規約

池田東小学校 PTA規約

第1条 (名 称)
本会は池田東小学校PTAといい,本部を池田東小学校内におきます。
第2条 (目 的)
     本会は学校と家庭と地域とが協力して,児童の環境を改善し,学校教育の向上を図り,会員相互の教 養を深め,もって児童の福祉を増進させることを目的とします。
第3条 (事 業)
本会はその目的を達成するために,次の事業を行います。
     1.学校教育,家庭教育,社会教育の振興
     2.会員相互の親睦と教養の向上
     3.その他,本会の目的達成に必要な事業
第4条 (性 格)
     1.本会は民主的な教育関係団体であり,政党や宗派の活動には関係しません。
     2.本会は学校問題について討議をしたり,その活動を助けるために意見を具申することがあります が,直接に学校の管理や教職員の人事に干渉するものではありません。
第5条 (会 員)
1.本会は本校に在籍するすべての児童の保護者・教職員を会員として組織します。
2.会員は原則として所定の会費を納めなければなりません。
3.会員は会の目的とする事業に参加し,総会・地域・学級懇談会等の会合に出席して意見を述べる とともに,本部役員・委員になることができます。
第6条 (本部役員)
第1項 組織
1.会長     1名 (教職員を除く)
2.副会長   若干名 (教職員を除く2名以上とします)
3.庶務     2名 (うち1名は教職員)
4.会計     2名 (うち1名は教職員)
5.はぐくみ委員  1名 (副会長と兼任可,性別は問わない)
第2項 任務
1.会長は本会の代表者として会務を統括するほか,役員会及び諸会合を招集し,総会の議決事項を 執行します。
2.副会長は会長を補佐し,会長事故あるときはその代行をします。
3.庶務は本会の議事を記録し,また会合の通知を出すなどの庶務一切をとりあつかいます。
4.会計は会計事務をとり,総会に予算を提出して承認をうけ会計監査を経て決算報告をします。
5.はぐくみ委員は,はぐくみ委員会・全市交流会・中P連親まなび委員会との「小中合同学習 会」・各支部活動に参加,報告をします。
第3項 任期
1.本部役員の任期は1年としますが,次年度本部役員就任まではその任務を続行します。
2.任期の途中で本部役員に欠員が生じた場合は,補充する事ができます。その場合,別に定めた選 挙細則によって行います。
3.補充役員の任期は,前任者の残任期間とします。 
第4項 本部役員選出
1.次年度本部役員の選出は毎年2月末日までに別に定めた選挙細則によって行います。
第7条 (委員及び委員会)
第1項 本会に次の委員会をおきます。委員は,別に定めた選挙細則によって選出します。
第2項 任期は1年とします。
第3項 運営委員会
1. 本部役員,各種委員会2名以上及び学校代表者によって構成します。
2. 各種委員会により立案された事業計画を審議検討します。
3. 総会に報告する議案や報告書を作成します。
4. 必要あるときは,特別委員会を設けることができます。
5. 例会は,原則として月1回開きます。
第4項 委員会
     各々独自の立場で事業計画をたて,それを運営委員会に図ります。各委員会は,運営委員会の承認を経て部を設置することができます。
1.地 域 委 員 会 児童の正しい校外生活指導に協力し,あわせて地域会員相互の親睦と教養の向 上を図ります。
2.環境整備委員会 ベルマークの収集・集計や学校環境の整備を行い,会員相互の親睦を図ります。
3.教 養 委 員 会 文化的活動や企画教室の開催を通じて,会員相互の親睦と教養を深めることに 努めます。
4.保健体育委員会 児童の保健衛生・安全・給食の向上に寄与し,会員の保健衛生及び,
その啓蒙に 努めるとともに,スポーツを通じて会員相互の親睦を図ります。
5.広報委員会 PTA会報などの編集を行い,本会の趣旨の徹底に努め,会員相互の親睦を図り ます。
6.選挙管理委員会 PTA選挙細則に基き,次年度本部役員の選出及び会計監査委員の信任投票を 行います。
7.特別委員会 運営委員会から委嘱された特別の事業を行うために会長に委嘱された         委員で構成します。委員長は本部役員が兼任します。
第5項 会計監査委員
本会の会計を監査し,その結果を年度末総会に報告します。
第8条 (総 会)
1. 総会は,予算・決算,その他重要事項を審議する議決機関です。
2. 毎年2回開くことを原則とします。
3. 定足数は会員(1家庭1人) の3分の1とし,委任状により出席と認めます。
4. 議長はその都度出席者の一般会員より選出します。議事議決は出席者の多数決により,可否同数のときは議長が決します。
5. 臨時総会は会長が必要と認めた時,及び会員(1家庭1人) の10分の1以上の要請のあった場合に開きます。
第9条 (会 計)
     1.会費は月額1家庭につき,金400円とします。ただし,4,8,3月は除きます。
     2.会計年度は,毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わります。
第10条 (会計監査委員選出)
     1.会計監査委員の選出は,別に定めた選挙細則によって行います。任期は1年とし再選は認めません。
第11条 (規約改正)
     l.規約改正は,総会で出席者(委任状を含む)の3分の2以上の賛成によって行います。

(付則1) この規約は,前規約を平成22年3月15日の総会において一部改正後,平成22年4月1日よ り実施。
(付則2) この規約は,前規約を平成27年3月11日の総会において一部改正後,平成27年4月1日よ り実施。

池田東小学校 PTA選挙細則

第1条 本部役員選挙に関しては,選挙管理委員会が遂行します。選挙管理委員は,選挙に関する公平な監理・運営に専念します。
1. 構成と任務
@ 選挙管理委員及び教職員1名で構成します。委員は正・副委員長を互選します。
(教職員を除く)
A 選挙管理委員会は選挙の日,並びに候補者の届出期日を告示します。
B 選挙管理委員会は投票の有効・無効を決定します。
第2条 (本部役員の選出に関して)
1.立候補者について
@ 立候補者の受付
会員は自ら本部役員候補者として立候補することができます。
A 立候補者の発表
   ア.選挙管理委員会は選挙の日,5日前までに全立候補者を全会員に発表します。
   イ.氏名は50音順に連記し,役種別と町名・児童学年を明示します。
B 投票は役種別連記・無記名・直接投票で行います。ただし,候補者が定数の場合は信任投票 を行います。信任にあたっては,投票総数の過半数をもって信任とします。
C 立候補者が定数に満たない場合には,その役員の推薦を次条により選考します。
D 選挙管理委員会は,選挙の結果をすみやかに会長に報告するとともに全会員に知らせます。
E 委員が立候補者となった場合は代理の委員を選挙管理委員補欠から選出します。
2.推薦について
@ 立候補者の届出期日までに定数の本部役員候補者を必要とする為,その数が定数に満たない 場合は,全会員中から,役種別に定数の次年度本部役員候補者を推薦し補充します。ただし, 被選考者の同意を得なければなりません。
A 選挙管理委員会は選考の結果をすみやかに会長に報告し,会員の信任を求めます。
第3条 (本部役員の免除)
当該年度の本部役員の任に就いた者は,特に立候補など再任の申し出がない限り,任期終了後4 年間はその任を免除されます。
第4条 (会計監査委員の選出)
本部役員で互選し,PTA会員に信任を求めます。
第5条 本部役員補充選挙については,会長が委嘱し会員の信任を求めます。任期はその前任者の残任期 間を遂行します。
第6条 (地域委員の選挙)
1.会員は,地域委員を自分の地域の中から計2〜4名を選出します。
2.地域委員の選出にあたっては,候補者名簿に○印がついているのでその方(前年度地域委員,当 該年度本部役員・当該年度会計監査委員)は選出対象から除く事とします。また,新1年生は候 補者名簿に掲載されません。
3.地域ごとの互選により地域の代表を決めます。地域委員は適宜の方法により委員長・副委員長を 決めます。
4.委員の氏名は文書で発表します。
第7条 (学年委員の選挙)
1. 学年委員は各学年で4名を選出します。各学年に補欠2名をおきます。
2. 学年委員の選出にあたっての免除対象
@ 当該年度本部役員
A 当該年度会計監査委員
B 当該年度地域委員
C 本部役員任期終了後4年間
※@〜Cに該当する方は,在籍する児童の各学年で免除となります。
D 各児童につき,過去に学年委員を経験した方は,特に立候補などの申し出がない限り,当該児 童のみ卒業まで選出対象から除きます。(次年度以降,当該児童の学年のみ免除になりますが,在 籍する当該児童以外の兄弟姉妹の学年では免除になりません。)但し,候補者が学年委員定数に 満たない場合は,不足する人数に限り選出対象になります。
3. 学年委員選挙は,学年全体で行う事とします。
4. 学年委員は適宜の方法で,教養・保体・広報・環境整備・選挙管理委員会を構成し,それぞれ互 選により正・副委員長及び選挙管理委員補欠(選挙管理委員を除く)を決めます。委員長にやむを 得ない事情があるときは,副委員長がその任を代行します。
5. 委員の氏名は文書で発表します。

(付則1) この規約は,前規約を平成23年5月19日の総会において一部改正後,平成23年5月20日 より実施。
(付則2) この規約は,前規約を平成27年3月11日の総会において一部改正後,平成27年4月1日 より実施。
(付則3) この規約は,前規約を平成30年3月14日の総会において一部改正後,平成30年4月1日 より実施。

池田東小学校 PTA慶弔規定

第1条 池田東小学校PTA規約第5条による会員の慶弔等種類,金額及び条件に関しては,この規定に 定める通りとします。
第2条 (慶弔)
教職員である会員が結婚した場合は結婚祝金として,5000円をおくります。教職員の実父母,配偶者及び子供が死亡の場合は,10000円相当の生花一基をおくります。ただし,義父母の場合は,5000円相当の生花一基をおくります。学校休業日等のやむを得ない事情により,事後連絡の場合は,御霊前または御仏前として相当額をおくります。
第3条 (災害見舞)
第1項 不時の災害により会員の住居または家財の3分の1以上が焼失または滅失したとき,もしくは会員の住居または家財がこれと同程度以上の損失を受けたときは,役員会で協議の上,災害見舞金をおくります。この場合,会長は全会員にその額を報告します。
第2項 前項の規定による事実が発生し,災害見舞金をおくるときは,会長は所轄の官公署において災害の程度を確認しなければなりません。

第4条 (病気見舞)
  第1項 教職員である会員が疾病または負傷により引き続き1ヶ月以上の長期休養の場合には,病気見舞金として3000円をおくります。
第2項 前項の病気見舞金は,同一会員の同一疾病または負傷について1年につき1回とします。
第5条 (死亡弔慰)
会員または児童が亡くなった場合,10000円相当の生花一基をおくり弔意を表します。学校休業日等のやむを得ない事情により,事後連絡の場合は,御霊前または御仏前として相当額をおくります。
第6条 (教職員慰労)
第1項 教職員である会員が転任または退職した場合は次の区分により慰労します。
      ただし,本校在任期間が3年を超える場合は,その超える期間1年につき1000円を加算します。
      1.転任による場合   2000円
      2.退職による場合   3000円
第2項 前項の在任期間は,月を単位として計算します。
第3項 第1項ただし書きにおいて,1年未満の端数月を生ずる場合は,7ヶ月以上を1年とし,7ヶ月未満は切り捨てるものとします。
第7条 会員でない本校教職員の弔慰については,会員である教職員に準じて,その都度役員会で決める ことができるものとします。
第8条 この規定で定めない事項については役員会で決めることができるものとします。
第9条 この規定は,運営委員会で改正できるものとします。
(付則) この規定は,平成24年3月13日の総会から適用。



バックナンバー