PTA規約・PTA特別内規

〜梅津北小学校PTA規約〜

第1条  名称
この会は, 梅津北小学校PTA(以下「本会」)と称え, 事務所を梅津北小学校(以下「本校」)内に置く。

第2条  目的
本会は, 児童の福祉を増進する為, 学校教育の促進と家庭並びに社会環境の改善に努める事を目的とする。

第3条  主張
本会は, その目的を達するために下記の主張をする。
1 本会は, 教育を本旨とする民主団体であり, 政治的・宗教的・営利的活動は一切しない。
2 本会は, 教育的問題について討議したり, また, その活動を助けるために意見を述べること
  はあるが直接に学校教育の内容や人事に干渉しない。
3 児童の教育並びに, 福祉のために活動する他の団体及び機関と協力する。

第4条  会員
会員の種類及び条件は下記のとおりである。
1 本会の会員は, 正会員と準会員の2種とする。
2 本会の正会員は, 本校に在籍する児童の保護者と校長及び教職員に限る。
3 本会の準会員は, 学区内に在住し前項以外の者とする。
4 正会員は総て, 所定の会費を納めなければならない。
5 正会員は, 総て役員・委員になる事, 動議を提出すること及び賛否を表明することができ
  る。準会員は議決権を持たず, また, 役員になれない。

第5条  役員
役員の種類・条件及び任務は下記のとおりとする。
1 役員の種類
イ 会長 1名
ロ 副会長 若干名
ハ 庶務 若干名
ニ 会計 若干名

2 役員の条件
イ 役員の選出は, 毎年度末の総会において別に定める選挙細則に従って行う。
ロ 任期は1か年とする。場合により引き続き1年だけの再任を認める。
ハ 一人一役とする。但し, はぐくみ委員は兼任を認める。
ニ 役員に欠員が生じ,補充を必要とした場合,補充役員を選出する事とする。
任期は前任者の残存期間とする。
ホ 次期役員が就任するまでは, 前任者が代行する。
ヘ 会長が必要あると認めた時は, 総会で承認を得て, 顧問を置くことができる。

3 役員の任務
イ 会長  本会の代表者であって会を統括し, 総会及び各委員会を招集し, 会の議決事項
      を執行する。
ロ 副会長 会長を補佐し, 会長に事故ある時は会長の任務を代行する。
ハ 庶務  本会の会議の事項を記録し, 保存する。
ニ 会計  会計事務を執り, 総会にて報告し, 承認を受ける。
      会員の要求によっては, いつでも会計簿を閲覧に供する。

第6条  委員
本会の委員の種類・構成員, 任務及び選出の方法は下記のとおりとする。
1 会計監査委員
  会計を監査する為, 前年度会長及び教頭が総会で承認を受け, 任にあたるものとする。
2 運営委員
  本会の目的に沿うような会議, 重要会務を審議するもので, 本会の役員, 学級委員
  (長・副)広報委員(長・副), 教養委員(長・副), 地域委員(長・副), バレー委員(長・副)校長
  及び教職員若干名をもって構成する。
3 クラス委員 (学級・広報・教養の総称) 
  各学級よりクラス委員を選出し, 会長は総会において報告する。
イ 学級委員 (各学級2名)
  教職員と保護者間の連絡統一をはかる。
  保護者や子どもが親睦を深める為の行事・活動を企画運営する。
ロ 広報委員 (各学級2名)
  広報誌の発行及び学校ホームページ上により,本会の諸活動 を会員に知らせ,意識の向上をはかる。

ハ 教養委員 (各学級1名)
  会員相互の文化・教養を高めたり, 親睦を深めたりする事業を行う。
4 地域委員  若干名
  児童の校外補導について諸資料を集め, 具体的方策を立て, 会員の連絡統一をはかる。
  各地域より2名以上の委員を選出し, 会長は総会において報告する。
但し,各地域世帯数6軒以下の場合はこの限りではない。その時の長・副の判断に委ねる。
5 特別委員  若干名
  本会が特別な事業あるいは行事を行う場合, 会長は運営委員の承認を得て, 特別委員
  を委嘱する。
6 各委員の任期は1か年とし, 兼任を避ける。
7 クラス委員及び地域委員は, 所属委員によって委員長1名・副委員長2名を選出する。
8 本部役員・各委員長は, 会員の保健衛生及び啓発に協力し, 学校医・学校歯科医・学校
  薬剤師及び教職員と学校保健委員会を構成する。
9 バレー委員 2名
PTAバレー部が携わる大会に関する年間事業と本会の諸活動を行います。
第7条  総会
総会は本会の最高議決機関であって, 予算・決算・行事予定・役員・会計監査委員の選挙
その他重要事項を審議決定する。
1 定期総会は少なくても毎年2回, 年度初めと終わりに開くものとする。
2 総会の定足数は, 全正会員の5分の1とし, 委任状による参加も認める。
  ただし, 定足数に達しない時は出席者の3分の2以上の同意を得て, 総会を開催する
  事ができる。
3 総会を開くには, 3日前に議事の内容を明示して, 全正会員に通知するものとする。
  ただし, 緊急を要する場合は, 事前に通知する事ができる。
4 議長は, 議会の都度正会員より選出する。
5 議事議決は, 出席者数の過半数による。可否同数の時は,議長が決定する。
  委任状は, 総会出席者による議決に同意するものとして取扱い, 議決数には算入しない。
6 臨時総会は, 会長が必要と認めた時, または正会員の10分の1以上の要求がある時に
  開く事ができる。ただし, この場合は3日前に議事内容を明示して, 全会員に通知する。

第8条  会計
会費及び会計は, 下記のとおりとする。
1 会費は, 月額360円とする。 但し, 8月と3月は徴収しない。
2 総会の承認を得て, 臨時会費を徴収する事がある。
3 会計年度は, 毎年4月1日に始まり3月31日に終わる。

第9条  規約改正
規約は, 総会に出席されている会員の3分の2以上の賛成により改正できる。

第10条  リコール制
役員や委員の中に, 不適任者のあるときは, 全正会員の3分の1以上の要請により, 臨時総会
を要求し, その議決によりリコールする事ができる。

付  則
1 正会員・児童が死亡した時は, 会長が会を代表して別に定める規定により, 弔意を表する。
2 教職員で転職並びに慶弔があった場合は, 別に定める規定により記念品料を贈り, または
  慶弔の意を表する。
3 この規約は, 昭和49年5月24日から施行する。
4 第8条の1                  昭和61年3月 8日改正
5 第1条                    昭和62年5月23日改正
6 第8条の1                  平成 3年5月17日改正
7 第5条 ロ・ハ・ニ 第6条の2        平成 4年1月29日改正
8 第5条の1 第9条              平成 7年5月23日改正
9 第6条の2 第8条の1            平成11年5月15日改正
10第6条の1・3・7・8            平成18年3月11日改正
11第6条の2                  平成19年3月10日改正
12第5条の1                  平成22年4月 1日改正
13第5条の3 ニ 第6条の2・3 第7条の2・5 平成27年3月 7日改正
14第5条の2 ニ 令和元年12月 4日改正
15第6条の2・9 令和2年 3月7日改正

〜 梅津北小学校PTA特別内規 〜

(内規1) 慶弔に関する内規
第1条  会員に次の事由が生じたときは慶弔慰助の意を表するため, それぞれ所定の金員を 
     贈呈する。                      
*慶   (教職員の場合)
     転退職餞別 (記念品料)
     在職1年につき (未満も含む)               1,000円
     (ただし, 最低額は2,000円とする。)
*弔   死亡 (下記とは別に学校と同額程度の門華を供える。)
     会員 (教職員の配偶者を含む)             10,000円
     子 (会員の子全て)                    10,000円
第2条  その他, 前条に準ずる支出については運営委員会に諮り, これを支出する。
第3条  本内規は, 平成13年3月1日より施行する。


(内規2) 懇親会等の参加費用に関する内規
第1条  本会を代表して支部P連, 地元自治連傘下の懇親会, 祝賀会に出席するときは1回
     につき3名を限度として懇親会費用の全額 (限度額30,000円) を支給する。
     (なおやむを得ず3名を越える参加者になったときは, 支給限度額を参加人数で
     等分して支給する。)
第2条  その他, 前条に準ずる支出については運営委員会に諮り, これを支出する。
第3条  本内規は, 平成13年3月1日より施行する。


(内規3) 委員選出に関する内規
第1条  目的
     この内規は, 各学級において, 円滑かつ公正な委員選出が行われることを目的と
     する。
第2条  委員の種類
     本内規により選出方法を定める委員とは, 学級委員, 広報委員, 教養委員とする。
第3条  委員の員数
     委員の員数は学級委員2名, 広報委員2名, 教養委員1名とする。
第4条  選任される会員の範囲
     一部の会員が複数年にわたり選出されることを避け多くの会員が委員としてPTA
     活動に参加することを目的として, 次に該当する会員は, 選出されないものとする。
     但し, 他が認め, 本人が望む場合をのぞく。
     @前年度 クラス委員
     A前年・今年度 バレー部部長・副部長 地域委員長・副委員長
     B永年 本部役員
第5条  選出方法
     @委員の選出は立候補を優先する。但し, そのクラスの承認を得るものとする。
     A立候補により決定しなかった場合は, 既に立候補により決定した会員を除き, 抽選
      にて行う。
     B抽選によって, 第3条の委員に加え, 補欠者第1位から第3位までを決定する。
     C会員が委員選出の懇談会を欠席した場合は, 前年度学級委員が代理で抽選を行い
      当選した会員に対し, 後日書面にて連絡する。
     D地域委員, バレー部員は, クラス委員を免除されない。
第6条  辞退
     選任された委員は身体に障害の有る方など特段の事情により, その任に当たることが
     できないと認められる場合を除き, 辞退出来ない。
第7条  補欠
     抽選により補欠に選ばれた会員は委員が転校等の事情により, 欠員が生じた場合
     その順位に従い, 代わって任に当たるものとする。
第8条  委員長・副委員長の選出
     @選出された委員の中から, 各委員において, 委員長および副委員長を選任する。
      その選出方法は各委員会に委ねる。
     A過去に運営委員及び, バレー部部長・副部長となった会員は辞退することが
      出来る。
     B地域委員と兼任している会員は辞退することが出来る。但し, クラス委員が
      全員地域委員又は, 地域委員以外の方が3名未満の場合は辞退できない。
第9条  附則
     本内規は平成16年4月1日から施行する。
     第4条・第5条について一部改正したものを平成18年4月1日より施行する。
     第4条について一部改正したものを平成20年4月1日より施行する。
     第4条・第5条について一部改正したものを平成22年12月4日より施行する。
     第4条について一部改正したものを平成24年3月3日より施行する。
     第8条について一部改正したものを平成27年3月7日より施行する。


(内規4) 学校運営協議会に関する内規
第1条  目的
     学校運営協議会の場において保護者代表としての学校運営の参加, 支援を速やかに
     おこなうために定める。
第2条  役割分担について
     学校行事運営を大きく六つに区分けし, それぞれの主目的にあわせてPTAの委員
     (含む本部)に協力するべき役割を付加する。
     ・図書館, コンピューターに関する取組み
     ・文化, 芸術に関する取組み
     ・ふれあい(人権福祉)に関する取組み
     ・安心, 安全に関する取組み
     ・環境(有栖川・ビオトープ)に関する取組み
     ・スポーツに関する取組み
第3条  担当者の決定
     各PTA委員会によって正, 副担当者が決定され, PTA本部に連絡があるものと
     する。
第4条  本内規は, 平成20年4月1日より施行する。


(内規5) 総会に関する内規
第1条  総会欠席者は委任状を提出する事とする。
     委任状は, 総会出席者による議決に同意するものとして取扱い, 議決数には算入
     しない。
第2条   本内規は, 平成26年11月1日より施行する。


(内規6) 内規の改廃
第1条  この内規の改廃は運営委員会においてこれを行う。


バックナンバー