規約

京都市立一橋小学校PTA規約

第1章   総則 
(名称と事務所)      
 第1条 本会は京都市立一橋小学校PTAと称し,事務所を京都市一橋小学校
におく。

第2章 目的および事業
(目的)             
 第2条 本会は学校教育に対する理解と協力の基に,区内在住者と教職員の
 協調を得て,一橋小学校区の児童の福祉の推進に努めるとともに,
員相互の信頼と資質の向上に寄与することを目的とする。

(事業)
 第3条 本会はその目的を達成するため,次の事業を行う。
   (1) 児童の福祉を達成するため事業。
   (2) 会員の資質を向上させるための事業。
   (3) その他本会の目的達成のために必要な事業。

第3章 会員
(会員資格)
 第4条 本会の会員は,正会員は,一橋小学校在籍の児童の父母またはこれ
      にかわる保護者ならびに学校教職員とする。
      賛助会員は,区内在住者で本会の目的に賛同して所定の会費を納
      めた者をいう。但し,選挙権と被選挙権を有しない。

第4章 役員
(役員)
 第5条 本会の役員は,次の通りとする。
  (1) 会長1名 (2) 副会長2名 (3) 庶務2名(内1名は会員である教職
      員) (4) 会計2名(内1名は会員である教職員)

(役員の選出)
 第6条 役員の選出は,別に定められた選挙規則により行う。

(役員の任期)
 第7条 役員の任期は,次の通りとする。
  (1) 役員の任期は1年とし,再任を妨げない。
  (2) 役員・運営委員会正副委員長ならびに地域委員を除く委員(以下「役
      員等」という) 選ばれた者は,選挙管理委員会が認めた特別な事情
      のない限り辞退できない。 但し,2年続けて役員に就任していた者は
      1年間を辞退することができる。
  (3) 役員の再任は妨げない。但し,過去に役員に就任していた者は任期
      満了以降,本部役員を辞退することができる。
      役員等は,選挙管理委員会の告示をもって効力を発し,総会におい
      て報告する。

(役員の任務)
 第8条 役員の任務は,次の通りとする。 
  (1) 会長は本会を代表し,会務を統括する。
(2) 副会長は会長を補佐し,会長事故あるときは,これを代行する。
(3) 庶務は記録の作成・事務連絡・その他会長より委任された会務を
行う。
(4) 会計は会計会務を執行し,総会で報告する。

第9条 役員会については,次の通りとする。
(1) 役員会は会長が招集し,その構成員の過半数の出席により審議を行
  う。
(2) 役員会の決議は出席者の過半数をもって決し,可否同数のときは議
長の決するところによる。

第5章  総会
(招集)
第10条 総会の招集については,次の通りとする。
(1) 会長は毎会計年度終了の日から,2か月以内に定期総会を招集
する。
  (2) 会長は必要があるときと認めたときは,臨時総会を招集することが 
   きる。
  (3) 正会員の2分の1以上に当たる者が,招集の理由および議案を記
       載した書面を会長に提出して総会の招集を請求することができる。
       その場合,会長はその請求のあったときから30日以内に臨時総
       会を招集しなければならない。

(議決の要件)
 第11条 総会の議決は,正会員の5分の1(委任状を含む)以上が出席し,
その出席者の過半数で決するものとする。

第6章  委員会
(委員会)
 第12条 本会の事業を遂行するため,委員会ならびに常置委員会(以下
       「委員会」という)を,設ける。
    (1) 委員会    *運営委員会  *拡大運営委員会
    (2) 常置委員会 *学級委員会  *文化委員会  *広報委員会
                *教養委員会  *保健体育委員会  *地域委員
                  会
    (3) 特別委員会 
 
(委員の選出)
 第13条 委員の選出は,別に定められた選挙規則により行う。

(委員会の構成と任務)
 第14条 運営委員会は,役員と各常置委員会の委員長ならびに教職員若
       干名で構成し,本会の全体的運営を行う。 
       拡大運営委員会は,運営委員会委員ならびに各常置委員会の副
       委員長で構成し,運営委員会の養成により開催する。
       特別委員会は,運営上必要と認める場合に設置し,その構成は運
       営委員会できめる。

(地域委員会の任務)
 第15条 地域委員会は,各町より選ばれた委員で組織し,地域における児
       童の福祉に携わるとともに本会と地域との連絡を行う。

(常置委員会の任務)
 第16条 地域委員会を除くその他の常置委員会は,各学級毎の選ばれた
       委員で組織し,次の事業を行う。
    (1) 学級委員会 学級担任と保護者との意志の疎通をはかる事業。
    (2) 文化委員会 会員の情操面の向上をはかる事業。
    (3) 広報委員会 会報の発行などによる広報の事業。
    (4) 教養委員会 会員の教養を高め,教育に対する理解を深める
        事業。
    (5) 保健体育委員会 会員ならびに児童の健康促進・体力向上・給
        食衛生などに寄与する事業。

(委員の任期)
 第17条 委員の任期とし,再任を妨げない。

(正副委員長)
 第18条 各委員会の委員長の選出は,選挙規則に準拠する。
       副委員長2名は,委員長が委嘱する。但し,地域委員会のみ副
       委員長を7名とする。

第7章  会計
(会計区分)
 第19条 本会の会計は,一般会計と特別会計に区分する。一般会計の収
       入は正会員の会費を,支出は当会の事業に供する費目をいう。
       特別会計の収入は,賛助会員の会費ならびに事業収入および寄
       付金を,支出は運営委員会において定める。

(会費)
 第20条 正会員の会費は世帯単位とし,月額300円とする。
       但し,減免することができる。
    (1) 運営委員会決定により,必要に応じて臨時会費を徴収することが
 できる。  
    (2) 賛助会員の会費は,会計年度において一口500円とする。

(会計年度)
 第21条 本会の会計年度は毎年4月1日より翌年3月31日迄とする。

(会計監査)
 第22条 本会の会計監査を2名とし,会長がこれを委嘱し,総会で承認を
       得る。

(監査報告)
 第23条 会計監査は毎事業年度における,本会の会計を監査した結果につ
       いて,当該会計年度の決算総会において報告しなければならない。

第8章  規約の改正
(規約の改正)
 第24条 本会の規約を改正するときは,総会において出席者の3分の2以
       上の承認を得なければならない。
       但し,改正案は会日の7日前までに正会員に通知しておかなけれ
       ばならない。

第9章  雑則
(表彰)
 第25条 本会の功労者に対して表彰することができる。

(罷免請求)
 第26条 役員や委員の中に不適任と思われる者がいたときは,正会員の
       過半数の請求により罷免することができる。

(雑則の制定)
 第27条 本会を運営するために必要な雑則は,運営委員会の議決によっ
       て定めることができる。

[付則]
PTA規約
第4章・・・第5条,第7条,第8条
第6章・・・第12条,第14条,第16条,第17条
第7章・・・第22条,第23条
第8章・・・第24条
第9章・・・第25条,第26条,第27条
平成10年5月13日より適用する。
第4章・・・第7条(3)
平成12年3月24日より適用する。
第6章・・・第18条
平成14年3月22日より適用する。
第3章・・・第4条
第5章・・・第10条(3)
平成14年10月18日より適用する。