規約

九条塔南PTA会則

名称
第一条 本会は九条塔南PTAといい、事務所を九条塔南小学校内におく。
目的
第二条 本会は九条塔南小学校児童の福祉増進のため親(親のない場合は保護者)と教員とが協力して、学校教育の促進並びに学校・社会・家庭の環境整備改善につとめ、また自らの教養を高め相互の親睦を図ることを目的とする。
性格
第三条 一、本会は第二条を本旨とする民主的な社会教育団体で政党的・宗教的・営利的な色彩を一切もたない。
二、教育基本法の精神にのっとり、児童の円満な人格形式に資する教育の理解と推進に協力する。
三、親(親のいない場合は保護者)及び教員が自らの教養を高めるために各種の研修や社会見学等を行う。
四、本会は学校問題について討議したり、またその活動を助けるために意見を具申することはあるが、直接学校の運営に干渉するものではない。
会員
第四条 一、本会は九条塔南小学校に在籍する児童の親(親のいない場合は保護者)と教員をもって組織する。
二、会員は所定の会費を納めることを本体とし、
○役員委員に対する選挙被選挙権を行使すること。
○動議を提出すること、及び賛否を表明すること。
○自由に意志を述べること。
等ができる。
三、第一項に定める会員外で本会の趣旨に賛同するものを賛助会員とすることができる。
賛助会員は選挙権議決権を持たない。
役員
第五条 本会の役員は左の通りである。
一、役員の種類と数
(イ)会長 一名(ロ)副会長 二名(ハ)庶務 一名
(ニ)会計 一名(ホ)本部役員 四名 (へ)はぐくみ委員長 一名
二、役員の任務
(イ)会長は本会を代表し、本会の事務を統括し、機関の議決を執行し、本会の運営につき最高の責に任する。
(ロ)副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はその代行をする。
(ハ)庶務は本会の議事を記録し、また諸会合の通知を発する等庶務一切を行う。
(ニ)会計は別に定めた会計細則により会計事務を執行する。
(ホ)はぐくみ委員長ははぐくみ委員会に関する事務を執行する。
※はぐくみ委員会・・・平成二十一年,子育てに孤立感や不安感を抱く親や責任を放棄する親が増えてきている状況を踏まえ,親同士が,子育てに関わる問題を共有し,話し合う中で,互いの交流を深める活動を行うため,京都市小学校PTA連絡協議会に設置された専門委員会。十六支部の支部代表が中心となって,子育てやPTA活動などについての学習会等を行い,その成果を各PTA会員に発信している。
三、役員の任期
(イ)役員の任期は二年とするも、再選を妨げない。
(ロ)(イ)から(ホ)の役員に欠員を生じた時は総会にはかって決定する。但し補充役員の任期は前任者残存期間とする。
(ハ)はぐくみ委員長の欠員が生じた時は(イ)から(ホ)の役員が代役を務めることができる。
四、役員の選挙
役員の選挙は総会において、別に定めた選挙細則に従って行う。

機関
第六条 本会に左の機関をおく。
一、種類
(イ)総会(ロ)役員会(ハ)委員総会(ニ)地域委員会(ホ)学級委員会(ヘ)特設委員会(ト)会計監査委員会(チ)選挙細則に基づく委員会
二、機関の構成と任務
(イ)総会
    1.総会は本会の最高機関であって役員選挙・予算決算・行事計画その他重要事項を審議し、出席者の過半数をもって決定する。
    2.総会は年度始めに行い、議事内容は一週間前に会員に文書をもって通知する。
    3.臨時総会は会長が必要を認めた時、または会員の十分の一以上の要求があった時開くことができる。但しこの場合は三日前までに議事内容を明示し、全会員に通知せねばならない。
    4.総会は会員の五分の一以上の出席をもって成立する。但し委任状を含む。
(ロ)役員会
    1.役員会は役員及び校長・教頭をもって構成し、必要ある時は会計監査委員を加えることができる。
    2.会長は必要に応じて役員会を召集し、本会の運営につき内議し、また既決議事項に関する事務を処理する。
(ハ)委員総会
委員総会は役員・全委員及び校長・教頭をもって構成し、次の任務にあたる。
    1.役員会及び委員会で立案された行事計画その他重要議案を審議し、委員会相互の調整を図り、総会議案を決定する。
    2.緊急を要する場合は総会に代わることができる。この場合は次の総会に報告し、承認を求めなければならない。
(ニ)地域委員会
     1.地域委員会として会員・保健・補導の三委員会を置く。
     2.地域委員会は次の事項について計画し、総会(委員総会)の承認を経て執行することを原則とする。
     a会員委員会は会員相互の親睦を図り、教養を高めるための各種研修会や社会見学を計画し、本会の趣旨の普及徹底につとめると共に、地域内委員の会費を集める。
     b保健委員会は児童の保健に協力すると共に、会員の保健衛生の啓蒙につとめる。
     c補導委員会は児童の校外生活を補導し、その福祉を増進する。
(ホ)学級委員会
     1.学級委員会は学級単位に構成し、その学級の会員を代表する若干名の委員と担任教員をもって組織する。
     2.学級委員はその学級及び学年の児童の学習補導等に関して学級担任及び学校長の相談に応じ、学級児童の福祉や学級経営に協力する。
     3.学級委員会において議決した事項は必ず会長・学校長に報告し、その承認を得た後に実施するものとする。
     4.学級委員は学級会員の意志を代表して、学級及び本会の行事運営等について意見を具申することができる。
     5.学級委員会には必要に応じ、校長(代理者)役員が参加することができる。
(ヘ)特設委員会
     1.臨時に必要ある時は総会または委員総会の承認を経て、各種の委員会を特設することができる。
     2.この委員会は特定の行事について計画し、委員総会にはかって実施し、行事終了と共に委員総会に結果を報告して解散する。
(ト)会計監査委員会
     1.総会において、本部役員経験者より二名の委員を選出する。
     2.会計監査委員会は年度内会計事務を臨時監査し、その結果を総会に報告する。
(チ)選挙細則に基づく委員会
役員選挙細則に基づき、候補者選考委員会並びに選挙管理委員会を設ける。
(リ)各委員会に正副委員長をおく。但し会計監査委員会を除く。
三、委員の選出委嘱と任期
(イ)地域並びに特設委員会の委員の選出は地域会員の互選によるを原則とするも、総会又は委員総会にはかって選出方法を定めることもできる。
(ロ)学級委員はその学級の会員が互選する。
(ハ)地域及び学級委員は毎年度始め、特設委員は特設の都度選出する。
(二)正副委員長の選出はその委員会委員の互選とする。但し学級委員会は学年単位により選出する。
(ホ)各委員及び正副委員長は会長がこれを委嘱する。
(へ)各委員の任期は一か年とする。但し特設委員の任期はその委員会の特設期間とする。
会計
第七条 本会の経費は会費及びその他の収入によって支弁する。
一、会費は月額一口壱百円とする。但し各月二口以上を納入することもできる。
二、会計年度は四月一日に始まり、翌年三月三十一日をもって終る。
三、会計事務の処理は別に定める細則による。
会則改正
第八条 本会則の改正は総会において出席者の三分の二以上の賛成を要する。但し改正案の内容は総会の一週間前に全会員に通知しておかねばならない。
解任
第九条 役員・委員中に不適格者のある時は、会員の三分の二以上の賛成によりリコールすることができる。

付則
この会則は昭和五十二年四月一日より施行する。

役員選挙細則
一.役員選挙のためこの細則を設ける。この細則は役員・委員の補欠選挙にも適用する。
二.本会の役員数については次の通り定める。
    会 長    一 名     新本部役員   四 名

三.役員の選挙は予め設けた候補者について投票にて行う。
四.役員の候補者は次の通りである。
  1.自立候補者
会員は誰でも役員に立候補することができる。
この場合定められた日限内に文書もって選挙管理委員会へ自ら届出るものとする。
  2.推薦候補者
  会員は十名以上のグループをもって役員の候補者を推せんすることができる。
この場合は、推せん者連名の推せん書に被推せん者の承諾書を添え、定められた日限内に推せん者から選挙管理委員会に届出るものとする。
  3.指名候補者
 候補者選考委員会の指名により立候補したもの。
五.本会は役員候補者選考のために候補者選考委員会を設ける。
六.候補者選考委員会の構成は会長が委員総会にはかってきめる。
七.候補者選考委員会は役員委員の候補者を選考し、被推せん者の承諾書を添えて所定の日限内に選挙管理委員会に推せん届出をする。
八.選挙事務を行うために選挙管理委員会を置く。
九.選挙管理委員会の構成は会長が委員総会にはかって決める。
十.選挙管理委員会の任務は次の通りである。
  1.立候補届出の期限を定め立候補届を受付ける。
  2.候補者について資格審査を受付ける。
  3.候補者名簿を作成し、全会員に発表する。
  4.選挙に必要ある一切の業務を行う。
投票に先んじ候補者又は推せん者に意見発表及び紹介の機会を与える。
十一.選挙投票は種別毎に無記名投票とする。
  1.投票数の過半数得票をもって当選とする。
  2.各候補者とも得票過半数に達しない場合は、平均得票数に達したものにつき再度投票を行う。
  3.得票同数の場合は再投票を行う。
十二.選挙管理委員長は選挙の結果を会長に報告し、会長は全会員に発表する。
会計細則
一.会費は毎月各町内毎に会員委員が徴収し、その月の中旬までに会計に納入する。
二.会員委員は地域内会員について毎年度始め会費徴収簿二通を作成し、一通は会計に提出、一通を保管して会費領収毎に該当らんに捺   印する。
三.会員委員より領収した会費その他の収入金は必ず銀行預金とする。
四.本会事務所に備える会計簿冊は次の通りである。  
  1.予算書・決算書
  2.現金出納簿
  3.予算差引簿
  4.会費領収簿
  5.金銭支払証
  6.その他必要な書類
五.臨時会計については事業終了の都度清算し監査委員会の監査を経て委員総会に報告承諾を得て全会員に報告する。

   慶弔細則
一.会員(両親、両親のない者は保護者)死亡の場合は香典五、〇〇〇円としきみ一対をお供えをして会長が会葬する。
二.児童死亡の場合は、香典五、〇〇〇円としきみ一対をお供えし、役員・学級員が会葬する。
三.本校に勤務する教職員に慶弔のあった時は、次のことをもってその意をあらわす。
  1.結婚、子女出産のときは三、〇〇〇円のお祝を贈る。
  2.病気等により一ヶ月以上欠勤した時は三、〇〇〇円または相当額の見舞い品を贈る。
3.災害見舞いはその都度、役員会に一任する。
4.本人死亡の場合は香典五、〇〇〇円と、供花又はしきみをお供えし、役員・委員会葬する。会長は弔辞を捧げる。
5.配偶者、両親、子、死亡の場合は香典三、〇〇〇円としきみをお供えし役員・学級委員、会葬する。
6.その他の同居家族死亡の場合はしきみを供え、会長会葬する。
7.遠隔の場合は、会葬・お通夜を弔電にかえる。
8.その他、事情によって必要な措置は役員会に一任する。
四.これらに対して一切お返しはしない。


平成二十九年度六月改定


バックナンバー