規約

京都市立川岡東小学校 PTA
MENU

規約
川岡東PTA 規約


第一条 名称
  本会は、川岡東PTAといい、事務所を川岡東小学校内に置く。

第二条 目的
  本会は、児童の福祉を増進するため、保護者と教職員が協力して学校教育と、それに
  関連する家庭並びに環境の改善に努めるとともに、会員の教養を高め、相互の親睦を
  図ることを目的とする。

第三条 方針
 一、学校教育・家庭教育・社会教育の振興をはかる。
 二、児童のために会員相互が教養を高めあい、親睦を深め、模範を示す活動を積極的に
   推進する。
 三、児童の福祉のために活動する他の諸団体及び機関と協力する。
 四、本会は、教育活動を助けるために、学校問題について討議したり、具申をすること
   はあるが、直接学校の運営に干渉するものではない。
 五、本会は、第二条の内容のとおり、民主的な社会教育団体であるから、政党・宗教・
   営利的な色彩を一切もたない。

第四条 会員
 一、本会の会員は、本校に在籍する児童の父母(保護者)と教職員とする。
 二、会員は、全て平等の権利と義務をもつ。
 三、会員は、総会にて決定した会費を負担しなければならない。

第五条 役員
 一、本会は、次の役員を置く。
   会長一名・副会長三名・庶務三名(内、教職員一名)・会計二名(内 教職員一名) 会長補佐一名以上(必要と認めた場合)

 二、役員の任務
  @会長は、本会を代表し、会務を統括し、委員を委嘱し、総会及び委員会を招集し、
   総会の決議事項を執行する。
  A会長補佐及び副会長は、会長を補佐し、会長が不在時はその代行をする。
  B副会長の内一名は、はぐくみ委員として社会教育活動及びはぐくみ研修などに
   参画する。
  C庶務は、本会の議事・事業等を記録、及び各種の通知等を発送する。
  D会計は、本会の会計事務をとり、総会にて決算報告を行い、承認を受ける。

 三、役員の選出及び期間
  @役員の選出は、別記選出細則により行う。
  A役員の任期は一年とし(四月一日〜翌年三月三十一日)、その後一年は相談役として
   役員会・運営委員会に出席する。
   兼任を認めず、再任は妨げない。
  B次期役員就任までは、前任者が代行する。
  C補欠による役員の任期は、前任者の残存期間とする。

 四、顧問
   学校長は顧問となり、総会・役員会・各委員会に出席して意見を述べることが
   できる。
 五、役員会
  @役員会は、役員・校長・教職員代表でもって構成する。
  A役員会は、本会の運営について内議し、予算及び行動計画の執行を行い、本会の
   目的達成のために努める。

第六条 委員会及び委員
 一、委員会の種類と構成
  @運営委員会
    役員と専門部正副部長・地域補導委員・校長・教職員代表をもって構成する。
    但し、会長が必要と認めた時に他の出席を求めることができる。
  A全委員会
    役員・校長・教職員・学級委員全員をもって構成する。
  B学級委員
    各学級より選出された四名が学級委員となり、その中から一名が、学級を代表し、
    学年学級委員とする。
  C専門部
    広報部・文化教養部・保健体育部
    各学級より選ばれた他の三名の学級委員は、いずれかの部に所属し構成する。
    それぞれ互選により正副部長を決める。
  D地域補導委員会
    各地域より選出された地域補導委員をもって構成し、互選により正副委員長を
    決める。
  E特別委員会
    必要に応じて、運営委員会の承認を経て構成することができる。
  F役員並びに教職員は、各委員会及び部会に所属する。
 二、各委員会・部会の任務
  @運営委員会
    1、総会に次ぐ決定機関であり、専門部及び委員会にて立案計画された事業計画、
      特別委員会設立等を審議、検討調整する。
    2、総会に提出する事業計画や会計予算について立案する。
    3、各研修会や講演会等で学習した事を発表し、報告をする。
    4、運営委員会は、構成員の三分の二をもって成立する。
  A全委員会
    本会の目的の趣旨をお互いに理解し、今後の活動について基本的なことを話し
    合う。
  B学年学級委員
    学校と家庭との連絡を密にして、教育に対する関心と理解を深め、本会目的達成の
    ため諸活動を行う。
  C専門部
    1、広報部
      会報(「かわおかひがし」)発行などを通じて、会員相互の理解を深める
      ために広報活動を行う。
    2、文化教養部
      会員相互の教養を高めるために、各種の文化・教養的な事業を行う。
    3、保健体育部
      会員の保健・安全に寄与するために、おもに体育的事業を行う。

第七条 総会
 一、総会は、本会最高の決定機関であり、予算・決算・事業計画、その他、重要事項を
   審議決定する。
 二、総会は年二回以上開き、議事内容は、少なくとも三日前に全会員に通知しなければ
   ならない。
 三、総会における議決権は、一家庭一票とする。
 四、総会は、会員の五分の一以上の出席をもって成立する。
   ただし、委任状も含む。
 五、議長は、そのつど選出し、総会の議決は、出席者の過半数をもって決定する。
   可否が同数のときは議長が決定する。
 六、臨時総会は会長が認めた時、または、会員の十分の一以上の要求があった時、
   開くことができる。

第八条 会計監査
 一、本会の会計を監査するために監査委員を二名おく。
 二、監査委員の選任は、役員選出と同様の方法で決定し、任期は一ヶ年とする。
 三、会計監査は、その年度の会計を随時監査し、その結果を総会に報告する。

第九条 会計
 一、本会の経費は、会費・その他の収入による。
 二、本会の会費は、月額一世帯三百五十円(一〇回払い)とする。但し、特別な事情の
   ある世帯については月額一世帯百七十五円(一〇回払い)とする。
   会費の変更を必要とする場合は、年度始めの総会で決定する。
 三、この会の決算は、会計監査を経て総会に報告され、承認を得なければならない。
 四、会計年度は四月一日より翌年三月三十一日までとする。

第十条 規約改正
 一、本規約は、運営委員会にはかり、総会で出席者の三分の二以上の賛成により改正
   できる。改正の結果は、全会員に報告しなければならない。
 二、この会の運用に関し必要な細則は、この規約に反しない限りにおいて内規を作り、
   運営委員会の議決を経て定める。また、細則を制定、または改正した場合には、
   その結果を、次期総会に報告しなければならない。

第十一条  附則
 一、役員選出細則は別に定める。
 二、本規約は、平成二十二年四月一日から実施する。
 三、本規約は、平成二十三年四月一日から実施する。





 選挙細則
第一条  役員の選出
 一、選挙管理委員会
  @役員選出のため選挙管理委員会を設置する。
  A地域より選ばれた委員(九地域)で構成し、正副委員長を互選する。
  B選挙管理委員会は、選挙日を決定し、十日前に役員候補者募集並びに選挙の
   指示をなす。
  C役員候補者は、次の方法により選挙管理委員会が受け付ける。
    立候補者(自ら立候補した人で本人が届出)
    推薦候補者(会員が推薦して本人が承諾の上届出)
    総会において、候補者中より会長一名・副会長三名
    庶務二名・会計一名を投票により選出する。
  D会長補佐職についてはこの限りではない。
 二、推薦委員会
  @立候補者、推薦候補者なき場合は、推薦委員会を設置する。
  A推薦委員会は、運営委員並びに先の選挙管理委員をもって構成する。
   ただし、会長が必要と認めた場合は、規約第三条第3項に規定する機関及び諸団体を
   推薦委員とすることができる。
  B推薦委員は、地域性等考慮して、適任者を本人の承諾を得て選出する。
  C推薦委員会で選出された候補者は、総会において承認されなければならない。

第二条  会計監査の選出
 一、会計監査は、推薦委員会が会員中より適任者二名を選び、総会において承認する。
 二、会計監査は、役員・運営委員を兼任することはできない。

第三条  委員の選出
 一、地域補導委員の選出
  @各地域より地域補導委員を選出し、内一名は運営委員となる。
  A選出方法は、当該地域に一任する。
 二、学級委員の選出
  @一学期始めに各学級毎に四名を立候補並びに推薦によって選出する。
  A学級委員の選出の際、会員は必ず出席とする。
   やむをえず欠席しなければならない場合は必ず委任状を提出する事とする。
  B学級委員は、役員並びに各正地域委員を兼任することはできない。
  C会員は、その児童在籍中に、いずれかの委員を積極的につとめ、特定の会員に
   負担がかからないように協力する。
  D会員は、その児童在籍中に特別な事情があり、委員を辞退しなければならない場合、
   会長及び役員に届出をし、本年度役員選出の際に、各学級会員に承諾してもらう。
  E学級委員選出は、前年度役員が責任をもって選出する。
  F以上の選出事項に従っても、委員が選出されない場合、会長及び役員が必要と
   みなした各学級は再選出を行う事が出来る。

  本細則は、平成十九年六月五日から実施する。
  本細則は、平成二十九年六月六日から実施する。
Copyright © 2018 KYOTO-Kawaokahigashi E.S.-PTA. All rights reserved.

バックナンバー
2019年度京都市立川岡東小学校 PTA2018年度京都市立川岡東小学校 PTA2017年度京都市立川岡東小学校 PTA


バックナンバー