規約

■京都市立 春日野小学校育友会 規約■

第 1 条  (名  称)
        本会は春日野小学校育友会と言い,事務局を春日野小学校内に置きます。

第 2 条  (目  的)
        本会は,学校と家庭と社会とが協力して,児童の環境を改善し学校教育の向上を図り,
        会員相互の教養を深め,もって児童の福祉を増進することを目的とします。

第 3 条  (事  業)
        本会は,その目的を達成するために,下記の事業を行います。
        1.学校教育・家庭教育・社会教育の進行
        2.会員相互の親睦と教育の向上
        3.その他,本会の目的達成に必要な事業

第 4 条  (性  格)
        1.本会は民主的な社会教育関係団体であるから,政党や宗派の活動には関係しません。
        2.本会は,学校問題について討議したり,その活動を助けるために意見を具申するこ
        とはあるが,直接に学校の管理や教職員の人事に干渉するものではありません。

第 5 条  (会  員)
        本会は,本校に在籍する児童の親(保護者を含む)教職員の全てを会員として組織し
        ます。
        ○会員は,原則として所定の会費を納めねばなりません。
        ○会員は,会の目的とする事業に参加し,総会・学級・地域の会合に出席して意見を
        述べると共に,役員・委員となることが出来ます。

第 6 条  (役  員)
      第1項  組織
        1.会長1名(教職員を除く)    2.副会長2名(教職員を除く)
        3.会計2名(内1名教職員)    4.庶務2名(内1名教職員)
        5.幹事若干名           6.地域委員長1名
       これらの組織は立候補及び推薦委員会で推薦された役員候補の中から総会において選出し
        ます。
      第2項  任務
        1.会長は,本会の代表者として会務を統括するほか諸会合を召集して総会の議決事項
        を執行します。
        2.副会長は会長を補佐し,会長事故ある時はその代行をします。
        3.会計は,会計事務を執り,総会に予算を提出して承認を受け,年度末総会において
        決算報告をします。
        4.庶務は,本会の議事を記録し,また会合の通知を出すなど庶務一切を取り扱います。
        5.幹事は,育友会運営の円滑につとめます。
        6.地域委員長は各委員会の代表者として会務の推進に努めます。
        7.役員会は,役員・学校当事者によって構成し,年間の行事計画,年度予算,その他
        重要事項の立案,並びに各種委員会から立案された事業計画の審議等を行い,その遂行
        にあたります。 月1回の例会をもちます。
      第3項  任期
        1.役員の任期は1年とします。但し,再選は2回とします。
        2.役員の任期が満了しても,新役員就任までは,その任務を続行します。
        3.補欠役員の任期は,前任者の残存期間とします。
      第4項  選出
        役員の選出は,選挙細則により,毎年定期総会で選出します。

第 7 条  (委員及び委員会)
      第1項  本会に次の委員会を置きます。委員は,選挙細則によって選出します。
      第2項  任期は1年とします。
      第3項  運営企画委員会
           役員・学級委員会専門部代表・学校側当事者で構成し,諸事業並びに,教育
           問題について,運営企画の原案を審議します。
      第4項  学級委員会
           学級委員によって構成され学校の教育計画に基づき,学校家庭間の連絡,
           その他会員相互の親睦を図り,必要に応じて学年学級委員会を開きます。
           また,毎年協議の上,役員会の計画に従って専門部活動を分担します。
      第5項  地域委員会
           地域委員によって構成され,学校と協議して児童の教育環境の改善,児童の
           校外生活の補導に努めます。
           学校や,育友会の要請を受けて,地域集会,行事等の世話などにあたります。
      第6項  実行委員会
           事業の性格によって,会長の委嘱を受けた会員が,役員と共に会を開き,
           関係事項を審議します。
      第7項  会計監査委員
           本会の会計を監査し,その結果を年度末総会に報告します。

第 8 条  (総  会)
        1.学年1回開くことを原則とします。必要があれば臨時総会を開くことが出来ます。
        2.定足数は,全会員の5分の1とし,委任状があるときは,出席と見なします。
        3.総会は役員の選出・規約・細則の改正・予算・決算の承認など重要な事項を審議
          決定します。
        4.議長は,その都度,役員以外の会員より選出します。議事,議決は出席者の多数決
          により決定します。
        5.臨時総会は,緊急議事を審議します。

第 9 条  (会  計)
        1.会費は,月額1家庭・金200円とします。
        2.会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わります。

第 10 条  (規約改正)
        規約改正は,総会で出席者の3分の2以上の賛成によって行います。

第 11 条  この規約は,昭和56年4月25日より実施します。
                                             
以  上

■選挙細則■

第 1 条  (総  則)
        本細則は,この会の役員委員の選挙に適用されます。

第 2 条  (立候補)
        全ての会員は立候補をし,また推薦を受ける権利があります。但し,立候補するとき
        は,所定の用紙に要項を記し自ら届け出なくてはなりません。

第 3 条  (選挙管理委員会)
        選挙の少なくとも1ヶ月前に選挙管理委員会を設けて,次の業務を行います。
        (イ) 告示  (ロ) 立候補受付  (ハ) 投票管理
        (ニ) 開票管理  (ホ) 推薦委員会推薦する候補者の受付

第 4 条  (選挙管理委員)
        選挙管理委員は,会長が学級委員及び地域委員の中から,若干名指名します。必要ある
        時は,役員の中からも指名することが出来ます。 委員長,副委員長は委員の互選により
        ます。

第 5 条  (告  示)
        選挙管理委員は,選挙実施の少なくとも1ヶ月前に,その計画の細目を決定告示し
        なければならない。

第 6 条  (推薦委員会)
        選挙管理委員会は,第3条の(イ)及び(ロ)に対し,一定の期間を定め,期日経過後
        該当者ない場合は会長に報告し,会長は直ちに推薦委員会を設け,推薦委員会は,推薦
        業務を行います。

第 7 条  (推薦委員)
        推薦委員は,学級委員(卒業学年を除く)及び地域委員(卒業学年を除く)の中より
        会長が若干名指名します。  必要ある時は,役員の中からも指名することが出来ます。         委員長,副委員長は,委員の互選によります。

第 8 条  (投  票)
        選挙は,総会において無記名投票により,1人1票とします。
        会員以外の投票は認めません。

第 9 条  (信任投票)
        役員定数と候補者数が同数の場合は,信任投票をおこないます。

第 10 条  (決選投票)
        各役員の得票が,投票総数の過半数に充たない時は,高点者2名につき決選投票を行い
        ます。

第 11 条  (決定投票)
        投票数同数の時は,該当者において,決定投票をおこないます。

第 12 条  (無効投票)
        次の投票は無効とします。
        1.所定の用紙を使わないもの。
        2.姓名の判別の難しいもの
        3.被選挙者を誤ったもの

第 13 条  (開票発表)
        選挙管理委員長は,開票後,当選を確定し,直ちに次の事項を発表しなければなり
        ません。
        1.当選者氏名及び得票数
        2.有効投票数及び無効投票数
        3.その他,必要と認めた事項

第 14 条  (解  散)
        選挙管理委員会及び推薦委員会は役員選挙後解散します。

第 15 条  (会計監査)
        会計監査は,役員就任時において,会員中より選出します。

第 16 条  (補欠選挙)
        役員に欠員がおきた時は,前各条に準じて,補欠選挙を行います。

第 17 条  (学級委員)
        学級委員は,学級で3名選出します。

第 18 条  (地域委員)
        地域委員は,各地域において適宜の方法で若干名選出します。

第 1 9条  (改  廃)
        本規則の改廃は,総会において承認を得なければなりません。

第 20 条   本規約は,昭和56年4月25日より実施します。

以  上



バックナンバー