5月17日 給食試食会

5月17日(金)
1年生保護者を対象にした給食試食会が開催されました
当日は,保健・環境委員さんが朝早くから準備してくださり,1年生の保護者さん18名が参加されました

はじめに,教頭先生のご挨拶をいただきました
小学生時代を過ごしてきた年代・地域によって,給食の主食やおかずの内容が少しずつ違うようです

次に,栄養教諭の池端先生から「学校給食と子どもの食生活について」お話をいただきました

●学校給食の目標
 @子どもたちの健やかで丈夫なからだと心を育てる
 A食事の大切さを知り,よい食べ方を身につける
 Bマナーを守り,助け合い,楽しくなかよく食べ,よりよい人間関係を作る
 C自然の豊かな恵みを,いのちを大切にする
 D育てる人,運ぶ人,作る人,たくさんの人の力で食べられること知り,感謝の心を育てる
 Eふるさとや伝統の食事について知り,未来に伝える
 F給食を通して社会を知る

この目標に沿って,安心・安全で栄養バランスの取れた献立を考えます
また,安心・安全の追求としては,天然の素材(だし昆布,削り節,いりこ,干ししいたけ)でだしを取り,カレーやシチューは小麦粉,スパイスを炒めるところから手作りされています
もちろん,衛生管理も徹底しています

京都市の学校給食では,「和食」がユネスコ世界無形文化遺産に登録されたことから「和食」のよさを伝えるため,毎月1回の和(なごみ)献立の実施で,京都の伝統的な発酵食品である漬物や和菓子などが提供されています


京都市の小学校給食は
・自校調理
・市内統一献立
・週4回の米飯
・年間197回実施
・1食平均262円
松陽小学校では,4名で570食を作っています
この自校調理のおかげで毎日あたたかい給食が食べられます

1年生の給食の様子の見学に行きました
給食当番さんが,給食室まで取りに行きます

先生によそう量を確認しながら,お皿によそい,クラスのお友達に配膳していきます

いよいよ試食タイムです
5月17日(金)のメニューは,子どもたちにも「ぷりちゅう」と呼ばれ大人気な「ぷりぷり中華いため,ごはん,豆腐と青菜のスープ,牛乳」でした

初めての「ぷりちゅう」に感動!
こんな食材が入っているんだ〜とおしゃべりもはずみました
しっかりした味つけでごはんがすすみます
レシピもいただいたので,家で作ってみよう!と思いました
豆腐と青菜のスープは薄味ですが,だしの味がしっかりとしているので,とてもおいしかったです

そして最後にご家庭へのお願いがありました
・給食で出会った様々の食材をぜひご家庭でも調理していただき,共有していく
・いっしょに食べて,同じ味を分かち合う
・決まった時間に食事をする
・食事のマナーを教える
(ごはんを最後の一粒までにきれいに食べましょう)
・簡単な食事のお手伝いをお願いする
・朝食は大切なのでしっかり食べよう
など,学校だけでなく家庭での食育も大切にしていければと思います



バックナンバー