トップページ


                  共動・共育・共感
            〜皆で考えよう。持続可能なPTA活動〜


 私たちは,保護者として,学校・地域と共に,子どもたちの健やかな学びと育ちのためにPTA活動を進めてきました。しかしながら,少子化が進み,PTA会員が減少する中,従来通りのPTA活動を続けていくことが困難な状況にもあります。こんな時だからこそ,子どもたちのため,今,何ができるのかを皆で考え,PTA活動を他人事ではなく,自分事と捉え,保護者同士が手を携え,共に動き,共に育み,共に感じ,持続可能なPTA活動となるよう,子育てに関係するすべての者の「つながる輪」を大切にする取組を進めます。

【共に動く】
学校・教育委員会とも連携し,子どもたちの健やかな学びと育ちのため,将来にわたり「持続可能なPTA活動」を目指して,皆で考え,「共に動き」を起こしていきます。

【共に育む】
情報技術の進化に伴い,子どもたちを取り巻く環境も大きく変化する中,子どもたちの健やかな成長のため,さまざまな活動を通して,子どもたちを「共に育んで」いきます。

【共に感じる】
昨年は,「京都はぐくみ憲章」の制定から10年。そして来年は,番組小学校の開校から150
年。番組小学校を設立した先人たちの熱い思い,そして「京都はぐくみ憲章」に受け継がれる京都の人づくりの伝統を「共に感じ」,「まちづくりはひとづくりから」という本市の伝統的な理念の下,子どもたちを社会の宝として育む「はぐくみ文化」の発信に取り組みます。

京都市小学校PTA連絡協議会


バックナンバー