【ご報告A】休校中の環境をよりよくするためのアンケート

アンケート回答の後半は、自由記述欄にびっしりと寄せられた85件の声です。
休校中の生活で困っていることや、学校に提案したいこと。
すぐには解決できないかもしれませんが、同じ悩みを持つご家庭がとても多いことがわかります。「一人で抱え込まなくていい」と思える情報共有になれば幸いです。

まずは【生活全般について】。

◆親は仕事ですが上の子供が大きいので兄弟で自宅待機をさせています。
なので日頃プリントや勉強等を見ることも難しく、ご両親がご家庭にいる子や学校、学童に通っている子に比べて勉強面で遅れを取っているのではないかと心配です。
入学前後は本人も学校を楽しみにしていましたが、最近では不安を感じているようです。
クラスター等考えると自宅待機が安全なのは解ってはいるのですが…。
オンライン授業も親がいない中で接続やアプリの立ち上げ等はまだ無理ですし、高校生の子供もいるのでそちらでも使用しますので我が家では難しいのではと思います。
今学校の対応等に不満はありませんが、理想では週に1回でもいいのでグラウンド等で担任の先生やクラスの子達と顔を合わせることが出来たらいいなとは思います。
LINEグループでもいいので他の子の近況を知ったり何かしらの繋がりを子供に持たせてあげたいです。
◆定期的に外に出たり近所の祖父母の家に行ってはいるんですが、やはり親子ともどもストレスが溜まっており、過剰に叱りつけたり(子どもが)切れたり情緒不安定になったりして非常にしんどいです。
本来なら先生に相談なのですが、まだ我が子の特性も知らない状態で、相談もしづらくどうしたものかと不安です。
◆起床就寝時間、家庭学習など自宅にいると親が言っても聞かない、家庭内に長くいるからあまりきつくいうと子どもも余計ストレスを受けるだろと思いきつく言えない。これまで学校があるからときちんとしてくれていたのがしてくれない。
食事についても学校では給食で食べていたものが家では好き嫌いをいい食べてくれない。
結果、生活リズムの不規則、栄養バランスの不均衡や運動不足で過体重などの不安がある。
◆精神的に不安定になりやすく、学校の行事が無くなるかもしれない事をとても気にしています。今の時点では先を決める事は難しいかもしれませんが、大まかな行事の方向性を示していただけると子供も安心するかもしれないです。先生方もとても大変な状況かと思います。家庭で出来る事を学校と協力させて頂きたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
◆子供はなるべく家で過ごすようにしています。勉強内容と時間を決めて、さらに家の事を係を決めてやってはいますが、それでも時間が余ります。ゲーム、動画の時間が徐々に増えていて、運動不足、メディア依存が心配です。運動場を開放してくれたらありがたいです。
◆結局、授業が始まっても猛スピードで学習をこなして行くのに不安。子供の集中力もなくなってきているので慣れるのに時間がかかる。授業や楽しい行事をはしょって行く事に不安。
◆休校中も家庭学習、外での遊び等バランスよくできており、時間のゆとりもあって、のびのび楽しく過ごせています。が、学校が再開されてから、授業の詰め込みが行われるのではないかと少し心配です。諸々の事情はあるかとは思いますが、無理のないカリキュラムでやっていただきたいです。
◆特例預かりには週に一度ほどは行っていますが、それ以外お友だちとも会えず、外でも思い切り遊べず、引きこもりのような生活でかなりストレス溜まってきてると感じます。学校が再開するのは嬉しいですが、先が見えず、感染の不安があるうちはまだ正直学校に行かせたくありません。学校に行きたいけど、感染が気になり行きたくない…、本人ももどかしく思っているようです。夏休みはあるのか?なくなるのか?しわよせがどれだけくるのか?
不安だらけです。
◆最近は終わりの見えない日々に親子ともにイライラしていて辛いです。
◆新一年生の保護者です。4月が半月過ぎた頃から、情緒が不安定になり、今はかなりひどい状態です。また、学校が再開されたら、治るのか…と心配です。
◆自粛なのに、たくさんの子どもが公園で遊んでいるのを見かけます!遊ぼうって自宅に来る子どももいます。出来るならば、学校の先生がたにパトロールしていただき、注意してほしい。遊びに誘いに来るこは、コロナについて自粛について話しても、子どもはなっても大丈夫なんやでーって、きちんと理解出来ていないのが残念ですし、断る側も、今後の友人関係にひびかはいらないかと…心配です。是非、お願いしたい。遊び回る子どもたちに注意してもらい、コロナ、自粛する意味を教えていただきたいです。
◆子供が家族以外と接する機会がなく、不安です
◆入学式以降、特例に通っているため子ども自身が学校というところが理解できていない。
◆給食がないので、栄養面で偏りが出ていないか心配です。
◆起床時間の遅さ、メディア時間の制限の難しさ、担任の先生と子供たちの繋がり
◆生活は大きくは崩れていないが、メリハリのある生活がなかなかできない。
◆いつもたくさんのことにお心配りをありがとうございます!我が家はいつも自宅にて過ごしておりますが、今年度はクラス替えもあり、(親の取り越し苦労だとよいのですが)休校が長くなるにつれ、やはり、どのお友達とも会えていないからか漠然とした不安感を感じているのでは?と思います。
家庭学習にも張り合いがなくなってきているので、運動場ででも、数日に一度のほんの短時間でもクラスの皆さんや先生と顔が合わせられると漠然とした不安感が和らぐのでは?と感じております。難しいのは重々承知の上ですが…。一意見です。
ご拝読をありがとうございました。
◆1日のスケジュールを決めないとダラダラしている
◆我が家は引っ越したばかりで、クラスにも近所にもお友だちがおらず、公園でいっしょに遊ぶこともできません。感染防止の重要性は理解しますが、学年とクラスを限定して人数を制限しながら順番に回していく形で、校庭で遊んだり、友だちといっしょにいられる時間を確保することはできないものでしょうか。すべて家庭に丸投げでは、ひとり親家庭や両親とも出勤しなければならない共働き家庭は子どもをみてやることもできず、格差が広がるばかりです。文科省の通達通り、家庭で学んだことにはしないでいただきたい。義務教育なのですから、家庭環境にかかわらず、すべての子どもが教育を受ける権利があるはずです。先生方も大変かとは思いますが、家庭の状況如何では実施が難しいオンラインという方向性でなく、少人数ずつででも学校で学べるように工夫をお願いいたします。
◆生活リズムの乱れ
◆親のメンタルがやられそうで、いつまでつづくのかと気持ちがふさぐ。
◆もともと学校があまり好きではなかったようなので、子供は休校延長を喜んでいますが、今度戻るときのハードルがどんどん高くなっていっている気がします。そういう意味では、週1回の登校がなくなったのは残念でした。
◆生活リズムが崩れていること、運動不足
◆1日の生活リズムがなかなか定まらない。
一人っ子で大人としか関わる時間が無いため全てが自分中心の生活になっている。
長引くことでいざ再開されたときに学校生活に入れるのか心配。
◆だらだらと過ごしてしまい、学習時間がとりにくい。あと運動出来ない。

次は学習面について。子ども・家庭だけでは課題がうまく進められないという声と、むしろ課題が足りないという意見に分かれました。子ども一人一人の個性や成長に沿った学習プランが必要ですね!

【学習面について】
◆課題を追加して欲しいです。
◆3年生 頂いたプリントがとても少なく、プラスで教科書を読むなどするよう努力しているが、ペースがつかめず親子共々辛いです。
◆5年生 頂いたプリントは全て四年生の範囲で、子供は飽きています。
5年生の教科書を読み、チャレンジで進めていますが、作文やまとめ、新聞などのサポートが私には難しいです。
◆家で過ごす子どもに時間割の提案
◆乳児、幼児がいるのでなかなか宿題を見ることができない。
他の子はどんな勉強の方法をしているのか?
家にいても学校がある時と同じだけ勉強をするわけでもないし、学校が始まったときに、学力の差ができていないか不安。
◆自宅学習がなかなかできない。3年生の学習が遅れることも心配なので、自分で勉強できる教材をもっとたくさん提供してほしい。もらっているプリントだけでは足りない。家のプリンターが故障しているため、データではなく印刷物での提供を希望します。
◆このまま休校が続くようであれば、学習面また子供たちの心身に大きな影響が出てくると思います。短時間でも構わないので、オンライン授業であったり、友達や先生と交流できる環境があったらいいと思います。
◆宿題を毎日少しずつ進めているくらいで、それ意外の課題を何もしてないないので、周りがどこまで自主的に学習しているのか分からないので不安。
◆勉強は進めてはいるけれどやる気が続かないので、友だちや先生と少しでもオンラインでもどんな形でも情報交換ができたらやる気も継続すると感じています。
◆・アンケートの取り組み、ありがとうございます。
・京都テレビで放映された授業支援の番組を動画で視聴しようとしたところ、IDとPWが必要と表示されました。4月末からは公開されると思っていたのですが…
・自宅勤務をしながら、子どもの勉強もみるのは正直難しいです。熊本市のように、先生の授業がオンラインで受けられる環境や仕組みがほしいです。
◆学校からの課題が少ないように思います。時間がたくさんあるので、持て余しています。
勉強の進め方に困っています。
◆どうしてもダラダラと過ごしてしまいがちで、勉強をするも身が入っていないように見えます。課題も【やらされてるからやっている】感が強いです。
◆学習習慣がおろそかになりがちのため課題の量をもう少し出してほしい
先の見えない状況に、どうしたものか??と日々、不安に感じています。
そして、生活リズムが崩れ、学習、運動不足です。
◆学習に関しては、苦手な事に取り組む意欲が持てず、学力が低下する可能性が高いと思われます…また、ずっと家に居るので、メディア時間が長くなっています。
◆アドバイスがあると学習時間が少し増えるかも知れません。
勉強のための問題集等を自身で購入したりしていますが、やはり何冊もとなると高額になるので、学校からもう少し勉強の教材やプリント等自宅で学習できる物を配布していただけると助かります。
◆文科省や大手教材会社が提供しているオンラインコンテツを利用しながら、無理のない範囲で、小学校の先生がフォローアップしていけるようなオンラインシステムができるとよいと思う。家でネット環境がない生徒に対しては、貸与または、少人数で小学校で受講する方式もありだと思う。
◆学校から配られた宿題が終わってしまったので、追加で予習や復習の宿題を出していただきたいです。
その際、親が子どもへ分かりやすく教える方法(先生方がされている漢字や算数の教え方)も親へのプリントとして出していただきたいです。
どうしても親が教えるとお互いイライラしてしまうので、なかなか上手くいきません。
◆課題だけではすぐに終えてしまいます。小3だと課題はプリント学習のみなので、休校中自由に取り組める内容の提供、プリントの追加配布、学年に合わせたおすすめ読書本など
◆学習への習慣が乱れています。
◆課題のフォローが必要だと思います。保護者が見るとしても、教育するための訓練を積んでいるわけではないので、適切な指導が出来ているのか不安があります。
◆特例預かりの、自習の時間に分からないところがあっても先生に質問出来ないと聞きました。質問させてください。
◆一年生で、勉強ってなんなのかもよくわかっていない様子です。お友達がご近所にいないのもあり、お友達と一緒に勉強していくイメージがわかないようです。書き取りなどもすぐ終わってしまうので、これで良いのかどうかわからず、親としても不安です。
色々工夫はしているのですが、なかなかやる気を出させたり、集中を続けさせるのが難しいです。
◆自宅で日中子どものみで過ごすため学習時間がきちんと計画的にとれていない
自宅でも少しだけ学習時間を設けてはおりますが学校からの課題がまた頂けたらうれしいです。

そして自粛生活につきものなのが運動不足。これは保護者の悩みでもありますね。

【運動不足について】
◆運動不足で、散歩に行ってもすぐに疲れてしまい、学校が再開した時ちゃんと登校できるか心配です。
◆学科より、体育など、身体の発達に関わる部分が適齢時に保障されないことが気になる。短時間少人数で活動出来るような機会や、家庭で出来る課題があると助かる。
また、オンライン授業が長時間になると、視力低下が心配。
◆運動があまり出来ない為、子供が太ってきた。
◆外で思いきり遊べる環境がないので体力が心配。
◆子供の体重が増えてきて室内運動をしてるのですが、子供が楽しんでくれるものが知りたい。
◆習い事も休みで、運動量確保できず、体力低下を心配しています。
◆走り回れずストレスをためています。在宅といっても仕事中です。子供たち皆が運動場で走り回れる時間を作って頂きたい。

さらに今回のアンケートでは、学校がどういう考え方の下でこの休校を乗り越えようとしているのか知りたいという声も寄せられました。

【学校とのコミュニケーションについて】
◆新学期が始まって、1回の訪問?課題の配布だけで、それ以来、1度も子供達の様子を見に来ないのは、どうかと思います。オンラインも、できる人と、出来ない人がいると思います。
◆休校延長のお知らせは、最初に学校から頂きたいです。
◆学校からはポストに連絡物が投函一回あっただけで後はなんの連絡も無い、ほったらかしの状況です。学校に行っている子供は先生や友達との関わりがあるからいいが、真面目に休ませている家庭の子供はどうするつもりなのか?憤っています。子供も友達と遊べないことに対して限界にきていたので、最近から近所の子供と遊ばせるようになりましたが。
小学校からの働きかけが、全く無いので、これから1ヶ月どうするつもりなのか、連絡なり働きかけをして欲しい。
◆1週間に一度家庭訪問か電話で子供の様子などを聞きます、と京都市教育委員会から登校日がなしになる時にネットに記載があったかと思いますが、養徳小学校ではしておられたのでしょうか?感染リスクがあるので、家庭訪問もしてほしいとも思わないですし、先生方の家庭のご事情もおありかと思いますので、お電話がないのも親はまったく問題はないのですが、あのように記載があったので、登校日がなくなった際に子供にわたしが説明をしてしまったがために、子供が2回目のコンタクトがうちはなんにもないの?先生にわすれられちゃってるのかなぁ?と不安に感じでいるようです。また、他校のお友達とばったり会った時に子供が聞いたら、うちは1週間に1回はきはるで、電話もあるし、宿題も2回目も持ってきてくれはったで、と何人にも聞いてしまい、余計に不安が倍増してしまったようです。我が家も散歩などで家を空けていることもありましたので、行き違いになっているのかもしれませんが。先生から一度留守番電話にお電話と、ポストにお手紙と宿題のプリントなどを入れてもらっておりました。親としては、お忙しい中にわざわざお越しいただいて申し訳ないぐらいなのですが。細かいことを申し訳ないです。(聞いたのは左京区、上京区の複数校です。)
◆保護者に対してのメールや、ご家庭にご負担をおかけします、というメッセージもありがたいのですが、担任から子供達に向けてのメッセージや動画等なんらかのコミュニケーションがあってほしい。もっと子供達を中心に!
3月は休校が急に決まったので仕方ないとしても、せめて4月からは復習の宿題プリントを渡すだけでなく、各教科の家庭学習の指針を示して欲しかったなと思います。さすがに5月はもう少しフォローの体制も改善されるのかな、と期待していましたが、そうでもないようだったので、このように声を届ける仕組みを作ってくださったPTA委員の皆様に感謝です!
◆担任の先生や、クラスの友達との関わりが、なんらかの形で持てたらと思います。
クラス替えのあった低学年クラスや、新入生に対しては、特に感じます。
◆3年生なのでクラス替えがありましたが、子供自身もまだ誰が同じクラスなのかさえよくわかっていない状態です。名前だけで良いので、名簿を配って頂けたら新しいクラスのイメージがしやすくなって助かります。
◆学校と生徒の繋がりの有無、そのことの保護者の把握、出来ていないのでこれからの漠然とした不安があります。

さて、インターネットの活用に関しては、積極的な意見と問題点を指摘する意見の両方が出ました。こうして意見を出し合うことで、具体的な解決策が見えてくるのだとと思います。

【インターネットの活用について】
◆先生が各家庭に宿題を配布して回る労力を、何かもっと他の形で使っていただければと思うので、オンライン化に賛成します。
◆休みが長過ぎて、自宅が心地よくなり、再開したときに行ってくれるか、心配です。学校のホームページブログをもっと更新して欲しいです。学校が再開して行ったら、こんな楽しいことをしましょう!や、去年植えたチューリップの成長具合など、何でもかまいません。
◆学校から、保護者宛の手紙や宿題の配布はあるけれど、子どもに向けたメッセージが何も無いことにすごく違和感を感じています。学校のホームページも、子ども向けの記事はひとつです。近隣の他校をいくつかチェックしましたが、ほとんどの学校で、ホームページを活用して子ども向けの記事がいくつも掲載されています。こんな時だからこそ、保護者よりも子どもに向けたメッセージがほしいです。大人が子どものことを考えている、ということが伝わるようにしてほしいです。オンライン授業がいきなり難しくても、ホームページを活用して、最低限、日々の学校の様子などを子どもたちに発信してほしいです。
課題は、週に一度学校に取りに行き、出来たら学校のポストに投函→丸付けされたものと次の課題を同時に取りに行く、というくらいのことがあってもよいかと思います。下駄箱などを活用してもいいか、と思います。
可能なら、図書室の限定的な開放もできたらいいのにな、と思います。
◆これからオンライン授業があるかどうかもわからないので、ホームページで担任の先生から子供達へ短文でもいいのでメッセージが欲しい。
◆オンライン授業は希望しますが、通信機器が無いおうちの方や、複数の兄弟姉妹が在学しているご家庭(1人1台用意できない)、仕事が無くなったりして、それどころではないご家庭もあるかと思います。平等に学べることが第一だと思いますので、オンライン授業は現時点では公立学校の限界があるのではないかと思います。
ですが、今回の京都テレビでのテレビ学習はなかなか良かったので継続して頂けるといいと思いました。
◆オンライン授業してください
◆@生徒から先生へのメールや電話を受付け悩みを相談できる体制がほしいです。
Aオンライン授業については、現場の先生方の負担を考え、他の自治体がすでに制作しているもの、学習塾等が展開しているサービスを活用したらよいと考えています。もし、zoom等の利用が可能な場合には、上の選択肢にもある通り、授業よりも朝の会やディスカッションなどの場を提供して頂きたいです。朝の会があれば、リズムが整います。
ディスカッションの場があれば、クラスで自分の考えを伝えたり、聞いたりしながら、不安を解消することができ、このコロナ禍の機会に勉強以上のものを得られるはずです。学習意欲にもつながると考えています。
◆オンライン授業の体制整備が期待される中、PTAとの協力によってこのような調査が可能ではないかと考えておりました。養徳小学校PTA本部の皆様、ありがとうございます。制限の多い中、御負担をおかけします。よろしくお願い致します。
◆オンライン授業に対応できない家庭もあるのではないかと思います。(機器の有無と、子供の使用の可否も、イコールではないことも考えられます。)そちらのケアがしっかりとできないのであれば、オンライン授業を行うのには賛成しかねます。
◆オンライン授業についてです。うちにWi-Fiはあり、動画も観られるのですが、たまにフリーズします。ですので、ZOOMのようなものよりも、何度も見直せるYouTubeのようなものの方が個人的には嬉しいです。勝手を言いますが、ご検討頂ければ幸いです。
◆学校へ早く行かせてあげたい気持ちはありますが、現状では単発の登校日でも不安があります。休校がまだしばらく続く可能性は高いため、可能であればオンライン環境を整えて、上記にあったように短時間でもお友達や先生と顔を合わせたり、少しずつでも授業ができると子供も喜ぶのではないかと思います。
◆まだ小学校がどんな所かわかっていないので、1日の流れを紹介したり、先生がどんな人かという紹介ビデオみたいなものがあればありがたい。(楽しそうなやつ)
難しいと思うが年間予定などもわかれば知りたい。
◆オンライン授業の実現は、各家庭の状況もあるので、タブレット等の購入や貸し出し、ネット環境の整備に関する補助等あれば、大学の様に実現可能かと思いますが…
◆少しでも、学校再開に向けての移行がスムーズ行える方法があればと思います。
オンラインオンタイムでなくてよいので、各担任の先生からのメッセージが定期的にホームページにアップされるだけでも繋がっている感は持てると思います。オンラインだと家庭によってネット環境も様々だし、ホームページならほとんどが見られる環境にあると思うので。先生方も、一方通行ではあるけれど、各家庭への電話連絡よりは負担が少ないと思います。
◆各小学校でオンライン授業を作ることは求めない。京都市、またはもっと大きな単位でコンテンツを作って欲しい。
◆生活が不規則になりがちなので、オンライン授業や朝の会などがあれば生活のリズムができ、子供たちも楽しんで取り組めると思います。
◆中学生の子供が英語塾のオンライン授業を受けていますが、タブレットの小さな画面でやりとりするのは非常に疲れるようです。授業がなくなるよりは良いかとは思いますが、小学生が普通の授業をオンラインで受けるのは、結構しんどそうな印象を受けています。あくまでも我が家での話ですが。
◆【子どもの成長を見守るオンライン説明会】の開催を希望します。(日中・夜選択制)
小学校6年間を通してつけてほしい力や、各学年ごとの発達課題、それに対する指導のポイント、学校でできること、家庭でできることなど、30分程度の説明と、質疑応答が30分程度あればと思います。
当初の年間プランと、コロナ後の変更部分がわかるようなスライド資料も提供してもらえるとなおありがたいです。(期間延長の都度変更があること前提で)
また、長期化する場合、保護者が意見交換できる【オンライン交流会】などもやってみてもよいかもしれません。

最後に、ニュースでも取り上げられている分散登校などについてです。子どもたち同士のつながりと安全性をどう両立していくのか、私たち保護者も考えていきましょう。

【分散登校や校舎の活用について】
◆学級単位や人数制限を設けた形で、授業を行っていただきたい。
◆時間を決めて校庭と図書室を開放していただけると、すごく嬉しいです。
◆学年別など条件付きの運動場の開放。
◆週に何回か、短時間でも、学校に行けたら、子供達にとっていい事だとおもいっている。
◆校庭の解放。段階的な授業再開など、収束の見通しが立たない中で、長期的な対策としての計画を示してほしい。
◆他県で案があったように、クラスの中でも2組に分けて人を減らした形で午前と午後を分け、授業を一刻も早く再開して欲しい!
◆分散登校を実施してほしい。(1日3学年かつ1クラスの人数を半分ずつにする等、三密に配慮しつつ)
◆学年(1年と6年)を優先登校も検討とニュースで見ますが、学業よりも命優先で。家には基礎疾患のある家族や高齢者もいますので、小学生から家族への感染も心配です。小学生の中にも喘息をもっている子もいると思います。社会活動、学業も大切かと思いますが急ぐ必要はないと思っています。緊急事態宣言が解除されるまでは、学校が再開されないことを願います。
◆子どもたちの安全が確保されるまで休校措置を続けてほしいです!
1年生、6年生から優先に登校させるという案も出ました。勉強の遅れよりも友達との関わりよりも、何よりも命、健康が第一だと思います。
友達も勉強も後からいくらでもついてくると思います。
だから、無理して登校させるようなことだけはしないでほしいと切に願います。



バックナンバー