規約

勧修小学校PTA規約

第1条 (名称)本会は勧修小学校PTAとよび,事務所を勧修小学校に置く。

第2条 (目的)全ての児童の健全な育成のために,保護者と教職員が協力し,学校と地域・社会の教育環境の改善・発展に寄与すると共に,会員相互の研修研鑽に努める。

第3条 (事業)本会の目的の実現のため,次のとおり事業を行う。
1.児童の健全な育成をはかるために,会員が共に学び行動する。
2.会員相互の親睦を深め,教養を高めるために行動する。
3.地域の諸団体との交流を深め協力して,地域・社会環境のため努力する。
4.その他,本会の目的達成のために必要な事業を行う。

第4条 (会員)
      1.本校在籍児童の保護者と教職員をもって会員とする。
      2.会員は所定の会費をおさめなければならない。
      3.会費金額はPTA総会にて定める。
      4.会員は平等の権利と義務を有する。

第5条 (役員)
1.本会は次の役員を置く。
         会長  1名  
         副会長 若干名  (内1名は,はぐくみ委員を兼任)
         会計  2名   (内1名教頭)
         書記  若干名  (内1名教務主任)
2.役員の任務は次のとおりとする。
         @会長は,本会の代表者で会務を総括する。
         A副会長は,会長を補佐し,会長事故ある時は代行する。
         B会計は,本会の会計事務を行い,総会に報告して承認を受ける。
会員の要求ある時は,会計簿を閲覧に供する。
         C書記は,本会の記録を取り,総会に報告する。本会の総務を担当する。
         Dはぐくみ委員は,小P連山科支部はぐくみ委員会に所属し,その活動に参加する。
3. @役員の任期は4月1日からの1年もしくは2年とする。但し,再任を妨げない。
        A前役員は新役員の就任まで任務を継続する。
また5月末までを役員サポート期間とする。
        B役員に欠員が生じ運営に支障をきたす場合は補欠選挙により補充する。但し,その役員の任期は前任者の残任期間とする。
        C役員は,他の役員及び常置委員・会計監査委員・選挙管理委員を兼任することはできない。
      
第6条(機関)本会は次の機関を置く。
1.総会
2.役員会
3.運営委員会
4.常置委員会
5.選挙管理委員会
6.推薦委員会
7.会計監査委員会
8.特別〔専門〕委員会

第7条 (総会)総会は全会員をもって構成し,この会の最高議決機関とする。
      1.@総会には定期総会及び臨時総会があり,会長が招集する。
A定期総会は,毎年1回開くことを原則とする。
B臨時総会は会長が必要と認めた場合,及び会員の十分の一以上の署名要求が あれば開催する。
      2.総会は次のことを行う。
@運営委員会の報告を審議し,その当否の確認。
A会計監査の報告
B次年度PTA役員の選出,信任
C会計監査委員の選出
Dその他,主要事項の審議決定
3.@総会の日時及び場所・議案は,総会の7日前までに全会員に通知する。
  A総会の定足数は,議決権総数の五分の一以上(委任状を含む)とする。
  B議長は役員を除く出席会員から選出する。
  C議決の議決権は一世帯一個・一教職員一個とし,決議は出席した者の議決権の過半数をもって決する。可否同数の場合は議長が決する。
  D会長が必要を認めた場合,書面による臨時総会を招集することができる。この場合,議決権の行使は,議案に対する賛否を記載できる議決権行使書により行う。議決権行使書の未提出・白紙提出は賛成に含むものとする。

第8条 (役員会の構成と任務)
      1.役員会は,第5条の役員をもって構成し,必要に応じて開く。
      2.役員会の任務は次のとおりとする。
         PTA全般の会務処理,運営委員会に提出する議案の作成,
         その他重要事項の審議
        
第9条 (運営委員会の構成と任務)運営委員会は,総会に次ぐ議決機関とする。
      @運営委員会は,本部役員・学校長・常置委員会の正・副委員長で構成する。
      Aその他の委員会の代表者は,その所管にかかわることについて必要があれば出席して意見を述べることが出来る。但し,議決権は持たない。
      B運営委員会は,年6回以上必要に応じ定期的に開く。
      C運営委員会の任務は次のとおりとする。
        PTAの事務処理,常置委員会等の連絡調整,総会に提出する議案の作成,
        特別[専門]委員会の設置,その他重要事項の審議
      D運営委員会の議事は出席者の過半数で可決する。
      E運営委員の任期は1年とする。
       本部役員は任期満了までを任期とする。

第10条(常置委員会の構成と任務)
      1.常置委員会の種類と任務
        @地域委員会は,地域における教育・生活環境改善のために努力する。 
        A学級委員会は,学校・児童教育の振興・発展のために寄与する。
        B広報委員会は,新聞を発行し会の取り組む問題や各委員会等の活動や内容を知らせる。
        Cきずな委員会は,会員相互の文化教養を高め,学校と協力して児童の保健衛生教育へ寄与する。また,会員相互の健康保全と体力向上をはかる。

      2.@地域委員は,地域または児童数に応じて各1〜数名選出する。
        A地域委員会以外の常置委員は各クラスから選出する。但し,学年からの選出となる場合もある。
        B委員の互選により正・副委員長を選出する。
        C副委員長の人数は運営委員会で決める。
        D地域委員会の正・副委員長は,他の常置委員会の委員を兼ねることはできない。
Eその他の常置委員会の正・副委員長が地域委員を兼任することができる。但し,
地域委員の任務に関し出来るだけ配慮をする。
        F常置委員の任期は1年とする。但し,再任は妨げない。
        G活動の交流を図るために,定期的に委員会を開く。
      
第11条(選挙管理委員会)
      @役員選挙の実施のために選挙管理委員会を置く。
      A別途定める選挙細則により運営する。

第12条(推薦委員会)
      @役員選出のために推薦委員会を置く。
      A別途定める選挙細則により運営する。

第13条(会計監査委員会の構成と任務)
      @この会の会計を監査するため,監査委員を2名置く。
      A監査委員は,総会に於いて会員の中より選出する。
      B監査委員は,役員及び他の委員を兼任することはできない。
      C監査委員の任期は1年とし,再任はないものとする。
      D監査委員は,その年度内に随時監査を適正に行い,その結果を総会に報告する。
      E監査委員に欠員の生じた時は,運営委員会の決議で選任する。

第14条(特別〔専門〕委員会の構成と任務)
      @必要な時は,運営委員会や総会にはかり,必要な人数をもって委員会をつくることが出来る。
      A各交歓会実行委員会の場合,運営委員会の承認にて成立し総会に報告する。
      B本委員会は,本来の目的・委嘱された特別事項について活動を進める。
      C本委員会は,活動が終了次第解散する。

第15条(選挙)役員の選挙は別に定める勧修小学校PTA選挙細則に基づいて行う。

第16条(リコール)会員の十分の一以上の署名があり,総会出席者の三分の二以上が認めれば,役員・委員を罷免することが出来る。

第17条(会計)
      @本会の経費は,会費及び事業収入による。
      A会計年度は4月1日から始まり翌年3月末日をもって終わる。
      B会計事務処理は別に定める会計細則による。

第18条(規約・細則の改正)
@規約及び細則は,総会において出席した者の議決権の三分の二以上の賛成により改正出来る。
A改正案は総会の2週間前までに全会員に通知する。


第19条(規定)
      @会の円滑な運営を行うために,この規約に反しない限りにおいて運営委員会の議を経て規定を定めることが出来る。
      A規定を制定または改正した場合には,その結果を総会に報告しなければならない。

付則
 ・昭和62年 3月10日より施行
 ・昭和62年 5月18日名称変更
 ・平成 2年 1月20日一部改正施行
 ・平成 9年12月20日一部改正施行
 ・平成16年 3月12日一部改正施行(学年代表委員の削除)
 ・平成21年 3月 6日一部改正施行(総会の回数,常置委員会の但し書き)
 ・平成25年 3月 7日一部改正施行
 ・平成30年 3月 8日一部改正施行(常置委員会の改正)
 ・平成31年 3月13日一部改正施行(本部役員の任期変更)



「規約」「役員選出細則」


バックナンバー