第3回家庭教育学級「食育セミナー」2

ダイエットを続けると将来「不妊症」、「骨粗鬆症」、「摂食障害」、「低出生体重児」の危険性が高まります。データを元に教えてくれました。
特に、骨量が最大になるのが20歳前後です。今、10代のうちに骨貯金をしましょう。

一方で、夜型の生活リズムや身体活動度の低下で肥満が増えています。
思春期肥満は成人肥満につながると言われているので、気を付けましょう。

思春期はストレスを抱え込み、心の病にもかかりやすい時期です。
1人で食事をすることを「孤食」、誰かと一緒に食事をすること「共食」といいます。
大学生でも衝立てで区切られた1人席が人気になっている現状だそうです。
孤食をすると人とコミュニケーションをとれなくなったりします。
こどものこころのサインを気づくには美味しく、楽しく、食べられる共食が大事ですね。


中学生にありがちな様々な問題を食を通じて、家族で乗り切っていきたいと思いました。



バックナンバー