昔ばなしの本

保護者の皆様、子どもたちと家の中で、大変な時間を過ごしておられると思います。
お仕事、食事作り、その他の家事、子どもたちの相手・・・。本当に大変です。

でも、ほんの10分ほどでいいから、子どもたちに本を読んであげて、一緒におはなしの世界を旅してみませんか?読んであげるには、昔の人の知恵や生きる力がつまった昔話がぴったり。
もう小学生・中学生なんだから、本は自分で読めばいい!と思われるかもしれませんが、読んでもらった記憶は、子どもたちの心に温かく残り、これからの生きる力になります。
下のリストは、子どもたちに語る(読んであげる)昔話の本のリストです。ご参考になさってください。
保護者の方もおはなしの世界を楽しんでみてください。

 子どもたちに語る昔話の本のリスト

・ 愛蔵版 おはなしのろうそく1〜10 (東京子ども図書館編)

・ 子どもに語る 日本の昔話1〜3(こぐま社)
・ 子どもに語る グリムの昔話1〜6(こぐま社)
   このシリーズは、他にも北欧・アジア・イタリアなど色々出版されています。

・ 子どもに聞かせる 世界の民話(矢崎源九郎・編 実業之日本社)

・ イギリスとアイルランドの昔話(石井桃子・編・訳 福音館書店)

・ 日本の昔話 全5巻(小澤俊夫・再話 福音館書店)



バックナンバー