規約

《明徳小学校PTA規約》
   (名   称)
第1条  本会は明徳小学校PTAと称し,事務所を明徳小学校に置く。
   (目   的)
第2条  本会は保護者と教職員が協力して,明徳小学校(以下学校という)と家庭と社会における児童の福祉を増進することを目的とする。
   (主   張)
第3条 本会は第2条を達成するために下記の主張をする。
(1) 本会は学校教あ育の促進を本旨とする民主的団体であって,他の社会諸団体と協力はするが,それらの支配や干渉等を受けるものではない。
(2) 世界の平和と人類の福祉に貢献する人間の育成をめざす新しい教育をよく理解するように努め,その推進に協力する。
(3) 保護者が自覚して家庭生活及び社会生活の水準を高め,児童の幸福や正しいしつけができるよう市民教育の高揚を期する。
(4) 本会は学校の諸問題について討議し,またその活動を助けるために提案し,参考資料を提供することはあるが,学校の管理や教育の内容,また人事に干渉するものではない。
(5)本会は適当な手段により,完全な教育予算を確保する運動に協力する。
   (会   員)
第4条 本会はこの学校の保護者と教職員で組織する。すべての会員は第2条を達成するために下記の活動に協力する。
(1) 会員は所定の会費を納めること。
(2) 役員または委員等を担うなど,積極的にPTA活動に参加すること。
(3) 動議を提出すること,賛否を表明すること及び自由に意見を述べること。
(4)  その他,民主的合議制により,運営する。本会の主旨に賛同するものは特別会員になることができる。但し,役員になることはできず,特別会員は議決権をもたない。
   (選   出)
第5条  本会における役員・各種委員の選出は,明徳小学校PTA選出細則により行う。
   (役   員)
第6条 本会は下記に掲げる役員を置く。
尚,会長が必要と認めた場合は,下記に掲げる役員数に加え,必要数を置くことができる。
     1.会 長   1名
     2.副会長   2名(但し1名は,はぐくみ委員を兼任)
     3.書 記   2名(但し1名は,学校教職員)
     4.会 計   2名(上記に同じ)
但し役員は兼任できない。                                                   
   (役員の任務)
第7条 役員任務は次の通りである。
(1) 会長は本会の代表者であって会務を統括し,総会及び実行委員会を招集し総会の議決事項を執行する。又各種委員会の委員並びに委員会を委嘱する。
(2) 副会長は会長を補佐し,会長不在の場合はその職務を代行する。
(3) 書記は総会及び実行委員会の議事を記録し,各種会合の通知をする等一切の事務を行う。
(4) 会計は別に定める会計細則により,本会の収支を経理し総会においてその収支を報告する。
但し,年度末総会においては会計監査委員会の監査を経なければならない。
   (役員の任期)
第8条 役員の任期は次の通りである。
(1) 就任は4月1日とする。任期は1年とし再任をさまたげない。
但し,学校教職員の役員を除き3年を超えることはできない。任期が満了しても新役員就任まではその任務を執行する。
(2) 欠員が生じた場合は会長が委嘱する。但し,任期は前任者の残存期間とする。
   (委 員 会)
第9条  本会の委員会は次の通りである。
(1) 委員会の種類
   イ 実行委員会
   ロ 常置委員会
   ハ 地域校外委員会
   ニ 選出管理委員会
   ホ 選出委員会
   へ 会計監査委員会
   ト 特別委員会
(2) 構  成
   イ 実行委員会は本会の役員と各常置・地域校外委員会の代表者,会長が認めた会員及び校長と教頭,副教頭で構成する。
   ロ 常置委員会として学級,教養,広報の委員会を設ける。必要に応じて実行委員会は,総会の承認を経て常置委員会を増減することができる。
各常置委員会は,それぞれ会長が必要と認める数の委員を学級ごとに選出し,委嘱する。
   ハ 地域校外委員会は,各自治会と協議の上,必要な数の委員を各町で選出し,会長が委嘱する。委員は,代表者を互選する。
   ニ 選出管理委員会は,年度末総会において会長が若干名委嘱する。委員は委員長・副委員長を互選する。
   ホ 選出委員会は,実行委員が兼任する。(校長を除く)委員は委員長を互選する。
   へ 会計監査委員会は,年度末総会において,承認を得る。委員は委員長・副委員長を互選する。
   ト 特別委員会は,実行委員会を経て総会の承認により設けることができる。委員は委員長・副委員長を互選する。
  (任務と任期)
第10条 本会の各種委員会の任務と任期は次の通りである。
(1) 実行委員会の任務
   イ 各種委員会によって立案された行事計画を審議検討する。
   ロ 総会に提出する報告書を作成する。
   ハ 本会以外の議会より委任された事務を処理する。
   ニ 本会の例会は必要に応じて本部が招集し開催する。
(2) 常置委員会の任務
    常置委員会は各々独自の立場で行事計画をたて,それを実行委員会に図らねばならない。
   イ 学級委員会は担任と保護者との連絡をとり,会員の親睦を図り,教育環境の整備を支援し,行事の運営に協力する。
また,次年度の常置委員選出を行う。
   ロ 教養委員会は会員の文化教養の向上を図り,家庭教育の振興を図る。
   ハ 広報委員会はPTA活動を会員に知らせ,相互の人間関係を深める。
(3) 地域校外委員会の任務
    地域校外委員会は地域との連絡に当たるとともに,児童の正しい校外の生活指導協力し,児童福祉の向上を図る。
(4) 選出管理委員会の任務と任期
    本部役員及び常置委員の代表者の公平で公正な選出が行われているか把握し,監理する。選挙における一切の事務を執り行う。任期は1年とする。
(5) 選出委員会の任務と任期
    選出細則に基づき,全会員から定員の本部役員及び常置委員の代表者を選出する。任期は1年とする。
(6) 会計監査委員会の任務
    会計監査委員会は年度中の会計を随時監査し,その結果を総会で報告する。
(7) 特別委員会の任務
    実行委員会から委嘱された特定の行事計画を行い,終了とともに解散する。
(8) 実行委員,常置委員及び会計監査委員の任期は1年として再任を妨げない。任期が満了しても新委員就任まではその任務を執行する。
但し,
   イ 原則として,各委員会の代表者を除き2種以上の委員を兼ねることはできない。
   ロ 欠員が生じた場合は補充することができる。
   (総   会)
第11条 総会は本会最高の機関であって役員・委員の承認,予算,決算,行事計画その他の重要事項を審議し決定する。
(1) 定期総会は原則として年2回開く。その議事及び会場,日時は実行委員会において定め,1週間前に全会員に通知しなければならない。
(2) 総会の定足数は全会員の5分の1以上とする。
(3) 議長は会員の中から選出する。
(4) 議事議決は出席者の多数決による。可否同数のときは議長が決定する。
(5) 臨時総会は会長が必要と認めたとき,または会員の10分の1以上の要求があるとき開催できる。
但し,この場合は3日前に議事の内容を明示して全会員に通知しなければならな
い。
   (会   計)
第12条 本会の経費は,会費その他の事業収入等によって支弁する。
(1) 会費は年額1世帯につき3,000円とする。
(2) 会計簿は会員の要求によりいつでも閲覧できる。
(3) 会計年度は毎年4月1日に始まり,翌年3月31日に終わる。
(4) 会計事務の処理は別に定めた会計細則による。
   (規 約 改 正)
第13条 本規約の改正は総会で出席者の3分の2以上の賛成を要する。
但し,改正案の内容を総会の2週間前に通知しなければならない。
   (リコ−ル制)
第14条 役員や委員の不適任者があるときは,会員の過半数の賛成により「リコ−ル」することができる。
(附   則)
 本規約は昭和29年5月1日より施行する。
    (昭和40年 5月19日 一部改正)
    (昭和45年 1月27日 一部改正)
    (昭和48年 1月23日 一部改正)
    (昭和53年 3月11日 一部改正)
    (昭和55年 3月 8日 一部改正)
    (昭和61年 3月15日 一部改正)
    (昭和62年 3月14日 一部改正)
    (昭和63年 3月12日 一部改正)
    (平成 6年 2月25日 一部改正)
    (平成 7年12月16日 一部改正)
    (平成13年 3月17日 一部改正)
    (平成20年 3月 1日 一部改正)
    (平成22年 2月27日 一部改正)
    (平成23年 2月28日 一部改正)
    (平成23年 5月28日 一部改正)
    (平成23年11月10日 一部改正)
    (平成28年 2月27日 一部改正)






《明徳小学校PTA選出細則》


第1条  明徳小学校PTA規約に定める役員及び委員の選出はこの細則により行う。

第2条  本部役員及び常置委員の代表者は選出管理委員会(以下管理委員会という)の監理のもと,選出委員により選出される。また常置委員の選出は,前年度学級委員が年度初めに各クラスから行う。

第3条  『辞退権』とは実行委員及び常置委員の候補者になることを辞退できる権利である。『カウント』とは役員及び委員の経験回数に応じて付与する数値である。
辞退権を導入するまでは,役員にも『カウント』を付与していた年度がある。
(1)  各PTA会員には,地域校外委員以外の委員を1回経験する毎に,1カウント付与される。
(2) 平成28年度以降は該当児童につき4カウント以上保有の場合,辞退権を得る。
(3) 平成20年度以降の地域校外委員のうち,実行委員会のメンバーである者には,該当児童に限り1カウント付与される。
(4)  平成23年度以降の地域校外委員のうち,実行委員会のメンバーである者は,該当児童に限り実行委員及び常置委員選出時の辞退権を得る。
(5) 平成20年度までに役員を経験した者は1カウントを持つ。
(6) 平成21年度以降に役員を経験した者は,該当児童に限り,役員及び常置委員選出時の辞退権を得る。
(7)  平成24年度以降に役員を経験した者は,一家庭につき,実行委員及び常置委員選出時の辞退権を得る。
(8)  平成23年度以降に実行委員を経験した者は,該当児童に限り,実行委員及び常置委員選出時の辞退権を得る。
(9)  平成21年度以降に役員を経験した者及び平成23年度以降に実行委員を経験した者は,立候補を除き地域校外の代表者の対象としない。
(10) 他校で役員等を経験した者であっても,本校で経験が無い者は辞退権,カウント等は得られない。

第4条  本部役員および常置委員の代表者の選出の流れは次の通りである。
(1)  選出委員は立候補を募集し,受け付ける。立候補が定員に満たない場合は学年別選出会を開催し,協議する。決定しない場合は抽選を行い,候補者を選出し管理委員会に届ける。
(2)  管理委員会はこれを精査し,候補者決定通知書を該当候補者に配布し,総会での承認手続きを行う。
(3)  立候補が重複した場合は管理委員会のもと,選挙を行う。

第5条  選挙の流れは次の通りである。
(1)  選挙事務所は明徳小学校内に置く。
(2)  管理委員会は選挙の日を定め告示し,その10日前までに全候補者を全会員に発表する。候補者の氏名は50音順で明示する。
(3)  選挙当日の事務
   イ   全候補者の氏名を大書きにして,会場に張り出す。
   ロ   管理委員会は候補者を紹介し,各候補者は3分間以内の意見を発表することができる。
   ハ   投票は秘密投票とし,投票者は無記名で,役職別に単記投票を行う。
   ニ   過半数得票者を当選とし,該当者のいないときは再投票を行う。(有効投票数の半数以上の得票者)
   ホ   管理委員会は当選者を確認し,発表する。
   へ   当選者の挨拶

第6条  常置委員の選出の流れは次の通りである。
(1)  委員選出にあたっては,児童数の少ないクラス(育成学級)を優先する。
(2)  複数児童が在籍している会員は,年長の児童のクラスでの選出を優先する。
(3)  複数児童が在籍している会員は,年長の児童のクラスでの立候補で決まらなかった場合,年少の児童のクラスに移動し,再立候補することができる。(但し,そのクラスの選出が確定されていない場合に限る)
(4)  立候補で委員が決まらなかった場合,以下の会員を対象にして抽選を行う。
   イ カウントを持たない会員
 選出アンケート未提出で当日欠席の会員カウントを持たず,別のクラスで補欠に選出された会員
   ロ イの会員がいない場合,1カウントを持つ会員
   ハ イ,ロの会員がいない場合,2カウントを持つ会員
(5)  過去に育成学級の委員を経験した場合,他の児童のクラスでの委員の抽選対象にはならない。
(6)  やむを得ない事情がある場合は抽選対象者となることを免除することができる。免除を希望する会員は,クラスの出席者の承諾を得なければならない。その際, 選出日に出席し理由を述べる,もしくは進行係に依頼する
(7)  委員決定後の免除及び交代は,本部役員会にて決定する。
(8)  各委員は会長が必要と認めた人数とする。但し,実行委員会で承認を得るものとする。
(9)  補欠の選出は年度初めに各クラスから行い,委員決定後に免除対象者が出た場合,その任を引き継ぐ。

第7条  卒業対策係の募集を年度初めに行う。
(1)  6年生PTA会員の中から募集し,カウントは付与されない。役員及び委員と兼任してもよい。
(2)  有志で運営する係なので,人数の制限はない。


(附  則)
 本細則は,明徳小学校PTA選挙細則と明徳小学校PTA役員・委員選出細則を編纂し,統合した。これを平成28年4月1日から施行する。
                   (平成28年 2月27日 制定)







《明徳小学校PTA会計細則》


原則:会員一人ひとりが同じ権利と義務をもっています。

・会費は会員全員に還元するよう努める。
・単年度赤字にならいようする。
・原則としてPTA行事では ,一部の参加者の為にだけに会費を支出することはしない。
よって景品 ,参加賞は出さない。(親睦会 ,収穫祭等)
 但し ,講習会における材料費の一部をから支出すことは認める。
 ※ 材料費の一部負担を認めることにより,会員の負担を軽減し,参加しやすいPTA活動にする為。
・各委員会の支出にあたり ,運営費は本部の承諾を得る。
・交通費は ,車の場合一台につき500円とする。(但し ,岩倉近辺は除く)駐車代はその領収書を提出し支する。公共交通機関使用場合は各自申請金額を支出する。
・慶弔費においては ,「明徳小学校PTA特別内規」に準ずる。
・講師料は予算内で本部に相談の上 ,決定する。支払うことにした場合は ,
各委員会予算内で支払うことする。
・謝礼は予算内で本部に相談の上,決定する。支払うことにした場合は ,
各委員会予算内で支払うことする。


 平成20年3月14日制定施行
 平成23年5月14日一部改正











バックナンバー