しょくぶつをそだてる

学校のホームページに植物の様子がアップされています。
学校が再開して育った植物を見るのが楽しみですね。
植物の絵本や図鑑を紹介します。
京都市図書館ももう少しで再開します。借りて楽しんでみてね。

『ソフィーのやさいばたけ』 ゲルダ・ミューラー/BL出版
ソフィーは、夏休みにいなかのおじいちゃんのところに行きます。
おじいちゃんの畑仕事を手伝いながら、普段自分が食べている野菜がどんな風にできるのか、手間をかけて育てられている野菜が本当においしいことを知ります。

『とまとのひみつ』 山口進/福音館書店
トマトのふしぎな力が見られる写真絵本です。
この夏トマトを育ててみては。

『ぼくのにわができたよ』ゲルダミューラー/文化出版局
荒れ放題の庭を家族力を合わせて素敵な庭に変えていきます。
植えた種の芽は出てきましたか?育つのが楽しみですね。

『園芸図鑑』さとうち藍 文 、藤枝 つう、佐野 裕彦 絵/福音館書店
読んで楽しい、使って役に立つ、園芸の入門書

『ルピナスさん』バーバラ・クーニー/ほるぷ出版
「世の中を、もっとうつくしくするために、なにかしてもらいたい」おじいさんとの約束を果たすために主人公がしたことは・・・
ルピナスは日本ではノボリフジともいわれているきれいな花です。

『木の本』高森登志夫 絵、萩原信介 文/福音館書店
庭や公園、雑木林など、身近で見られる樹木図鑑の決定版。
葉っぱから調べられる木の葉のさくいんがあります。

『草花とともだち』松岡達英 構成、下田智美 絵・文/偕成社
みんなも草花とともだちになってみよう。

『植物記』埴沙萠 作/福音館書店
身近にみられる植物でも、その生態はよくわからないですよね。
草や木の芽ばえ、夜さく花、たねのゆくえなど、写真で紹介した本です。

『たね(ずかん)』近田文弘 著、久保秀一 写真 / 技術評論社
あの植物の種はこんな形!へぇーとつい口に出してしまう楽しい図鑑です。



バックナンバー