規約

PTA規約は掲載せず、「ホームページ活用ガイドライン」及び「同運用内規」をご覧頂けるように致しました。

 【南太秦小学校PTAホームページ活用ガイドライン】

1.(ガイドライン策定に当たって)
ホームページ(以下HP)を公開することは、国内に留まらず全世界に情報を発信することであり、不特定多数の人がその 情報を入手することになる。基よりPTAは、会員と教職員が全ての子供達の健全な育成を図ることを目的として結成された社会教育関係団体であり、HPの活用に際して、特定の思想や信条あるいは営利目的のために運用されることのないよう、その適正かつ円滑な活用を行なうために、以下の通り南太秦小学校PTAのHP活用ガイドラインを定めるものとする。

2.(HP公開の目的)
南太秦小学校のPTA活動の特色と状況を紹介し、その活動について広く理解を得るとともに、PTA活動をより充実・発展させるためにのみ活用するものとする。

3.(校内IT委員会の設置)
HPを作成し公開するに当たり、著作権法・京都市個人保護条例等の関係法令の遵守は基より、人権の尊重・個人情報 の保護・知的所有権の尊重等を十分に留意するため、HPの活用について運営・管理するための校内IT委員会を設置するものとする。

4.(校内IT委員会の構成)
PTA会長・学校長、その他、PTA会長・学校長が必要と認めたものにより構成する。また、本委員会の委員長は学校長 が務めるものとし、PTA会長が副委員長としてサポートするものとする。校内IT委員会の会議は、必要に応じて開催する ものとする。

5.(校内IT委員会の役割)
(1)公開するHPの内容は、あらかじめ校内IT委員会の   承認を得るものとする。
(2)HPの内容について定期的に検討し、公開の目的から   逸脱しないようにする。
(3)公開した情報に関して問題が生じた場合は、その対処   に当たる。
(4)HPの管理・運営を行なえる人材を育成する。

6.(HP掲載禁止事項)
(1)以下の内容を伴う情報をHPに掲載することを禁止す る。また、判断の難しい内容については、京都市PTA連 絡協議 会「IT委員会」に相談の上、校内IT委員会にて 協議するものとする。
 @第三者の著作権・人権・財産・プライバシー等を侵害す  るもの。
 A第三者を誹謗中傷したり、第三者に不利益をもたらすと  判断されるもの。
 B法律に反するもの、公序良俗に反するもの、教育利用上  不適当と判断されるもの。
 C犯罪行為に結びつく恐れのあるもの。
 D営利・政治・宗教活動を目的としたもの及びその準備を  目的としたもの。
 E児童の安全確保上問題のあるもの。
(2)既にHPに記載している事項でも、以下の場合は校内 IT委員会の責任においてHPからデータを削除するもの とする。
 @校内IT委員会で公開の継続が望ましくないと判断され  た場合。
 A著作権・肖像権を持つ本人及び会員から削除の依頼が   あった場合。
 B情報を公開する必要がなくなった場合。

7.(著作権等の保護について)
(1)著作物の公開に際しては、必ず著作権者の了解を得た  上で、その旨の表示を行なうこと。例えば、キャラク   ター商品やロゴマークは基より、有料施設内や拝観料を  徴収している寺院内、無償であってもその施設の性格等  を十分に考慮し、必ず了解を得ること。
(2)著作権者の明記をすること。(各ページ及び各データ  における著作権を明記すること)
(3)出版物のコピー等を用いる場合は、必ず出版社の了解  を取り、その旨を明記すること。
(4)肖像権等他の諸権利についても上記と同様に扱うこ    と。

8.(個人情報の保護について)
(1)HPに個人情報を掲載する場合には、本人の同意を得  るものとする。また、掲載しようとする個人情報が児童  のもの である場合は、当該児童の保護者の同意も得な  ければならない。
(2)HPに掲載する対象者は、本校の児童・保護者・PT  A会員・教育活動協力者とする。
(3)HPに掲載できる個人情報
 @氏名個人作品を発表する場合、または教育活動における 取り組みや、効果を紹介する場合において、氏名を掲載す ることにより、本人及び他の児童の意欲向上が期待できる 場合等においても、イニシャルのみの掲載とする。
 A写真PTA活動の内容をより明確に伝える効果が期待で きる場合に限り掲載できる。但し、安易な掲載は禁止す  る。また、児童の顔写真を掲載する場合には、必要最小限 とし掲載する写真と同時に掲載したたの情報との組み合わ せにより、当該児童の氏名が明らかにならないように配慮 する。
 B活動記録 PTA活動・製作作品・大会参加状況・表  彰・受賞理由・調査研究成果・児童会活動・クラブ活動  等。学校教育活動協力者の場合は、肩書き・経歴・協力内 容の掲載も可。

9.(リンクについて)
(1)営利・政治・宗教活動を目的とする団体や個人の運営 するページへのリンクは行なわないこととする。但し、H Pの構成上不可欠な場合にあっては、以下のことに注意を し第三者が宣伝・広告・布教行為と判断できる内容となら ないようにすることとする。
 @掲載の趣旨を明確にする。
 A宣伝・売名等の意図が明確なページへのリンクは行なわ ないこと。
 B目的とする内容を含むページへ直接リンクを張るこ   と。
 C掲載の必要(目的)が無くなった場合は速やかに削除す ること。
(2)リンク先の許諾を得ること。また、他者のページへの リンクであることを明示すること。

10.(その他)
本HPガイドラインの改訂・改廃、または、規定のない事項の取り扱いについては、校内IT委員会にて協議し決定するものとする。
   (付則)
本HPガイドラインは平成17年度中よりテスト運用を開始し、問題点等があれば随時対応を考えて行くものとし、平成19年度より本格的な運用開始を目指すものとする。


【南太秦小学校PTAHP活用ガイドライン 運用内規】

 南太秦小学校PTAホームページ活用ガイドライン(以下HPGL)によって運用される中で、特に情報を配信する場合の配信範囲や内容による決済者等を取り決める。また、実際にHPの管理・運用に携わる者、その場合のパソコンの使用方法について取り決める。但し、校内IT委員会にて必要と認められた場合は、いつでも本内容を変更することができる。
※配信の範囲と決済について
1.配信の範囲を限定するために、以下のカテゴリーに登   録を分類する
 @学校長及び学校長の認めた者
 APTA会長及びPTA会長の認めた者
 BPTA役員
 CPTA運営協議会委員
 DPTA学年委員会委員
 EPTA保健委員会委員
 FPTA文化委員会委員
 GPTA広報委員会委員
 HPTA校外補導委員会委員
 I校内IT委員会にて必要と認めた地域団体の長及び認め  た者
2.配信内容による決済権と配信範囲について
 @学校長の決済で全登録者に配信できるもの
  ・気象状況による臨時措置情報
  ・光化学スモッグ情報
  ・運動会、遠足、修学旅行等の学校行事に関わる臨時情   報
  ・事件性のある情報や不審者情報で緊急性のあるもの
 A学校長とPTA会長が相談の上、配信範囲も含めてPT  A会長の決済で配信できるもの
 ・事件性のある情報や不審者情報で緊急性のないもの
 ・その他必要と認めた情報
 B学校長とPTA会長で判断が難しい場合は、京都市PT  A連絡協議会「IT委員会」に助言を求める等の措置を   取った上で、校内IT委員会委員長が決定する
   
※情報の管理について
 @PTA所有のパソコンで扱う情報は、事前に運営協議会  の承認をすべて得ること。
 A名簿等個人情報が記載されている情報を扱う場合は、パ  ソコン本体に記憶させることは絶対に不可。また、外部  媒体に記憶させる場合は、その管理責任を明確にするこ  とを義務とする。
 B個人情報が記載されていない情報であっても、外部媒体  に記憶させる場合は、その情報を扱う者及び責任者が十  分な留意をもって扱うこと。
 C情報の管理について不明な点や情報が漏洩している可能性があると感じた時は、PTA会長ないし副会長に速やかに連絡すること。
※パソコンの使用方法について
 @当面の配信の方法について
 ・校内IT委員会ないしPTA会長の要請により、項目1 の@が配信する。(配信内容については、何らかの方法で 渡するものとする)
 Aパソコン本体の媒体に記憶させておいても良い情報
 ・PTA規約・実行細則・選挙細則・HPGLや内規等の  関係
 ・広報紙・PTAだより等の配布資料情報
 ・役員会・運協・各委員会の活動報告や状況情報
 ・その他HP作成・更新に必要な情報
Bパソコン本体の媒体に記憶させては絶対にいけない情報
 ・名簿等の個人情報が記載されているもの
 ・個人の私用目的情報
 ・その他運営協議会で承認されていない情報


バックナンバー