規約

元町小学校PTA規約

第一章 名称

第一条
この会は、元町小学校PTAという。この会は、事務所を元町小学校に置く。


第二章 目的

第二条
この会は父母と学校長・教職員とが協力して、家庭と学校と社会における、児童の幸福な成長をはかることを目的とする。
第三条 
この会は前条の目的をとげるために、次の活動をする。
[1] 生涯学習を推進するために、会員の成人教育を盛んにする。
[2] 家庭と学校との緊密な連絡によって、児童を保護善導する。
[3] 家庭と学校と社会における、教育的環境をよくする。
[4] 学校に対する公費の確保に協力する。


第三章 方針

第四条
この会は、教育を本旨とする民主団体として、次の方針に従って活動する。
[1] 児童の教育ならびに福祉のために活動する他の団体および機関と協力する。
[2] 特定の政党や宗教にかたよることなく、また営利を目的とする行為は行なわない。
[3] この会、またはこの会の役員の名で、公私の選挙の候補者を推薦しない。
[4] この会は、自主独立のものであって、他の団体から支配・統制・または干渉を受けない。
[5] 学校の教育方針、および人事、ならびに管理には干渉しない。


第四章 会員

第五条 
この会の会員は正会員および賛助会員の二種とする。
[1] 正会員は、この学校に在籍する児童の父母またはこれに代わる者【以下「父母」という】および学校長・教職員とする。
[2] 賛助会員は、正会員以外の者この会の主旨に賛同し連絡協議会の承認を得た者とする。
第六条 
この会の会員は、すべて会費を納める義務を有する。ただし、会長が認めた時は免除することができる。


第五章 経理

第七条 
この会の経費は、会費・事業収入、および自発的な寄付金によって支弁される。
第八条 
この会の経理は、総会において議決された予算に基づいて行なわれる。
第九条 
この会の資産は、すべて第二章にあげた以外の目的のために支出、または使用してはならない。
第十条 
この会の会費は、正会員は一家庭あたり月額四〇〇円、賛助会員は一口月額一〇〇円とする。
第十一条 
この会の経理は、会計監査を経て、会員に報告されなければならない。
第十二条 
この会の会計年度は、毎年四月一日から始まり、翌年の三月三十一日に終わる。
第十三条 
この会の経理については、別に会計規定を定めることができる。


第六章 役員とその選挙

第十四条 
この会の役員は、次の通りである。
[1] 会長  一名
[2] 副会長 二名
[3] 庶務  二名(内一名は教頭)
[4] 会計  一名
第十五条 
役員の任期は一年とし、他の役職との兼任は認めない。
第十六条 
役員の選出は次のとおり行なわれる。本部役員は、次の職務を行なう。
ア 候補者届け出を受け付ける。
イ 候補者の資格を審査する。
ウ 同一家族が二学年以上にわたり選出された場合は、高学年優先とするよう調整する。
エ 選挙の少なくとも五日前に、文書で候補者の氏名、住所を全正会員に通知する。
オ その他選挙事務一切を行なう。
[1] 会員は、各学年で該当役職に立候補することができる。
〔役職〕
会長  一名  新六年生から
副会長 二名  新五・四年生から
庶務  一名  新三年生から
会計  一名  新二年生から
[2] 立候補者は、締切日までに役職、住所を文書で本部役員に届け出なければならない。
[3] 立候補者が無い場合は、一月中に各学年において、話し合いにより役員候補者を選出する。
ア 会長は、新六年生の保護者より話し合いにより互選する。
イ 副会長は、新五年生・新四年生の保護者毎に、話し合いにより一名ずつ互選する
ウ 庶務は、新三年生の保護者より話し合いにより互選する。
エ 会計は、新二年生の保護者より話し合いにより互選する。
[4] 代表委員は、役員候補者の選出において、次の職務を行なう。
ア 話し合いの議長を務める.
イ 各学年で互選された役員侯補者を期日までに、本部に届け出なければならない。
[5] 役員は、年度末の総会において出席した会員の多数決により選出される。
第十七条 
会長に欠員を生じた時は、副会長が昇格する.任期は前任者の残任期間とする。
第十八条 
会長以外の役員に欠員を生じた時は、連絡協議会がこれを補充する。任期は前任者の残任期間とする。


第七章 役員の資格とその任務

第十九条 
この会の目的、ならびに方針について、充分な理解をもっている会員で、公選による公職者でない者は、第六章の規定に従って役員に選挙されることができる。
第二十条 
会長は、次の職務を行なう。
[1] 総会、および連絡協議会を招集する。
[2] 他の役員、および校長の意見を聞いて、常置委員会および特別委員会の正副委員長を委嘱する。
[3] 連絡協議会の承認を得て、常置委員会および特別委員会の委員を委嘱する。
[4] 各委員会に出席して意見を述べ、また必要に応じて委員会を招集する。
[5] この会の資産を管理する。
第二十一条 
副会長は、次の職務を行なう。
[1] 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。
[2] 副会長は総会、ならびに臨時総会の議長を務める。
第二十二条 
庶務は、次の職務を行なう。
[1] 総会および連絡協議会の議事、ならびにこの会の活動に関する重要事項を記録する.
[2] 記録・通信・その他の書類を保管する。
[3] 会長の指示に従って、この会の庶務を行なう。
第二十三条 
会計は、次の職務を行なう。
[1] 総会が決定した予算に基づいて、一切の会計事務を処理する。
[2] 予算の立案に協力する。
[3] 会計簿を保管し、いつでも会員の閲覧に供する。
[4] 会計監査をうけて、会員に報告する。


第八章 会計監査委員

第二十四条 
本会の会計およびその他関係ある会計を監査するため、会計監査委員二名をおく。
第二十五条 
会計監査委員は会計の適正な運営を督励し、また学期未ならびに学年末には会計監査を行なう。
第二十六条 
会計監査委員は前年度本部役員の内二名が行なう。
第二十七条 
会計監査委員の任期は一年とし、他の役職との兼任は認めない。

   
第九章 総会

第二十八条 
総会は、正会員をもって構成され、この会の最高決議機関である。
第二十九条 
総会の定足数は、正会員家庭数の三分の一(委任状を提出した者を含む)とする。決議は出席者の過半数の同意を必要とする。
第三十条  
会長が必要と認めたとき、または正会員家庭数三分の一以上の要求があったときには、会長はいつでも総会を招集する。
第三十一条 
総会は、年間二回以上開催する。
第三十二条 
この会の年間事業計画、および予算の審議決定ならびに決算報告の承認は総会で行なう。


第十章 連絡協議会

第三十三条 
連絡協議会は役員、各常置委員会委員長をもって構成する。
第三十四条 
連絡協議会は、本会の運営を円滑にするため、次の事項を取り扱う。
[1]  各委員会によって立案された事業計画の検討と調整連絡。
[2]  予算案の作成。
[3]  総会によって委嘱された事項の処理。
[4]  右のいずれにも嘱されない事項の処理。
第三十五条 
連絡協議会は必要に応じ、随時開催する。


第十一章 委員会と委員

第三十六条 
この会の活動に必要な事項について、調査・研究・立案・実施するため、次の常置委員会を置く。
[1] 代表委員会 委員各学年に三名および、教職員若干名。
[2] 地域委員会 各町から選出された委員及び、教職員若干名。
第三十七条 
この会の目的を遂行するために必要あるときは、特別委員会を設けることができる。
[1] 特別委員会は、その任務を終わるとともに、自動的に解散する。
[2] 特別委員会の委員長は、必要ある場合、連絡協議会に出席して意見を述べることができる。
第三十八条 
常置委員会の任務は、次のとおりである。
[1] 生涯学習を推進するため、成人教育について研究企画し、その遂行に努め、広報活動等をする。
[2] 児童の体力の向上、保健衛生について学校に協力するとともに、会員と児童の厚生福祉に関する事項を研究企画し、その遂行に努め、体育保健行事等をする。
[3] 地域委員会は、本会の健全な財政の運営に協力するため会費の徴収にあたり、また児童の校外生活における健全育成を図るため、学校児童会のほか関係諸機関、諸団体と連絡し、研究企画ならびにその目的達成に努める。
地域における会員相互の親睦と連絡、学校との連絡にあたり、会員の本会に対する努力、意欲の向上に努める。
第三十九条 
常置委員会の代表委員は、各学年の学級代表委員が兼ねる。任期は一年、一人一役とする。
[1] 常置委員会の委員は、引き続いて他の常置委員会の委員になることができる。
[2] 常置委員は、特別委員を兼任できる。
第四十条
委員の選出は、次のとおり行なう。
[1] 各学年は、次年度役員が総会で承認された後、代表委員三名を互選し、選出された三名は代表委員として会長の委嘱を受ける。ただし、四月の始業式当日に学年の児童数が十二名以下の場合は、代表委員を二名とすることができる。
二学年以上にわたり選出された場合は、高学年優先とする。
[2] 新一年生の代表委員の選出のみ四月に行なう。
[3] 代表委員会は、会の運営にあたり、分担した各部の長一名を互選し、会長の委嘱を受ける。
[4] 各地域は、三月に翌年度の地域委員を各町内毎に二名互選し、会長の委嘱を受ける。ただし、地域委員の数は、各町の実態を考慮し、連絡協議会で協議の上、本部役員が増減することができる。地域委員が一名となった町内については地域委員会が補佐する。
[5] 地域委員会は、各地域毎に委員長一名を互選し、会長の委嘱を受ける。
第四十一条 
学校長は、各常置委員会または特別委員会に出席して意見を述べることができる。
第四十二条 
各常置委員会、および特別委員会は、その事業計画について、連絡協議会に諮らねばならない。


第十二章 学級委員会

第四十三条 
学級代表委員は、当該学年の担任と保護者との間にあって、その連絡を密にし、担任の学習指導、学級経営の円滑な遂行、児童の福祉の増進に協力する。また、その学級の会員が、会員としての義務と福利を全うするように努める。
第四十四条 
学級代表委員は、次年度の学級代表委員選出の事務を行なう。


第十三章 改正

第四十五条 
この規約は、総会において、出席者の三分の二以上の賛成によって改正することができる。ただし改正案は、総会の少なくとも五日前に、その内容を全正会員に知らせておかなければならない。


付則
本改正規約は、昭和五十三年三月十八日から実施する。
本改正規約は、昭和六十年三月十四日から実施する。
本改正規約は、平成四年三月十一日から実施する。
本改正規約は、平成五年五月二十六日から実施する。
本改正規約は、平成六年十二月十七日から実施する。
本改正規約は、平成十四年二月十六日から実施する。
本改正規約は、平成十四年五月二十六日から実施する。
本改正規約は、平成二十年二月二十日から実施する。
本改正規約は、平成二十三年六月二日から実施する。
本改正規約は、平成二十五年二月二十八日から実施する。


別表 
元町小学校校下地域は、当分の間、次のように分ける。

第一地域 北玄以・東玄以・西玄以・元町一加町
第二地域 西元町・東元町・元町中部・元町南部
第三地域 上初音・上花ノ木・上板倉北部・上板倉南部
第四地域 板倉北部・板倉南部・花ノ木北部・花ノ木南部・
     上内河原北部・上内河原南部・初音町


バックナンバー