規約

新洞PTA規約
                                平成22年3月改正
第一条(名称)
 本会は新洞PTAといい、事務所を新洞小学校内におく。
第二条(目的)
 本会は児童の福祉を増進するため、親と教職員が協力して学校教育の促進とそれに関する家庭並びに社会環境の改善に努めることを目的とする。
第三条(方針)
 本会は前条の目的を達成するために次の方針に従って努力する。
 一、学校を社会生活の中心として児童によい影響をあたえるような事業を行う。
 二、学校の教育的環境を整備する。
 三、会員相互の親睦をはかりその教養を高める。
 四、個人の人格尊重の精神を生活に移し、家庭や社会の向上をはかる。
 五、当局に対して適正な教育予算の編成を要請する。
第四条(会員)
 一、本会の会員は本校に在籍する児童の親(親のいない時はその保護者)と教職員に限る。
 二、会員はすべて役員・委員となること及び役員・委員を選ぶこと、動議を提出すること及び賛否を表明するなどすべて平等の権利と義務を持っている。
第五条(賛助会員)
 一、本校通学区域に在住する者、又は本校卒業生及びその家族で本会の趣旨に賛同する者は賛助会員となることができる。
 二、賛助会員は本会の事業に参加することができる。但し発言権・議決権を持たず、役員・委員になれない。
第六条(会費)
 一、会員は次の会費を納めるものとする。但し特別の事由ある者については免除することができる。
  1、会費は月額百円とし、会員一人当たり三口以上加入するものとする。
  2、特別事業等により年度予算に不足を生じた場合には総会の決議を得て、臨時会費を徴収することができる。
  3、賛助会費はI口五百円とする。
第七条(役員)
 本会の役員は次の通りである。
 一、役員の種類と数
  1、会長 一名
  2、副会長 一名
  3、育み委員 一名
4、庶務 二名(内一名教員)
  5、会計 二名(内一名教頭)
 二、役員の任務
  1、会長 会長は本会の代表者であって会務を総括し、総会、役員会及び委員会を召集し、総会の決議事項を執行する。
  2、副会長 副会長は会長を補佐し、会長事故ある時その代行をする。
3、育み委員「育み」を通して親子・家庭の問題を共有し、共に学び支え合う活動をする。
4、庶務 庶務は本会の庶務を処理し、本会の機関の議事についての記録を作製する。
5、会計 会計は会計事務をとり総会に報告する。又会員の要求によっていつでも会計簿を閲覧に供する。
 三、役員の任期
  1、役員の任期は一年(会計年度)とし重任をさまたげない。但し二期を越えて同じ役員になることはできない。
  2、補欠役員は前任者の残存期間とする。
  3、任期が満了しても新役員の就任まではその任務を続行する。
 四、役員の選挙
  1、毎年三月の総会で無記名投票によって決める。
  2、選挙は別に定められた選挙細則によって行う。
3、役員に事故があり欠員が生じたるときは、運営委員会において推薦し会員の信任投票を得て補欠役員を決めることができる。
 五、役員会の構成及び任務
  1、役員会は役員及び校長をもって構成する。但し必要に応じてご奢貝や教員の出席を求めることができる。
  2、役員会は予算の作成その他本会の運営に必要な事項を企画審議し、総会の決議事項を執行する。
第八条(総会)
 一、総会は原則として毎学期一回開き、役員の選出、予算・決算の審議決定、会務の報告、事業及び会計の承認及びその他の重要事項を審議決定する。
 二、総会の定足数は会員の十分の一とする。
 三、総会を開くには四日前迄に議事の内容を明示して全会員に通知する。但し緊急の場合はこの限りではない。
 四、議長はその都度役員以外の会員中から選出する。
 五、議事の議決は出席者の多数決による。可否同数の時は議長が決定する。
 六、出席者が定足数に満たない場合は、紙面による回答を求め、五分の一以上の会員の回答の多数決によって総会の決議にかえることができる。
 七、臨時総会は会長が必要と認めた時、又は会員三十名以上の要求のあった時に開く。但しこの場合は三日前までに議事の内容を明示し全会員に通知する。
第九条(委員及び委員会)
 本会に次の委員及び委員会をおく。
 一、委員 役員を除く全会員で構成する。委員の互選については4月始めに役員が会員の希望をとり、それをもとに各学級会員が、学級委員、体育委員、文教委員を互選する。
  1、地域委員 会員中より地区別に会員の互選により若干名を選出し、会員に報告する。互選の方法及び地域区分は別に定める。
※ 但し、当該地域に本会会員が居住していない場合は本会OBによる協力の申し出る者、又は本会がその協力を要請し趣旨に賛同して承諾をしたる者については同委員と準ずるものとする。
  2、特別委員 特別の事業を行うため、必要に応じ会員中より会長が委嘱する。但し事業終了後は総会に報告し、その任務は終了する。
二、委員会の構成
 1、学級委員会 学級委員・担当役員・担当教員で構成する。
 2、地域委員会 地域委員・担当役員・担当教員で構成する。
 3、体育委員会 体育委員・担当役員・担当教員で構成する。
 4、文教委員会 文教委員・担当役員・担当教員で構成する。
 5、特別委員会 特別委員と必要に応じて役員・校長・教頭が参加する。
 6、運営委員会 各委員長・副委員長・役員・校長・教頭・教務主任によって構成する。
   各委員会は(運営委員会を除く)それぞれ委員長一名、副委員長若干名を互選する。又、委員会において連絡員を置くことができる。
三、委員会の任務
 1、委員会 委員会は各々独自の立場で、事業計画をたて、それを会長に提出する。会長はこれを役員会にはかり、運営委員会において審議検討して総会に提出し、可決された時は委員会に事業の執行を委嘱することができる。
  イ、学級委員会 各学級に於ける会員相互並びに担任との連絡を密にし、学級集会等を開いて会員が学級教育に協力し、親睦を図れるように務めるとともに、児童に対する各種事業もあわせ計画する。又会員の教養を高め、親睦を深めるために講演・講習等の文化的事業を行う。尚、他の委員会より要請があれば協力する。
  ロ、地域委員会 地域委員会は児童の正しい校外指導の方策を立て、学校・町内との連携の元に校外補導を推進し、併せて本会の円滑なる運営に寄与する賛助会員の入会を促進する。
  ハ、体育委員会 体育委員会はバレーボール等を通じて会員相互の親睦をはかり会員及び一般の人達に本会の趣旨の徹底に努める。
ニ、文教委員会 文教委員は会員の教養を高め、親睦を深めるためにコーラス等の文化的事業を行い、更に学校と協力し広報誌ホームページ等を通じて本会の広報活動を行う。
 2、運営委員会 運営委員会は健全なPTAの運営のため、次の任務を行う。
  イ、各種委員会によって立案された事業計画を審議検討する。
  ロ、総会に提出する報告書を調整する。
  ハ、総会において議決された事務等を処理する。
  二、運営委員会の定足数は二分の一以上とする。
  ホ、運営委員会はコーラス等の運営に協力する。
 四、本会の役員及び委員は、原則として兼任することはできない。
   但し地域委員、特別委員はこの限りではない。
第十条(会計監査)
 本会に会計監査をおく。会計監査は二名とし、任期及び選出方法は役員と同じ。会計監査は年度を通じ、一回以上は会計事務の監査を行わなければならない。
第十一条(会計)
 一、本会の目的を達成するための必要な経費並びに運営費は会費及びその他の収入をもってこれに当てる。
 二、本会の目的に沿う事業に対し補助金を支出することができる。
 三、会計年度は毎年四月一日に始まり翌年の三月三十一日に終わる。
第十二条(規約改正)
 本規則の改正は予め通告し、総会において出席者の三分の二以上の賛成によってなすことができる。
第十三条(運営細則)
 本会の運営を有効且つ柔軟に行うために細則を設ける。
  附  則
第十四条 本規約は昭和二十三年四月より施行する。

昭和三十六年四月改正
昭和三十八年四月改正
昭和四十六年九月改正
昭和五十二年三月改正
昭和五十五年三月改正
昭和五十五年五月改正
昭和五十六年三月改正
昭和五十八年三月改正
昭和六十二年三月改正
平成 三 年三月改正
平成 五 年三月改正
平成 六 年三月改正
平成 七 年三月改正
平成十三 年三月改正
平成十九 年五月改正
平成二十一年三月改正
平成二十二年三月改正