陵ヶ岡小学校に新たなシンボルが出来上がりました!!

コロナ渦で、人と人とのコミュニケーションが取れにくくなっているこんな時こそ「笑顔」ですよね(^^)

児童みんなが笑顔になってもらいたいと、8月1日(土)、修繕委員さんが細心の注意を払いコロナ感染防止対策をした上で、日時計のペイント作業をしてくださいました。
日時計は昨年度の修繕委員さんが、6年生の卒業式に間に合うよう活動を進めていたのですが、コロナの影響で活動もままならず仕上げることが出来なかったことが残念ですとの想いを引き継いで、今年度の修繕委員さんが、昨年度の修繕委員さんの下書きに綺麗にペイントをしてくださったのです。

出来上がったのは、笑顔の太陽が6つ。
大小それぞれ様々な6個の笑顔、これは1年生から6年生を連想して、それぞれが多様性に富んだ笑顔を表してます。

活動したみなさまから、『暑かったけど、本当に楽しかった!』『誰かの笑顔、想いをかたちにするって素晴らしい!』との言葉をいただきました。

身体的距離の確保は重要ですが、心と心の繋がりは、もっと大切だと感じました。
人と繋がる機会が少なくなってる、距離を保つことが重要なこの時代こそ、たがいの笑顔を大切にしたいですね(^^)

離れていても笑顔がみんなに届きますように!
そして、先生方、保護者や地域の皆さんという太陽の下で、この6個の笑顔は大切な時間を刻んでいます。



バックナンバー