規約

待鳳PTA規約

第一章 総則

第一条 本会は待鳳小学校PTAと称し、事務所を待鳳小学校に置く。
第二条 本会は教育基本法の精神にのっとり、児童のしあわせを願って保護者と教職員が協力し、
    学校、家庭並びに社会の教育環境を改善し、かつ会員の教養を高めることを目的とする。
第三条
  1 学校の教育環境をよくし、教育効果が向上するように協力する。
  2 会員相互の親睦を深め、教養を高めるため活動する。
  3 会員相互の連絡を密にし、地域社会を健全な住みよい社会にするように努める。
  4 本会は政党、信仰等に左右されない。

第二章 会員

第四条 本会の会員の資格等は次のとおりとする。
  1 会員は本校在籍児童の保護者と教職員とする。
  2 会員は所定の会費を収めなければならない。但し、事情により役員会の承認を得     て、減免することができる。
  3 会員はすべて役員、委員に選出され、かつ会議に動議を提出し、賛否を表明するこ    とができる。
  4 原則として児童在籍中に児童一名につき一度以上委員として活動する義務がある。    ただし免除期間を優先する。
5 仲良し学級のクラス役員については、原則として児童一名につき一度活動する。
    ただし障害の程度や家庭事情などで引き受けられない場合は相談の上、免除となる    こともある。
第三章 機関

第五条 本会は次の機関をおく。
  1 総会
  2 本部役員会
  3 企画運営委員会
  4 クラス委員会
  5 教養委員会
  6 文化広報委員会
  7 会計監査委員会
  8 特別委員会

第四章 役員

第六条 本会の役員は原則次のとおりである。
  1 種類
    イ 会長 一名
    ロ 副会長 若干名
    ハ 防犯 若干名
    二 庶務 四名(内、教職員一名)
    ホ 会計 二名(内、教職員一名)
  2 任務
    イ 会長は本会の代表者で会務を総括するとともに諸会合を招集し、総会の決議事     項を執行する。
    ロ 副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはこれに代わる。
    ハ 庶務は本会の記録を司り、これを総会に報告して承認を受けるほか、会合の通     知をする。
    ニ 会計は会計事務を司り、総会に報告して承認を受けるほか、会員の要求あると     きは会計簿を閲覧に供する。
  3 任期
    イ 任期は一カ年とする。但し、同種の役職で二カ年以上継続しての活動も認め      る。旧役員は新役員の就任までは継続する。
    ロ 補欠役員の任期は前任者の残存期間とする。
  4 役員選挙
    役員選挙は毎年総会において別に定めた選挙細則により行う。

第五章 委員会

第七条 本会の目的達成のため次の委員会をおく。
  1 構成
    イ 企画運営委員会
      本部役員、教養、文化広報の委員長及び副委員長、学校長、各委員会に所属す      る教職員等をもって構成する。
    ロ クラス委員会
      各学級から選出された二名の委員によって構成する。 
    ハ 教養委員会・文化広報委員会
      各学級から選出された二名の委員が集合ののち、二委員会に分割する。
    ニ 会計監査委員会
      総会において選出された三名の会計監査により構成する。但し、すべての役       員、委員を兼任並びに本部の活動には参加することはできない。
    ホ 特別委員会
      必要あるときは、会長の委嘱をうけた者により構成する。
  2 任務
    イ 企画運営委員会
      各委員長との連絡調整及び会員の声を反映し、各委員会より立案された事業計     画並びに総会提案事項について審議検討する。
      原則として毎月一回例会をもち、会長が議長となる。
      会議の成立は委員の過半数を必要とし、会長または委員の半数以上が必要と認     めたときは臨時会議開くことができる。
    ロ クラス委員会
      各学級相互の連絡、並びに他のクラス委員(学年、低・高学年単位)との連絡     を密にし、以下の二委員会に分かれてPTA 誌の発行及び広報活動を行い、学校内外の行事を援助する。
    ハ 教養委員会
      学級児童教育の振興と福祉の増進に寄与する。
    ニ 文化広報委員会
      教育の普及と理解とに努め児童と会員の文化向上を図る。PTA 誌等の広報の代     表者を出す。 
    ホ 会計監査委員会
      その年度内、随時に監査を適正に行い、その結果を年度末に総会で報告する。
    へ 特別委員会
      必要に応じ会長から委嘱された臨時特別事項を各委員会に準じて行う。
  3 任期
    各委員会の任期は一カ年とする。

第六章 総会

第八条
  1 総会は本会の最高の意思決定機関である。
  2 毎年二回以上開くことを原則とし主要事項を審議決定する。
  3 総会の定足数は全会員の五分の一とする。但し、委任状を認める。
  4 総会を開くには前もって全会員に通知する。
  5 議長はその都度選出する。
  6 議事は出席者の多数決により決し、可否同数の時は議長が決定する。
  7 臨時総会は会長が必要と認めた場合に開くことができる。また、会員の七分の一以   上の署名要求があった場合には開くものとする。

第七章 会計

第九条
  1 本会の経費は会費、寄付金、事業収入による。
  2 本会の会費は、一家庭一ヶ月一口百円とし、二口以上とする。
  3 会計年度は四月一日に始まり翌年三月末を以て終わる。

付則

第一条(規約改正)
  規約改正は総会において、出席者の三分の二以上の同意によって行う。
第二条(リコール制)
  役員や委員の中に不適任者のあるときは過半数の会員の賛成によりリコールすることが できる。
第三条(同好会)
  会員は運営委員会の承認を得て同好会を結成することができる。また、活動に関して  は、役員の承認を得なければならない。
第四条(免除期間)
  1 本部役員(会長、副会長、庶務、会計)を務めた者は、以後、委員への推薦を辞退   することができる。
  2 教養・文化広報の委員長または副委員長を務めた者は、任期の翌二年間、委員への   推薦を辞退することができる。会計監査または委員会の委員を務めた者は、任期の翌一年間、委員への推薦を辞退することができる。
  3 学校のクラブの指導を年間を通して務め、翌年の委員免除を申請して承認された者   は、翌一年間、委員を免除する。
  4 ただし、1、2に関しては、立候補を妨げない。
  5 委員免除期間の加算および繰り延べは認めない。
  6 第1項の内容については、児童数の減少傾向等、社会情勢を踏まえながら、今後も   必要に応じて見直しを図ることとする。

第五条 本規約は平成二年四月一日より実施する。

平成六年五月十七日 一部改定
平成七年三月六日 一部改定
平成九年三月六日 一部改定
平成十三年十一月二十一日 一部改定
平成十四年三月十二日 一部改定
平成十五年五月ニ十八日 一部改定
平成十八年六月二日 一部改定
平成二十二年三月五日 一部改定
平成二十七年三月十四日 一部改定
平成三十一年三月一日 一部改定


バックナンバー