規約

      第1章  名称と事務局

第1条 本会は京都市立八瀬小学校PTAと称する。

第2条 本会は事務局を京都市立八瀬小学校に置く。

      第2章  目  的

第3条 本会は八瀬小学校児童の健全育成を図るために保護者と教職員が協力して学校と家庭及び地域社会の教育的環境の整備改善につとめ,併せて会員自らの教養を高め相互の親睦融和を図ることを目的とする。
      
      第3章  方  針

第4条 本会は前条の目的を達成するために,次の方針を定める。
1.学校と家庭の関係をより緊密にして,児童の健全育成を図る活動をする。
2. 他の地域・教育諸団体及び機関と協力する。
3. 民主的な社会教育団体として政党及び宗教には関与せず,営利を目的とする行為は行わない。
4.学校の管理や教職員の人事に干渉しない。
5.その他本会の目的達成のため必要な事業を行う。

      第4章  会  員

第5条 会員は正会員と賛助会員とする。
1.正会員は八瀬小学校児童の保護者と教職員に限り,所定の会費を納めるものとする。
2.賛助会員は本校出身者及び地域内に居住し,本会の趣旨に賛同し,役員会の承認を得て所定の会費を納めた者とする。

第6条 
1. 正会員は,役員・委員の選出権,被選出権,動議の提出等すべて平等の権利と義務を持つ。
2. 賛助会員は,役員・委員の選出権,被選出権,動議の提出はできない。

      第5章  役  員

第7条 本会は次の役員を置く。
1.会長1名,副会長2名,会計2名,庶務3名,はぐくみ委員1名とする(以下本部役員という)。ただし,はぐくみ委員以外の役員の兼務はできない。なお,会長が必要と認めた場合は,上記役員の他に若干名の役員を置くことができる。
2.会計監査を2名置く。

第8条 役員の任務は次のとおりとする。
1.会長は本会を代表するとともに会務を統括する。
2.副会長は,会長を補佐し会長に事故がある時はそれを代行する。
3.会計は,本会の収入及び支出に関する会計事務を行う。       
4.庶務は,総会及び運営委員会の議事録の作成並びに各種会合の通知等の事務を行う。
5.会計監査は,本会の会計を監査する。

第9条 役員の選出と任期は次のとおりとする。なお,PTA運営に理解を深め,互いに協力するために,原則全会員が本部役員を経験する。
1.役員の選出は,毎年度末の総会において別に定める選出規則によって行う。
2.
(1)各役員の任期は1年(会計年度と一致する)とする。
(2)役員の任期が満了しても新役員就任までは,その任務を続行する。 
(3)補欠役員の任期は,前任者の残有期間とする。
3.役員及び委員は,1家庭から2名選出できない。
4.会計監査は,正会員から会長が指名するものとする。ただし,本部役員,常置委員,地域委員及び選出管理委員を除く世帯の正会員からとする。上記困難な場合は,この限りではない。

      第6章  委 員 会

第10条 本会は次の委員会を置く。

1. 運営委員会   
2. 常置委員会   
3. 特別委員会

第11条 各委員会の任務等は次のとおりとする。

1. 運営委員会
(1) 運営委員会は,本部役員,各常置委員会の委員長,同副委員長及び学校長で構成し,必要に応じて他の教職員を加えることができる。
(2) 運営委員会の任務は次のとおりとする。
 ア.各委員会により立案された事業計画を審議検討する。
 イ.総会に提出する報告書を作成する。
 ウ.必要な場合は特別委員会を設置する。
 エ.その他,総会より委任された事務を処理する。
(3)運営委員会は全運営委員の2分の1以上の出席をもって成立する。

2. 常置委員会
(1) 学級・広報委員会は,学級保護者の意見や担任の指導助言を求めて,学級における児童の学習や補導に協力するとともに,PTA新聞等広報活動につとめ,本会の活動状況を会員に知らせる。
(2) 教養委員会は,教育の理解と会員相互の文化活動及び教養を高める活動を推進する。
(3) 保健体育委員会は,会員の保健体育に関する活動を進め,学校給食の改善向上,児童の保健衛生及び安全に関する事項を協議し,会員の理解と協力を得る。
(4) 地域委員会は,児童の校外における正しい生活指導に協力するとともに,地域における会員の連絡・親睦につとめる。
(5) 各学年から選出された常置委員は,以上の任務のほか,各学年の委員としても活動する。
  (学年委員と呼び,学級・広報委員を長とする)
(6) 各委員会により計画された事業は運営委員会にはかることとする。
(7) 常置委員の兼任はできない。
(8) 常置委員の任期は,1年(会計年度と一致)とする。

3. 特別委員会
(1) 運営委員会から委嘱された特定の事業を行う。終了とともに解散する。
(2)計画された事業は運営委員会にはかることとする。

      第7章  総  会

第12条 総会は本会の最高機関であり,役員選出,予算,決算,行事計画及びその他重要事項を審議決定する。
1.定期総会は,年2回以上開くことを原則とする。
2.臨時総会は,会長が必要と認めるとき,又は3分の1以上の正会員が必要と認めたときに開く。
3.総会を開くときは,会期の3日以上前に議題を明示し,正会員に通知する。         
4.総会は,正会員の5分の1以上の出席をもって成立する。
5.議長は,その都度役員以外の正会員から選出する。
6.総会の議決は,出席者の多数決による。可否同数のときは,議長がこれを決定する。
7.正会員は委任状をもって出席にかえることができるが,その場合議決権は持たない。
                   
      第8章  会  計

第13条 会計年度は,毎年4月1日に始まり翌年の3月31日に終わる。
1.本会の運営は,会費その他の収入によって賄う。
2.正会員の会費は,1人月額 300円とする。(両親2人会費制)ただし,会員中特別の事情のあるときは減免することができる。
3.賛助会員の会費は,会員の期間中2,000円とし,一括納付とする。
4.収入,支出の決算については年度末に会計監査を受ける。
5.本部役員に限り,他団体より参加要請があった会合の参加費用は,本会の会費より負担できるものとする。

      第9章  役員,委員の解任

第14条 役員又は委員の任期中に不適任者と認められるときは,臨時総会の決議をもってこれを解任することができる。

      第10章  規約の改正

第15条 規約の改正には,総会で出席者の3分の2以上の賛成を要する。ただし,改正案の内容を総会の1週間前に,正会員へ通知しておかなければならない。

      第11章  慶  弔

第16条 慶弔の表意について,これを定める。
1.教職員,保護者,児童に加え,役員会で認めた場合に弔花等を供える。
2.教職員異動時に,花束等を贈る。
3.その他 必要に応じ,役員会において判断する。

付則 本規約は平成27年10月30日より改正施行する。



八瀬小学校PTA役員等選出規則

第1条 目  的
八瀬小学校PTA規約に定める役員及び常置委員会の委員,選出管理委員の選出は,この規則により行う。

第2条 選出管理委員会
  
1 毎年11月末までに選出管理委員会を設置する。この委員会は,役員決定後,解消する。
2 選出管理委員会は,各学年委員の互選による代表1名をもって構成し,委員の互選により正・副委員長を選出する。
3 本部役員は,選出管理委員会の委員にはなれない。
4 選出管理委員会の事務
(1) 候補者の受付と資格の審査をする。
(2) 開票に際しては必ず立会人を置かなければならない。
   (候補者は別に1名推薦することができる。)
(3) その他,投票・開票に関する事務一切の管理を行う。

第3条 会長,役員の選出

1 会長の候補者は次の二種とし,いずれも選出管理委員会が告示した締切日までに,必要事項(氏名,住所,PTAにおける略歴)を記入して選出管理委員会に届け出るものとする。
(1) 立候補者  自ら立候補する者で,本人が届け出る。
(2) 推薦候補者 10名以上の正会員が推薦し,本人の同意書を添えて代表者が届け出る。
2 第1項による会長の候補者が2名以上のときは,正会員による投票にて決定する。
3 第1項による会長の候補者が1名のときは,正会員による信任投票を行い,過半数の信任をもって,決定する。
4 第3条第1,2,3項で会長を選出し得ないときは,会長及び役員の選出は次によるものとする。
(1) 選出委員が提示した締切日までに,第3学年・第4学年の正会員により合同で互選を行い,会長を選出する。
(2) 互選で決まらない場合は会長1期経験者とその家庭,もしくは本部役員2期経験家庭を除いた第3学年・第4学年の正会員の中で,選任方法を決定し会長を選出する。
5 選出された会長は,現本部と協議した上で他に7名の本部役員を可能な限り各学年より選任し総会の承認を得る。なお,会長が必要と認めた場合は,7名の本部役員の他に若干名の役員を追加することができる。
  (役員数は規約第5章7条を参考)

第4条 常置委員の選出

1 本部役員家庭を除く正会員から選出する。
2 年度末に各地域毎の正会員による互選により,次年度地域委員を選出する。
3 年度末総会後,学年毎に正会員が書類投票により学年委員3名を選出し,学級・広報委員1名,教養委員1名,保健体育委員1名の各常置委員を定める。
4 各委員の正・副委員長は,PTA会員歴3年経過した者(4年目)の中から互選により決定する。ただし,地域委員については,実状に応じて決定する。
5 教職員は,各常置委員会に所属する。
6 選出順位は,本部役員,地域委員を除いた,児童数1桁の学年,高学年の順に行う。
7 同点者がある場合は,互選により決定する。
8 上記困難な場合は,この限りではない。

第5条 選出管理委員は,会長に立候補するとき及び推薦されたときは,選出管理委員を辞任しなければならない。

第6条 規則の改正には,総会で出席者の3分の2以上の賛成を要する。ただし,改正案の内容を総会の1週間前までに,正会員に通知しておかなければならない。


付  則   本選出規則は、平成27年10月30日より改正施行する。




 






                  

 



バックナンバー