規約

御室小学校P・T・A規約

第一条(名称)
1.この会は御室小学校P・T・Aといい、事務所を御室小学校におきます。

第二条(目的)
1.この会の目的は、会員がお互いに理解、協力しあい、教育の民主化と教育環境の改善に努力することによって、児童の福祉を増進することです。

第三条(性格)
1.この会は、教育の振興のために自主的に努力することを本旨とする団体で、どんな団体であっても、その団体の支配や干渉を受けません。

第四条(会員)
1.会員とは、入会意思を示し第十二条に定める会費を納めた者とします。
2.会員は、本規約に定めるPTA活動の権利と義務を有します。
3.会員には、御室小学校児童の保護者と同校の教職員がなることができます。

第五条(構成)
1.この会は、学級・分団(児童の居住地域別組織)・クラブを単位として構成されます。
 各分団は、それぞれ地域の実情に応じて、下部組織として班を設けます。
2.分団(班を含む)・クラブは、員数の実情に応じて、総会・学校の承認を得た上で、統廃合を行うことができます。

第六条(役員)
1. この会には、次の役員をおきます。
種 類  定 数   任 務
会 長   1  この会の代表者であり、すべての会務を統括し、総会及び各委員会を召集し、
       決議事項を執行します。
副会長   2  会長を補佐し、会長不在のときはその職務を代行します。
(うち1名は「はぐくみ委員*」を兼務する)
庶 務   3
3名の内訳                     
庶務担当 企画運営担当 広報担当
総会・委員総会・実行委員会の議事を記録し、必要に応じて会員に報告します。会議の通知を発するなどの事務を行います。(庶務担当)
この会の目的に沿った活動のための企画運営を行います。(企画運営担当)
この会の活動に対する一般会員への理解と関心を深めるため、広報活動を行います。(広報担当)
会 計   1  会計事務をとり、会計監査を受け、年度最初の総会において決算報告を行います。
*:京都市小学校PTA連絡協議会専門委員
2.役員は選挙細則によって選ばれ、任期は1年です。
3.役員の再任は、役員経験者であっても、立候補すればできるものといたします
4.教職員から選ばれる役員の規制はございません
5.役員は、任期が満了しても新役員が決まるまでは、その任期を続けます。
6.補欠選挙で選ばれた役員の任期は、前任者の残任期間とします。
7.役員は、特別委員会の委員、地域分団委員会の委員を除いて、他の役員や委員にはなれま
せん。
8.学校長は役員や委員にはなれません。
9.学校特別行事及びPTA右京北支部理事校にあたる場合、副会長の定員を3名に変更する
ことができます。

第七条(機関)
1. この会には、次の機関を設けます。
種 類 総会
構 成 全会員
任 務 この会の最高決定機関
      1.役員・監査委員の承認
      2.予算・決算の承認
      3.活動方針の決定
      4.その他重要事項の決定
召 集 定例(年度初・12月頃・年度末)の他
      1.会長が必要と認めたとき
      2.実行委員会が必要と認めたとき
      3.全会員の10分の1以上が必要と認めたとき
成 立 表決委任状を含めた全会員の3分の1の出席で成立
総会の決議もしくは、別に定めてある場合のほかは出席者の過半数の賛成で決定

種 類 実行委員会
構 成 役員・学年・分団・各委員長・クラブ部長・教職員1名以上
任 務 会務の中心的な執行機関
召 集 必要に応じて会長が召集する。
成 立 委任状を含めた委員の4分の3の出席で成立

種 類 監査委員会
構 成 監査委員3名
任 務 会の運営と活動・会計の執行状況と決算の監査
召 集 必要に応じて監査委員長(互選)が召集する。

種 類 選挙管理委員会
構 成 選挙管理委員3名
任 務 役員選挙と役員などのリコールに関する事務
召 集 必要に応じて選挙管理委員長(互選)が召集する。

2.総会を開くには、3日前までに議題を明示して、全会員に通知します。
3.総会と実行委員会の議事は、会長に指名された正副議長によってすすめられます。
4.監査委員の任期は、役員の任期と同じです。
5.実行委員会が必要と認めて、特別委員会(卒業準備委員会等)を設けることがあります。
6.各委員会が必要と認めた場合、構成員以外からでも委員会に出席することができます。

第八条(学級選出委員)
1. 次の委員会を設けます。
種 類   任  務
学級選出委員
学  級  校内における児童の好ましい生活と学習環境の向上をめざして、教職員、保護者間の相互理解を深めるための活動や懇談会などを立案し実行する。
企画運営  学校と家庭、地域社会のつながりを大切にして、会員の親睦を深めながら児童の健全な成長を目的とし、各種の事業を計画・実行する。
広  報  会報の発行など会員相互の理解を深めるための広報活動を行う。

2. 各学級は、選挙細則によって3名の委員を選出し、学級・企画運営・広報委員を1名ずつ互選
します。学級選出委員3名は、各クラスの運営を活性化するためにお互いに協力しあい学級活動を行います。また、各委員会は、委員と教職員の若干名によって構成されます。
3.学級委員は、学級選出委員を召集して、学年委員会を組織し、必要に応じて学級間の連絡・協議や、学年としての活動の推進をはかります。
4.各学年委員会(学級委員)・各委員会(企画運営委員会・広報委員会)には、互選により正副委員長をおきます。但し、学年(正)委員長を選出済みの学年委員会(2〜6学年)、及び各委員会は、副委員長のみの選出とします。
尚、学年委員会の学級委員は正1名・その他を副とします。
5.会長は、学級活動の推進を協議するため、学級委員総会や学年委員総会を開く事があります。

第九条(地域選出委員)
1. 次の委員会を設けます。
種 類    任 務
地域選出委員
地 域   校外における児童の好ましい生活をめざし、班活動の企画と運営にあたる。
      児童の校外生活上の環境調査、並びにそれらの企画。
      交通事故防止などについての取り組み。
2.各班は、選挙細則によって班毎に委員を選出します。委員の増減については、総会・学校の承認を得るものとします。
3.地域選出委員は、4分団に分かれます。地域委員は分団委員会を組織し、班毎の活動をおしすすめるとともに、必要に応じて相互の連絡協議や活動の推進をはかります。
4.分団委員会には、互選によって正副委員長をおきます。分団委員長の中からそれぞれ互選によって地域委員会の正副委員長・書記・会計をおきます。
5.会長は、地域活動の増進を協議するため、地域委員総会や分団委員長会を開くことがあります。
6.学校の取り組みとして行われている、集団登校時の交通安全当番の支援をします。

第十条(クラブ)
1.この会の会員は、趣味的活動の場として、クラブをつくることができます。
2.新しくクラブをつくるには、5名以上のクラブ員予定者の署名を添えて申請し、総会の承認を得るものとします。
3.クラブ部長は、実行委員会の構成メンバーとし、予算編成時に実行委員会を通じて運営費の補助を要請することができます。
4.会員クラブ部長は、予算編成時に実行委員会を通じて運営費の補助を要請することができます。
5.運営費は、クラブ活動に必要な共有資材器材の購入・修繕及ぶ、実行委員会にて承認された活動計画・企画費に充てることとします。
6.クラブ活動費が会員または非会員であっても、PTAクラブ活動に参加することができます。
7.クラブ活動員が非会員のみで構成される場合、非会員の中からクラブ部長を選出できます。
8.クラブ活動員が非会員のみで構成される場合、PTAより運営費の補助を要請できないものとします。
9.クラブ活動員が非会員のみで構成される場合、1名以上のクラブ員が在籍していれば、クラブは存続するものとします。

第十一条(リコール)
1.役員・監査委員に不適任者があるときは、選挙細則によってリコールすることができます。

第十二条(会計)
1.この会の経費は、会費、事業収入などによってまかないます。
2.会費は、月額1世帯について200円とします。
3.会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日迄とします。
4.この会の経理は、総会において承認された予算に基づいて行われます。

第十三条(表決)
1.本会の議決権と選挙権は、1家庭1票とします。

第十四条(規約の改正)
1.この規約を改正するには、総会で出席者の3分の2以上の賛成を要し、また総会をひらく3日前までに、全会員に改正案を明示しなければなりません。

第十五条(弔問)
1.会員が死亡した場合、本部役員は、速やかに弔問するものとします。

第十六条(非会員)
1. 御室小学校児童の保護者は入会意思を示さない場合、御室小学校PTA会員にならないことができます。(以下『非会員』と表記)
2. 現会員は退会の意思を書面にてPTA会長に提出すれば、非会員になることができます。
3. 第十二条に定めている会費を払わないものとします。
4. 本規約に定めれている以外のPTA活動の権利及び義務を有しないものとします。
5. 本規約に定めるPTA活動ならびにPTA活動費用により非会員及び非会員の養育する児童への支援・支給するものについて内規に定めます。

御室小学校P・T・A選挙細則

第一条(目的)
1. 役員・監査委員(以下役員等と略称)及び学級選出委員・地域選出委員の選挙並びに役員等のリコールは、この選挙細則によって行われます。

第二条(選挙管理委員会)
1. 選挙管理委員会(以下選管と略称)は、会長が指名した3名によって構成されます。

第三条(役員等の選挙)
1. 役員等は、総会において出席者の直接投票によってえらばれます。
2. 選管は、前項の総会が開かれるに先立って、次のことを行います。
ア、 選挙告知(選挙される役職名,候補者受付締切日,選挙期日等明示)
イ、 候補者受付
ウ、 候補者の発表(選挙日の3日以上前)氏名を役職別・50音順に連記する。(所属の学級および分団名を付記)
3.ア、候補者は、次の2種類とします。
@ 立候補者  自分から立候補する人で、本人が届ける。
A 推薦候補者 推薦委員会が推薦する候補者で、本人の同意書を添えて推薦委員長が届ける。
イ、 推薦委員会は次年度役員候補者を除く本部役員・教職員2名・学級委員長5名(1〜5学年)地域委員各分団長で構成する。
年度第1回の推薦委員会は12月までに会長によって召集され、委員長は第1回委員会において互選により決定する。
ウ、推薦委員の任期は立候補者のない役員が全て決まるまでとし、全委員の協力のもと、推薦候補者を選出する。
4. 投票は、選管が管理して、次のように行います。
ア、 全候補者氏名の掲示
イ、 全候補者の紹介 必要に応じて候補者の意見の発表
ウ、 投票は会長・会計は単記、副会長は2名連記、庶務・監査委員はそれぞれ3名連記とし、無記名・秘密投票とする。
5. 候補者の人数が、それぞれの役職の定数以内の場合には、信任投票を行います。
6. 投票総数の過半数の得票者が当選者となります。過半数の得票者がないときは、再投票を行います。その場合、定数1名につき候補者が3名以上の時は、上位得票者2名について投票します。
7. 当選者が決まると選管は結果を総会に報告します。

第四条(学級選出委員・地域選出委員)
1. 学年委員長(新1年生を除く)・地域分団長は、次のように選ばれます。(新設)
ア、 2学期末から3学期初旬に、次年度の学年(正)委員長(新2〜6学年)と地域分団長の選出を行う。
イ、 上記学年委員長の選出は、学年毎の選挙により行い、地域分団長の選出は、班の集会で行う。
2. 学級委員およびその他の委員は、次のように選ばれます。
ア、 学級担任が、学級毎に会員名簿を作成し、会員に配布する。
イ、 学級毎に、年度当初、懇談会をもち、立候補、推薦を受け付け話し合いにより3名の委員を選出する。
ウ、 「1.ア、」により選出された学年委員長が所属する学級は、2名(企画運営・広報委員)のみの選出とする。(新設)
エ、 学級選出委員として選ばれた人が、どの委員を務めるかは、3人の話しあいで決める。
3. 地域選出委員は、班の集会で選ばれます。
4. 学級選出委員・地域選出委員が役員などに選ばれた場合には、次点得票者を繰り上げます。
5. 同一人が2つ以上の学級選出委員に選ばれた場合には、上級学年の委員となります。
6. 学級選出委員と地域選出委員の正副分団長は兼務できません。

第五条(リコール)
1. 役員などのリコールは、次のように行います。
ア、 理由書に、会員100名以上の賛成署名簿を添えて、代表者が選管に届け出る。
イ、 選管は、その賛成署名の適正を確認の上会長に報告し、会長は報告を受けた日から10日以内に総会を召集する。
ウ、 総会では、あらゆる議案に優先して、リコールの案件がとり上げられ、提案者の趣旨説明のあとは、対象者に弁明の機会が与えられる。
エ、 選管が管理して、賛否の秘密投票が行われ、投票総数の過半数の賛成によってリコールが成立する。
2. リコールが成立した場合には、成立の日から20日以内に補欠選挙を行います。その手続きは、第三条によります。

第六条(細則の改正)
1. この細則の改正には、P.T.A規約第7条の1により成立した総会の出席者の3分の2以上の同意を要し、また総会を開く3日前までに全会員に改正案を知らさなければなりません。



【付 則】
  昭和34年12月7日   一部改正
  昭和47年       一部改正
  昭和55年4月1日    一部改正
  昭和58年2月4日    一部改正
  昭和63年4月1日    一部改正
  平成2年1月24日    一部改正
  平成8年5月29日    一部改正
  平成13年3月8日    一部改正
  平成13年11月21日  一部改正
  平成15年12月1日   一部改正
  平成21年3月14日   一部改正
  平成27年1月31日   P.T.A規約 第六条、七条改正
             選挙細則  第三条 改正追加
   平成29年2月4日   P.T.A規約 選挙細則 一部改正
   平成31年4月24日   P.T.A規約 第四条改正
                  第九条改正 
                  第十条改正
                  第十六条追加
   令和2年3月7日    P.T.A規約 第六条改正追加
             一部改正



バックナンバー