PTAより学校お助け企画

いつもPTA活動に、ご理解とご協力をありがとうございます。
さて、今年度はコロナウィルスと言う未知の病原菌に世界中が右往左往の1年になりそうですね。
PTA会員のみなさまからの貴重な会費を子どもたちのために学校のためにコロナ対策費として使わせて頂いております。

先ずは先日、PTAから購入して学校へお渡ししたフェイスシールドと透明マスクを先生方が有効に活用してくださっています。
先生からも「これだと口元がはっきりと児童にも見えるし、英語などの授業の発音、口の開け方も見て覚えることができる。これから暑くなる中、これだとフェイスシールドも曇らないし、口元も暑くならないので大変助かります!」と言っていただきました。

校長先生からは「現在音楽の授業で縦笛を鳴らすのも、先生が指を抑えて教えるだけで音を出すこともできないらしく、実際に音を出して教えてあげたい」との要望があり、ハンガーラック15個と透明のテーブルクロスを購入し、修繕委員さんがコロナ対策用透明パーテーションの作成をしてくださいました。
15個のパーテーションは、それぞれのクラスに分配し、これを使うことで先生も実際に縦笛を音を鳴らして教えられるとの事です。

22日(月)のコーラス委員会の会議でも作成されたパーテーションが会議室にありましたので、このパーテーションを使って会議をいたしました。
感染症の予防対策としてPTA活動や、会議などにも重宝しますので、追加で15個を作成する予定です。

そして、ソーシャルディスタンスを確保するためのフットマークや、感染対策のために作ったものをラミネートするのに、ラミネートの材料を買って頂けないかと学校から依頼がありましたので、そちらも購入してお渡しすることとなりました。

子どもたち、先生方、そして私たちPTA会員の感染防止のための取り組みは、みなさまのご理解とご協力があって成せることです。
市や教育委員会で即時に対応できないことがあるからこそ、今、待ったなしで必要とされる子どもたちの教育のための学校からのSOSを聞き流すことなく、可能な限り対応してまいりたいと思っています。
皆様のご理解とご協力を今後ともよろしくお願いいたします。



バックナンバー