改正) より施行する。
 このPTA規約は、平成20年 4月 1日(改正)より施行する。
 このPTA規約は、平成21年 4月 1日(改正)より施行する。
 このPTA規約は、平成22年 4月 1日(改正)より施行する。
 このPTA規約は、平成23年 4月 1日(改正)より施行する。
 このPTA規約は、平成23年10月 1日(改正)より施行する。
 付帯事項
 今回改定した【PTA規約】第5条3項については、定着化の検証期間とみなし、
 平成23年10月1日から3年間は選出方法に関する抜本的な改定は見送ることと
 する。
 このPTA規約は、平成24年4月1日(改正)より施行する。

         市原野小学校PTA選挙細則 
(目的)
第1条 役員及び学級委員の選挙は、この細則により行う。

(選挙管理委員会)
 第2条 役員選挙を行うために、選挙管理委員会を置く。
1.会長は、選挙管理委員を6年の学級委員より委嘱し、委員は委員長を互選する。
2.選挙管理委員会は、役員確定後は解散する。
3.選挙管理委員会は、選挙日並びに役員立候補の届け出期日を文書で全会員に告示する。
4.役員立候補の届け出期日内に、立候補者が役員の定数に満たない場合、すみやかに会長 に、役員選出委員会の設置要請を行う。
5.選挙管理委員会は、立候補者受付終了後、直ちに候補者名簿並びに投票用紙を全会員に配布する。
6.候補者名簿には、候補役職、氏名、所属学年等必要ある事項を記載する。
7.投票用紙は、候補者名を列記し、選挙管理委員長の捺印をしたものとする。
8.選挙管理委員会は、投票、開票業務を行う。
9.選挙終了後、直ちにその結果を全会員に公表する。

(役員選出委員会)
第3条 立候補者の届け出期日内に、立候補者が役員の定数に満たない場合、役員選出委員会を置く。
1.会長は、役員選出委員を1〜5年の学級委員より委嘱し、委員は委員長を互選する。
2.役員選出委員会は役員確定後は解散する。
3.役員選出委員会は、本人の同意を得て役員候補者を選出し、選挙管理委員会に届けでる。

(役員候補者)
第4条 役員候補者の種類は、次の2種とする。
1. 立候補者
 自ら立候補したもので、本人が選挙管理委員会に届け出る。
2. 選出候補者
 1〜5年で各3名ずつ選出する。        
  役員選出委員会が選出した候補者で、同会委員長が届け出る。
        
(選挙方法)
第5条 選挙方法は、次による。
1.会員は、選挙管理委員会より配布された投票用紙により
定められた日時までに投票する。
2.開票は、被選挙人を除く運営委員会の立会いのもとで行う。
3.開票の結果、同数の場合は選挙管理委員会において処理する。


(会長及び役員の選出)
第6条 会長及び役員の選出は、次による。
1.会長及び役員候補者が定数を越えた時は、立候補者による協議のもと次期役員候補者を決定し、信任投票を行い、全投票が過半数の信任をもって当選したものとする。
2.会長及び役員候補者が定数の場合は、信任投票を行い、全投票が過半数の信任をもって当選したものとする。
3.総会での承認を得ることで、信任投票にかえることができるものとする。
4.学校側選出役員の投票は除く。

(学級委員の選出)
第7条 学級委員は、各学級で互選により3名選出する。
1.学級委員と役員の兼任は認めない。
2.任期は1年とし、再選を妨げない。
3.委員選出は、他学年と重複することがあった場合は、高学年より順次選出する。

(細則の改正)
第8条 PTA選挙細則の改正は、総会で出席者の3分の2以上の賛成によって改正できる。

(付則)
  このPTA選挙細則は、昭和63年 4月 1日(改正)より施行する。
  このPTA選挙細則は、平成 7年 4月 1日(改正)より施行する。
  このPTA選挙細則は、平成10年 1月10日 (改正) より施行する。
  このPTA選挙細則は、平成10年 4月 1日(改正)より施行する。
  このPTA選挙細則は、平成20年 4月 1日(改正)より施行する。
  このPTA選挙細則は、平成21年 4月 1日(改正)より施行する。
  このPTA選挙細則は、平成22年 4月 1日(改正)より施行する。
  このPTA選挙細則は、平成22年12月 1日(改正)より施行する。
  このPTA選挙細則は、平成23年10月 1日(改正)より施行する。
  このPTA選挙細則は、平成24年 4月 1日 (改正) より施行する。
  このPTA選挙細則は、平成26年10月 1日 (改正) より施行する。
 付帯事項
 今回改定した【選挙細則】第6条については、定着化の検証期間設定とみなし、
 平成26年10月1日から3年間は選出方法に関する抜本的な改定は見送ることと
 する。



バックナンバー