規約

               月輪小学校PTA規約

                 第1章  名 称

第1条 本会は,月輪小学校PTAと称し,本部を京都市立月輪小学校内に
     置く。

                 第2章  目的と活動

第2条 本会は,家庭と学校が協力して,児童の健全な育成を図ることを目的
     とする。
第3条 本会は,第2条の目的を達成するため次の活動をする。
   1.家庭と学校が緊密な連絡をとって,民主的な教育に対する理解を深め
     これを推進する。
   2.会員自らが研修・研鑚に努めることを通し,児童の自ら学ぶ力を育て,
     望ましい人間形成を図る。
   3.学校教育の促進を図るために教育環境の整備に努めるとともに,公正
     な教育予算の確保に努力する。

                 第3章  方 針

第4条 本会は,児童の健全な成長と育成の推進を基本とする団体であって,
     次の方針に沿って活動する。
   1.特定の思想や信条あるいは営利目的などの色彩は一切もたず,自主
     独立の団体であって,会員の総意に基づいて活動する。
   2.児童の健全育成を目的とする機関または諸団体とは緊密な連携を保
     ち,他の社会的諸団体とは本会の目的に反しない限り協力するが,
     それらの団体の干渉は受けない。
   3.学校と教育の問題について討議したり,その他参考となる事項につい
     て意見を述べたり,資料の提供を行ったりするが,直接学校の管理,
     教職員の人事などの干渉は行わない。

                 第4章  会 員

第5条 本会の会員は,正会員と賛助会員に分ける。
   1.正会員は,学校に在籍する児童の保護者と教職員である。
   2.賛助会員は,本会の趣旨に賛同する正会員以外の者である。
第6条 会員はすべて,会の規約に反しない限り平等の権利をもち,義務を負
     う。

                 第5章  役員とその任務

第7条 本会の役員は,次の通りである。
   1.会長1名,副会長2名,庶務4名,会計2名
   2.必要とする場合は、臨時に増員することができる。
第8条 会長は,本会の代表者であって,会務を総括する。
第9条 副会長は,会長を補佐し,会長に事故あるときはその代理をする。
第10条 庶務は,総会,運営委員会など本会の活動にかかわるすべての事項
     の記録と連絡,その他の業務をとる。
第11条 会計は,総会において議決された予算に基づいて,会計事務を処理
     する。
第12条 役員の任期は1年とする。ただし再任は妨げないが,同一役職を3年
     以上に渉って就任することはできない。
   1.補欠役員の任期は,前任者の残任期間とする。
   2.役員は,新役員が就任するまでの間,その任務を継続する。

                第6章  監査とその任務

第13条 本会に,2名の監査委員を置く。
第14条 監査委員は,その年度における経理および会務を随時監査し,これを
     総会において報告する。

                第7章  役員および監査委員の選出
第15条 役員および監査委員の選出は,別に定められた選出細則によって行
     う。ただし,庶務会計のうち各1名は,会員である教職員の中から校
     長の指名によって決める。
第16条 教職員である会員は,会長,副会長および監査委員に就任すること
     はできない。
第17条 役員は,選出管理委員,学級員を除いて,本会の各種委員および監
     査委員を兼ねることはできない。

               第8章  委員会

第18条 委員会は,運営委員会,各専門委員会,各学級委員会,地域委員会,
     選出管理委員会に分ける。その他必要ある時は,運営委員会の決議
     を得て,臨時の委員会を設けることができる。
第19条 運営委員会は,役員,各専門委員長,学級委員長と校長,教頭,関
     係教職員またはその代理によって構成される。
第20条 運営委員会は,本会の目的を推進するため,総会にかわってすべて
     の企画運営を議決執行するために設けられ,主として次の業務をとる。
   1.各専門委員会,学級委員会によって立案された事業計画を審議する。
   2.総会において決定されたすべての業務を処理する。
   3.総会に提出する議案,報告などを審議作成する。
第21条 専門委員会は,保健,地域補導,教養の委員会に分けられ,会長か
     ら委嘱された各6名以上の委員と教職員代表によって構成され,本会
     の趣旨につとめて,会の発展を図るよう各々独自の立場で行事計画
     を立て,それを運営委員会に提案し実施する。
   1.委員長が必要と認めたとき,会長の承認を得て委員会を開く。役員お
     よび校長,教頭は,委員会に出席することができる。
   2.保健委員会は,児童の給食,体育,安全,衛生などに関する研究と,
     会員の保健衛生などに関する啓発を通じて,会員相互の親睦を図る。
   3.地域補導委員会は,町内地域の地域委員への連絡,学校の定める指
     導方針にそって校外生活の補導に協力して,児童の健全な育成を
     図る。地域補導委員長は,地域委員会の委員長を兼務する。
   4.教養委員会は,会員が学校教育の内容を理解し,会員の教養の向上
     を図る。
第22条 学級委員会は,学年より選出された役員あるいは専門委員長,学級
     よりの選出学級委員と学級担任とで構成され,学級担任と本会,保護
     者との連絡にあたり,学級,学年および本会の決定事項の推進を図る。
第23条 地域委員会は,自己の居住する町内の会員相互の連絡,その他必
     要な事項についての義務を負う。
第24条 選出管理委員会は,別に定める選出細則によって,役員,専門委
     員長,監査委員,学級委員(新1年生を除く)の選出事務をとる。

                 第9章  総 会

第25条 総会は,本会の最高議決機関であって,予算,決算,事業計画,そ
     の他重要な事項について議決する。ただし,総会は,正会員を以て構
     成する。
第26条 総会は,年間1回以上開く。総会の日時,場所,および議題は,3日
     前に全会員に公示しなければならない。
第27条 総会の定足数は,正会員の10分の1以上とする。

                 第10章  経 理

第28条 本会の経理は,会員事業収入およびその他をもってあてる。
第29条 会費は,1世帯につき月額300円とする。ただし,毎年度見直すこと
     ができる。賛助会員の会費は,年額1000円とする。
第30条 経費は,すべて総会において議決された予算に基づいて行う。
第31条 会計年度は,毎年4月1日に始まり翌年3月31日を以て終わる。

                 第11章  規約の改正

第32条 この規約は,総会において出席者の3分の2以上の賛成がなければ
     改正することができない。

                 第12章  細 則

第33条 本会を運営するために必要な細則は,運営委員会の議決によって
     定めることができる。ただし,細則を制定または改正したときは,次期
     総会に報告しなければならない。


付則1. この規約は平成11年4月1日から施行する。
付則2. この規約は平成14年4月1日から施行する。
付則3. この規約は平成19年4月1日から施行する。
付則4. この規約は平成22年4月1日から施行する。