規約

朱 雀 第 八 小 学 校 P T A 規 約

名 称
第1条 本会は、朱雀第八小学校PTAと称し、事務所を朱雀第八小学校内に置く。
目 的
第2条 本会は、学校と家庭とが緊密に協力して、児童の健全な育成を図ることを目的とする。
性 格
第3条 本会は、学校教育の推進を図る民主的な団体で、政治的・宗教的・営利的・その他如何なる団体からも干渉や支配を受けない。
方 針
第4条 本会は、その目的を達成するために、次の方針により必要な事業を行う。
@ 会員相互が絶えず緊密に連絡し、協力して、学校・家庭・地域の教育的環境を整えるとともに、児童の安心・安全のための見守り活動を実施する。
A 会員相互が教養を高め、親睦を図り、その向上と理解に努める。
B その他、本会の目的達成のために必要な事項を行う。
会 員
第5条 @ 本会の会員は、本校に在籍する児童の親(または保護者)と教職員とする。
A 会員は、すべて役員や委員になること、及び動議を提出したり、賛否を表明したりすることができる。
B 会員は、すべて所定の会費を納めるものとする。
集 会
第6条 集会は、総会・役員会・委員会・学年会とする。
1 総 会
ア.総会は、予算・決算(年度ごとに運営委員会で議論し定められた行動費・慶弔費の報告を含む)・事業計画・事業報告並びに規約改正・役員・委員・ 監査の承認や解任その他、この規約で定めている事項を審議決定する。
イ.総会は、年2回以上開会する。尚、会長が必要と認めたとき、または、会員の10分の1以上の要求があるときは、臨時に開会することができる。
ウ.総会を開くには、その3日前には議事の内容を明示して会員に通知する。
エ.総会の議長は、そのつど役員を除く会員中より選出する。
オ.総会の定足数は、会員の4分の1以上の出席者とする。但し委任状は定足数に含む。
カ.議事の議決は多数決による。可否同数のときは、議長が決定する。
A 役員会・委員会・学年会
ア.役員会・委員会・学年会は、会長が必要と認めたときに開会し、所要事項を審する。
イ.委員会は委員長が、学年会は学年長が必要と認めたときに会長の同意を得て開会することができる.
役 員
第7条 @ 本会の役員は、次の通りとする。
ア.会 長 1名           イ.副会長 2名
ウ.庶 務 3名(内1名は教職員)  エ.会 計 3名(内1名は教職員)
A 役員の任務
ア.会長は、本会の代表者であって会務を統括し、総会・役員会・委員会・学年会を招集し、各会の決議事項を執行する。
イ.副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。
ウ.庶務は、会議の議事を記録し、それを総会に報告したり、会合の通知をするなどの事務一切を行う。
エ.会計は、会計事務をとり、必要のつど総会に報告して承認をうける。また、会員の要求があれば、いつでも会計簿を公開する。
オ.学校長は、各会に出席して意見を述べることができる。
B 役員の任期
ア.任期は1年とする。但し、再任は認める。(教職員を除く。)
イ.役員に欠員が生じ、会長がその補充を必要と認めたときには、会長委嘱により補欠役員を選出する。
ウ.補欠役員の任期は、前任者の残任期間とする。
エ.次期役員が就任するまでは、前任者が代行する。
C 役員の選出
別に定める役員選挙細則により選出する。但し、平成12年度以降本部役員を経験したものは、本人の申し出により辞退することが出来る。
D 特別な事業がある年度は、副会長、庶務、会計について増やすことが出来る。
委員会及び委員
第8条 @ 本会には、次の各種委員会を置く。
ア.運営委員会    イ.学 年 会       ウ.学級委員会
エ.広報委員会    オ.文化保健体育委員会   カ.ベルマーク委員会
キ.地域委員会    ク.選挙管理委員会     ケ.推薦委員会
コ.特別委員会
A 委員会の活動
ア.運営委員会
本会の事業計画、予算その他重要事項の立案等を審議決定する。
イ.学年会
各学年の会員間の連絡を図り、児童の健全な育成を推進するための教育的理解を深める。
ウ.学級委員会
学級担任と会員間の連絡を図り、児童の健全な育成を推進するための教育的理解を深める。各クラスの学級委員が各クラスのPTA会員のさまざまな意見をとりまとめ、学級委員会または各学年会にて協議し、運営委員会にて提案する。
エ.広報委員会
会報・広報等の発行により、本会の諸活動を会員に知らせたり、会員相互の啓蒙活動に努める。
オ.文化保健体育委員会
会員相互の文化教養・保健体育の向上と親睦を高める活動に努める。
カ.ベルマーク委員会
学級教育設備充実のため、ベルマーク等の収集活動に努める。
キ.地域委員会
児童の校外生活の補導・地域間の連絡に努め、また、町内子ども会等の運営にも協力する。
ク.選挙管理委員会
役員選挙細則により、役員の選出に関する事務を行う。
ケ.推薦委員会
役員選出に関し、役員候補者を推薦する。
コ.特別委員会
会長より委嘱された特定の事項の遂行にあたる。
B 委員
各種委員会を民主的に運営し、諸活動を企画遂行するために、会員中より委員を選出する。
C 委員会の構成
ア.運営委員会
本会の役員と、学級委員会・広報委員会・文化保健体育委員会・ベルマーク委員会・地域委員会の正・副委員長と各学年の正・副学年長で構成する。
但し、特別委員会設置のときは、この委員会の正・副委員長も含む。
イ.学年会
各クラスより4名のクラス委員を選出し、各学年毎に学年会を構成する。その委員の互選により正・副学年長を選出する。
ウ.学級・広報・文化保健体育・ベルマーク各委員会
各クラスより選出されたクラス選出委員で、各委員会を構成する。その委員の互選により、正・副委員長を選出する。
エ.地域委員会
原則として町毎に2名の委員を選出し、地域委員会を構成する。地域委員の互選により地域委員会の正・副委員長を選出する。
オ.選挙管理・推薦各委員会
役員選挙細則により設置する。
カ.特別委員会
必要のあるときは、そのつど設置し、特定事項の遂行にあたる。会員中より若干名を会長委嘱により選出する。
会 計
第9条 @ 会費は家庭数で集め1家庭1ヶ月350円とし、3月を除く11ヶ月徴収とする。
A 会計年度は、毎年3月1日に始まり翌年2月末日に終わる。
会計監査 
第10条 @ 会計を監査するため、2名の会計監査委員を会員中より会長が委嘱し、総会の承認を得る。
A その年度の会計を随時監査し、その結果を総会に報告する。
B 会長の要請あるときは、各種会合に出席して意見を述べることができる。
C 任期は1年とする。但し再任は認めるも、引き続き2年をこえることはできない。
規約改正
第11条 規約は、総会の出席者の3分の2以上の賛成により改正することができる。
リコール制
第12条 役員や委員の中に不適任者のあるときは、会員の過半数の賛成により、リコールすることができる。
以 上

付 則   昭和63年4月26日一部改正
      平成12年5月24日一部改正
      平成15年3月15日一部改正(第6条、第8条、第9条)
      平成17年11月2日一部改正(第7条、一部追加)
      平成19年6月15日一部改正(第4条、一部追加)
      平成21年3月13日一部改正(第8条)
      平成23年11月18日一部改正(第8条)
      平成25年6月14日一部改正(第8条)
      平成28年3月11日一部改正(第8条)
      平成30年3月16日一部改正(第8条、一部削除)


クラス委員選挙細則
第1条 クラス委員の選出は、クラス委員選出会議において、前年度クラス選出委員及び本部役員並びに委員経験者が立ち会い、原則として以下の項目により選出する。
@ クラス委員選出会議は、そのクラスの会員が全員出席し、クラス委員の選出についての協議を行い、会員の投票による選挙の開票結果をもとにクラス委員を決定する。
ア.クラス委員選出会議は、開催日を事前に会員に通知し、その際、PTAの役割、委員の仕事内容も知らせる。なお、立候補も受けつける。
イ.兄弟姉妹のいる会員は、上の学年のクラス委員選出会議に出席する。なお、過去に委員を引き受けた会員については引き受けたことのない学年のクラス委員選出会議に出席する。
ウ.クラス委員選出会議は、立候補、推薦を含め、自己紹介をすすめながら円滑にクラス委員を選出する。
エ.やむなく欠席する場合は、欠席届及び委任状を事前に立会人に提出する。
この時、クラス委員を引き受けられない場合は、その理由を文書にして提出し、各クラスの立会人がクラス委員選出会議において代読し、出席会員への投票時の参考としてもらう。
2  会員は、円滑なPTAの運営に協力するものとする。ただし、1児童につき1回以上委員、本部役員を引き受けた会員については、本人より申し出があれば辞退することができる。ただし、1児童の在学期間中にその学年のPTA会員全員が委員を経験した場合、例外とする。
また、本部役員を引き受けた会員については、その年度から兄弟姉妹の学年においても、本人から申し出があれば委員を辞退することができる。
B クラス委員選出会議において選出された委員は、第8条Cに基づいて、正・副委
員長、正・副学年長を互選により選出する。ただし、役員、正・副委員長(平成23年度までの地域委員の正・副を含む)、正・副学年長を経験したことのある会員、同年度で地域委員会の正・副委員長は、本人の申し出により辞退することができる。
第2条 開票結果は1年間保管し、委員名簿は6年間保管する。
第3条 当細則は、規約に基づき改正することができる。
なお、改正案は運営委員会において作成することができる。

付 則   当細則は、昭和63年4月26日より実施する。
      平成3年3月6日一部改正(第1条、第2条)
      平成15年3月15日一部改正(第1条)
      平成17年11月2日一部改正(第1条)
      平成21年3月13日一部改正(第1条、一部追加)
      平成22年6月11日一部改正(第1条、一部追加)
      平成23年6月10日一部改正(第1条、一部追加)
      平成23年11月18日一部改正(第1条、一部追加)
      平成28年3月11日一部改正(第1条、一部追加)


役員選挙細則
第1条 役員選挙には、選挙管理委員会があたる。
@ 選挙管理委員会は、会長の委嘱により運営委員1名、教職員2名で構成し、正・副委員長を互選する。
A 選挙管理委員会は、選挙告示(投票日・候補者の届出期間)候補者届出受付・候補者の発表等選挙に関する事務を行う。
B 選挙管理委員会は、12月中に設置し、役員決定後解散する。
第2条 役員候補者推薦のため、推薦委員会を設ける。
@ 推薦委員会の構成及び選出は次の通りである。
ア.本部役員
イ.各学年会より各2名。
A 委員は、正・副委員長を互選する。
B 推薦委員会で推薦された者で協議し、推薦候補者を決定する。
C 推薦委員会は、12月中に設置し、役員決定後解散する。
第3条 候補者の種類と届出は次の通りとする。
候補者は次の二とおりとし、何れも選挙5日前までに選挙管理委員会に届出なければならない。
@ 立候補者
自ら立候補した者で本人より届け出る。
A 推薦候補者
推薦委員会の推薦した候補者で、本人の同意をえて届け出る。
第4条 選挙は、7名連記、無記名投票とする。
但し、対立候補者のないときは無投票当選とする。
(庶務・会計の教職員各1名は除く。)
第5条 開票結果は1年間保管し、役員名簿は永久に保管する。
第6条 当細則は、規約に基づき改正することができる。なお、改正案は運営委員会において作成することができる。

付則  平成15年3月15日一部改正(第1条、第2条、第5条追加、第6条追加)
    平成17年11月2日一部改正(第2条、一部追加、変更)
    平成24年6月15日一部改正(第2条、一部削除)


会計内規
1.行動費
・校区外での行事・研修へ参加を要請した場合、500円の行動費を本会計より支出する。ただし会場への交通費が市バス均一区間料金を超える場合は、交通費全額を行動費として支給する。
・活動が午前より始まり午後にわたる場合は、昼食代の補助として500円を支出する。

2.慶弔費
・対象は児童とその保護者、教職員とし、弔意金として5000円を支出する。
3.通信費
・年間の通信費として、本部役員5000円、正副委員長、正副学年長に2000円を年度末に支出する。
4.その他

付則   平成17年11月2日一部改正
     当細則は、平成17年11月2日より実施する。





バックナンバー