規約

吉祥院小学校PTA規約

第1条 (各称及び事務所)

吉祥院小学校PTAと称し,事務所を吉祥院小学校内におく。

第2条 (目的)

本会の会員は,相協力して家庭と学校と地域における児童の幸福な成長を図ることを目的とする。

第3条 (会員)

1. 本会の会員は,在籍する児童の父母またはこれに代わる者(以下保護者とする)と教職員とする。
2. 保護者は,児童を本校を在籍させると同時に会員となることを原則とする。
3. すべての会員は,所定の会費を納めなければならない。
4. すべての会員は,権利・義務を平等に有する。
5. 本会に賛助会員を設けることができる。但し,賛助会員は本会の後援者で,権利・義務を
もたないものとする。

第4条 (役員)

1.本会に下記の通り役員を置く。

会長 1名 副会長 2名 会計 2名 庶務 4名 会計監査 1名
はぐくみ委員長 1名 はぐくみ副委員長 1名 広報委員長 1名
広報副委員長 1名 保健体育委員長 1名 保健体育副委員長 1名

但し,庶務・会計内,各1名は教員中より会長が委嘱する。

2.役員の任務・職権,下記のとおりとする。

(1) 会 長 …本会の代表であって,会務を統括し,各種会議は会長が招集し総会の
議決事項を執行する。PTA会員の同意をもって,各役員の任命権を有する。

(2) 副 会 長 …会長を補佐し,会長事故あるときは,その任務を代行する。

(3) 会 計 …本会員の会計事務一切をつかさどる。

(4) 庶 務 …本会の会議の議事及び事業の経過を記録整理し,文書の保管や各種の
通知を発するなどの庶務を行う。

(5) 会 計 監 査 …その年度の会計を監査し,監査した結果について総会で報告する。
吉祥院ふれあいジャンボリー代表者会議にPTAの代表として出席をする。

(6) はぐくみ 委員長 …はぐくみ委員長の代表者であって,はぐくみ委員会の会務を総理する。

(7) はぐくみ副委員長 …はぐくみ委員長の補佐をする。

(8) 広 報 委 員 長 …広報委員会の代表者であって,広報委員会の会務を総理する。

(9) 広 報 副委員長 …広報委員長の補佐をする。

(10) 保健体育 委員長 …保健体育委員会の代表者であって,保健体育委員会の会務を総理する。

(11) 保健体育副委員長 …保健体育委員長の補佐をする。

第5条 (役員選出)

1.第4条の役員の選出は,役員選挙細則によりこれを行う。
2.役員の任期は1ヶ年(会計年度と一致する)とし,留任は妨げない。
但し,同一役職の任期は継続して2ヶ年を超えてはならない。
3.役員は,任期が満了しても新役員の就任する日まで任務を遂行する。
4.役員は,一人一役とする。
5.補欠役員の任期は,前任者の残存期間中とする。但し,6か月以上経過している場合の
判断は運営委員会にて審議する。

第6条 (委員会)

本会の委員会は,下記のとおりである。

1.委員会の種類

(1) 運営委員会
(2) 常設委員会
(3) 特設委員会

2.委員会の構成

(1)運営委員会
役員・常設委員会の正副委員長と学校長により構成する。(3項より移動)

(2)常設委員会
財務厚生・地域補導・はぐくみ・保健体育・広報の各委員会を置く。(3項より移動)

(3)特設委員会
非常設の委員会であり,会の運営上の必要と認めた場合,総会及び運営委員会の決定により
設けることができる。(第8条より移動)

第7条 (委員の選出)

1.財務厚生委員は,各登校班に若干名選出され,正副委員長は委員の互選により決定する。
2.地域補導委員は,各登校班に若干名選出され,正副委員長は委員の互選により決定する。
3.各学年の委員は,学級ごとに3名選出される。
4.学級委員は,はぐくみ・保健体育・広報の各委員会に学級ごとに1名ずつ所属する。
5.各常設委員会の正副委員長は,一人一役とする。
6.委員の任期は,すべて1ヶ年とし,留年は妨げない。但し,2ヶ年を限度とする。

第8条 (各委員会の任務)

1.運営委員会

(1)各委員会により立案された事業計画を審議する。
(2)総会に提出する書類の審議並びに作成をする。
(3)必要ある場合に特設委員会を設ける。
(4)総会における委任事務を処理する。
(5)緊急の時,代行決議機関となる。
(6)その他の事項

2.常設委員会

各委員会は事業の企画案を行い,その計画を実行する。

(1)財務厚生委員会 各町内における会費んお集金を行い,児童の福祉厚生に関する企画運営に
あたるとともに,会員相互の親睦を図る。

(2)地域補導委員会 児童の校外生活の正しい指導と登下校時の安全を確保し,会員間の連絡と
親睦を図る。

(3)はぐくみ委員会 会員の教養を高めるための企画運営にあたるとともに,会員相互の親睦を
図る。「育み」を通して、親・子・家庭の問題を共有し,共に学び,
支え合う活動,及び「育み」「育ち」に関わる課題の提案と意見交換の
場の提供を行う。

(4)保健体育委員会 会員の保険・体育に関する企画運営にあたるとともに会員相互の親睦を
図る。

(5)広報委員会 本会の運営について広報活動を行い,会員相互の連絡を密にする。
機関誌(硯の水)の発行を担当するとともに会員相互の親睦を図る。
当校PTAホームページの運営管理を行う。

第9条 (総会)

総会は,定時総会及び臨時総会とする。

1.定時総会は,原則として毎年5月末までと3月末までに行うものとする。
2.臨時総会は,運営委員会が必要と認めたとき,及び会員の10分の1以上より,会の目的たる
事項を示して請求があったときに行うものとする。

第10条 (総会に付議すべき事項)

次の事項は,総会の議決を経なければならない。

1.規約の改定。
2.役員の選出並びに変更。
3.会計の収支決算及び予算案の承認。
4.事業報告及び事業計画案の承認。

第11条 (総会の決議方法)

1.総会は,総会員の過半数の出席により成立する。
2.出席できない会員は,議決権の行使を会員である代理人に委任することが出来る。
この場合,会員は委任状を提出しなければならない。
3.総会の議決は,出席会員(合委任状)の過半数で行う。
4.総会の議決事項は,全会員に文章をもって報告する。

第12条 (会計)

1.本会の会費は,一家庭月額250円とする。
2.賛助会員は,一口1000円とする。
3.本会の経費は,会費・寄付金その他の収入をこれに当てる。
4.本会の会計年度は,毎年4月1日に始まり翌年3月31日で終わる。
〈附則〉(参与・補佐役員(前会長・前年度役員))
1.前会長は参与とし,運営委員会に出席し,会長・役員を補佐することができる。
但し,本校に在学児童がいない場合は,その場限りではない。
2.前年度役員は補佐役員とし,現役員より要請があれば,運営委員会に出席し,
会長・役員を補佐することができる。
但し,本校に在学児童がいない場合は,この場限りではない。

この規約は,平成31年2月27日より施工する。


役員選挙細則
1.役員の選挙管理委員会(以下管理委員会と称す)

(1)構成と任務

ア 管理委員会は,選挙日の30日前までに設置し役員確定後は解散する。
イ 管理委員会は,現本部役員が兼ねる。
ウ 委員長は,現会長が兼ねる。
エ 管理委員会は,役員選挙に関する所定の事務を処理する。
オ 事務所は,吉祥院小学校に置く。
カ 管理委員会が,選挙の日,並びに候補者届出の期日を告示する。

(2)事前の事務

ア 候補者の受付
イ 候補者の発表

2.役員候補者推薦委員会(以下推薦員会)
(1) 推薦委員会は,11月中旬までに設置し,役員確定後は解散する
(2)推薦委員は,現本部が兼ねる。
(3) 委員長は,現会長が兼ねる。
(4) 推薦委員会は,会長候補者を推薦し,管理委員会へ報告する。
(5) 推薦委員会は,管理委員会に報告する以前に,候補者についての
被推薦同意を得なければならない。

3.会長候補者の種類と届出
会長の候補者は,次の2種とし,いずれも選挙の10日前までに必要事項を具し
て管理委員会に届けなければならない。

(1) 立候補
自ら立候補したもので本人から届け出る。
(2) 推薦候補者
推薦委員会で推薦したものを推薦委員会から届ける。

4. 会長候補者の選挙の順序
選挙の当日,管理委員会は下記の事務を行う。

(1) 全候補者の氏名を会場に掲示する。
(2) 推薦委員長は,委員会の経過報告をする。
(3) 管理委員会は,各候補者の紹介をする。
(4) 選挙は,無記名直接投票で行う。
(5) 当選の決定
ア 最多数の投票者を当選する。
イ 候補者が1名のときは信任投票を行う。
(6) 管理委員長は,当選を確認し発表する。

5. 会長を除く役員(副会長(2名),会計(1名)),庶務(3名),
会計監査(1名),はぐくみ委員長(1名),はぐくみ
副委員長(1名),広報委員長(1名),広報副委員長
(1名),保健体育委員長(1名),保健体育副委員長
(1名))13名の選出。
(1) 立候補
自ら立候補したもので本人から届け出る。
(現1〜5年生保護者)
(2) 立候補者が14名以上の時は,管理委員が調整する。
(3) 立候補者が13人に満たない場合は,立候補者を除いた残りの定数を
現3・4年生の保護者から,クラスごとに選出する。
(詳細については,その都度管理委員会から知らせる。)
(4)役員の決定は,12月20日までとする。
(5) 役職の決定は,2月末までとする。
6. 就任の時期
新役員の就任時期は,4月1日とする。
☆この選挙細則は,平成27年度より実施する。














バックナンバー