規約

☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜:*

☆☆ 京都市立下鴨中学校PTA規約 ☆☆

第一章 総則

第一条(名称)
 本会は、下鴨中学校PTAと称し、事務所を下鴨中学校内におく。

第二条(目的)
 本会は、保護者と教職員とが協力して相互の教養を高めるとともに
 学校・家庭・地域の連携を深め、生徒の心身ともに健全な育成を図る
 ことを目的とする。

第三条(事業)
 本会は、その目的達成のために次の活動を行う
 (1) 家庭と学校の教育環境を良くし、より教育効果を高めるために
    必要な活動。
 (2) 地域の教育環境を良くするため、目的を同じくする他の各種団体と
    協力し、その整備改善を行う活動。
 (3) 家庭と学校との緊密な連絡により、生徒の生活を正しく指導育成
    するために必要な活動。
 (4) 会員相互の親睦並びに会員資質の向上を図るために必要な活動。
 (5) その他本会の目的達成に必要な活動。

第四条(性格)
 本会は、第二条を本旨とする民主的な社会教育団体であり、特定の
 政治的、経済的、宗教的な活動とは関係せず、それらの支配や干渉を
 受けるのもではない。

第二章 会員

第五条(会員)
 会員は、本校に在籍する生徒の保護者と本校教職員をもって構成し、
 すべて平等の権利と義務をもつ。
 2.会員は、原則として会費を納入する義務を負う。

第三章 役員

第六条(種別及び任期)
 本会の役員は、次の通りとする。
  @会長   1名
  A副会長  2名(最大4名)
  B庶務   2名
  C会計   2名(保護者1名・教頭)
  副会長は原則2名とし、特別の行事等が見込まれる場合は最大4名までとする。
 2.役員の選任は、別に定める。
 3.役員の任期は、毎年4月1日より翌年3月31日までの1年間とし、
   再選再任を妨げない。
 4.教員を除く会員が役員を続けるときは、2期を限度とする。
 5.役員は、任期が満了しても新役員就任まではその任務を続行する
   ものとする。
 6.役員に欠員を生じたときは、別に定める役員等選任規定に基づき
   すみやかに選出する。但し、補充役員の任期は前任者の残存期間
   とする。
 7.次期役員は、毎年3月31日までに現会員かつ次年度会員から選出
   しなければならない。

第七条(役員の任務)
 会長は、本会を代表して会務を統括するとともに会議の議決を執行する。
 2.副会長は、会長を補佐し、会長に事故のあるときはその任務を代行する。
 3.庶務は、本会の庶務をつかさどり、本会の議事につき記録および議事録
   を作成する。
 4.会計は、収支を正確に記録し、監査委員の会計監査を経て総会において
   収支決算報告を行う。

第八条(役員の解任)
 役員中に不適任な者がいるときは、臨時総会を開催し、会員の過半数の
 賛成により解任することができる。

第四章 会計

第九条(会計)
 本会の経費は、会費その他の収入によって支弁する。
 2.会費は、会員ひとりにつき年額1500円とする。会員が2名の場合は、
   一世帯当たり年額3000円とする。但し、転校の場合は月額125円
   にて出入の当月分を含めて算出し、返金又は納入するものとする。
 3.会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。
 4.会計規程は、別に定める。第2項に但し書きを追加する。

第十条(監査委員)
 本会は、会計を監査するため、監査委員2名をおく。
 2.監査委員の任期は、本規約第六条第三項及び第五項に準ずる。
 3.監査委員の選任は、別に定める。
 4.監査委員は、年度内の会計を監査し、その結果を総会において報告
   しなければならない。
 5.監査委員は、会員10名以上の連署をもって監査の要求があったときは、
   会計を監査し報告しなければならない。

第五章 会議

第十一条(総会)
 総会は、本会最高の議決機関であり、規約の改正、活動計画及び予算、
 活動報告及び決算、その他本会運営に関する重要事項を審議決定する。
 2.総会は、毎年一回以上開催する。
 3.総会の提出議案は、開催日の3日前までに全会員に通知しなければ
   ならない。
 4.臨時総会は、会長が必要と認めたとき、または会員の10分の1以上
   から書面により請求があったときに開催する。
 5.総会の定足数は、全会員の10分の1とし、委任状による出席を認める。
   但し、委任状に委任者を明記しないときは議長に委任したものとみなす。

第十二条(運営委員会)
 運営委員会は、本会最高の執行機関であり、校長、役員及び各正副委員長
 をもって構成する。
 2.運営委員会は、会長が招集しその過半数が出席したときに成立する。
 3.運営委員会は、総会の議決した事項の執行に当たり、各委員会の
   企画立案した案件等を審議決定する。

第十三条(役員会)
 役員会は、役員及び校長をもって構成する。
 2.役員会は、会長が招集し、その過半数が出席したときに成立する。
 3.役員会は、本会の運営に関して企画及び立案をし諸問題を協議する。
 4.緊急事態が発生したときは、役員会にてこれを審議決定する。

第十四条(議長及び議決)
 総会の議長は、役員以外の会員から選出する。
 2.運営委員会及び役員会の議長は会長または副会長がこれにあたる。
 3.総会、運営委員会、及び役員会の議案は、出席者の過半数をもって
   決し、可否同数のときは議長の決するところによる。但し、規約の改定
   については本規約に別に定める。

第六章 委員会

第十五条(学級世話係)
 本会は、生徒の生活全般に関して学校と家庭との連絡その他のため、
 学級世話係をおく。
 2.学級世話係の選任は、別に定める。
 3.学級世話係は、各学級の会員の連携を図るとともに各々がいずれかの
   専門委員会に所属し、その任を果たさなければならない。

第十六条(専門委員会)
 本会の日常活動を有能かつ活発ならしめるため、次の専門委員会を組織し、
 会員の協力の下に事業を行う。
  @会員委員会 会員相互の教養のための講演会や、見学、レクリエー
    ション等の計画実施にあたる。
  A地域委員会 生徒の校外生活についての指導及び就学奨励などに
    協力する。
  B施設委員会 学校施設の整備充実に関する研究ならびにこれの
    対策にあたる。
  C広報委員会 機関紙の編集および刊行など広報活動にあたる。
  D学年委員会 各学年の学級世話係相互の連携をはかる。
 2.専門委員会は、委員のうち正副委員長2名を互選する。但し学年委員会
   は正1名副2名を互選、正副委員長の学年が重ならないよう調整する。

第十七条(ホームページ専門委員会)
 本会のホームページ管理・運用を行うため、ホームページ専門委員会を
 組織し、役員・委員会・会員の協力の下に事業を行う。
 2.ホームページ専門委員の選任は、別に定める。
 3.ホームページ専門委員の活動は「京都市立下鴨中学校PTA
   ホームページ活用ガイドライン」に従う。

第十八条(特別委員会)
 本会は、必要に応じて運営委員会の決議により、特別委員会を設けることが
 できる。
 2.特別委員会の委員は、運営委員会の賛成を得て、会長がこれを委嘱す
   る。
 3.特別委員会は、その任務が終了次第すみやかに解散する。

第七章 補則

第十九条(規約の改正)
 本規約は、総会において出席者の3分の2以上の賛成により改正できる。

(附則)
 本規約は、平成21年5月9日から施行する。

昭和27. 4. 1実施 昭和33.11.21一部改正 昭和34.12.23一部改正
昭和36. 3.22改正 昭和38. 3.23一部改正 昭和45. 3.23一部改正
昭和46. 6.15一部改正 昭和48. 3.23一部改正 昭和55. 6. 3一部改正
昭和61. 3.19一部改正 昭和62. 6. 8一部改正 平成 3. 5.19一部改正
平成 5. 5.16一部改正 平成 5.10.26一部改正 平成9. 2.14一部改正
平成14. 5.25一部改正 平成18.5.27一部改正 平成21.5.9一部改正
平成21.10.24一部改正

☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜:*

☆☆ 京都市立下鴨中学校PTA役員等選任規程 ☆☆

第一条(目的)
 規約第六条第二項、第十条第三項及び第十五条第二項の規定に基づき
 下鴨中学校PTA役員等選任規程を定める。
 2.教員を除く役員及び監査委員(以下役員等という)の選任に関する事項を
   処理するために、選考委員会を設置する。

第二条(選考委員会)
 選考委員会は、各専門委員会正、副委員長11名、各学級世話係の中から
 互選された各学区代表15名の計26名で構成する。
 2.選考委員会は、委員のうち委員長1名、副委員長2名を互選する。
 3.選考委員会委員長は、選考委員名を会員に通知しなければならない。
 4.選考委員会は、会員に対し次期会長候補者の推薦を求めなければ
   ならない。
 5.選考委員会の議決は、多数決により可否同数のときは委員長の決する
   ところによる。
 6.校長、教頭及び役員は、選考委員会に出席して意見を述べることが
   できる。

第三条(次期会長候補者の決定)
 選考委員会は、本人の同意を得て1名の次期会長候補を決定し、
 その氏名、生徒の現所属学級を会員に通知しなければならない。
 2.自ら次期会長たらんとする会員は、前項の通知を受けた日から、
   その日を含めて6日以内に氏名、生徒の現所属学級を明らかにした文書をもって
   その旨を会長に届けなければならない。
 3.会長が次期会長候補を推薦するときは、前項に定めると同一の期間
   内に20名以上が連署し、前項に定める文章をもってその旨を会長に
   届けなければならない。但し、この場合は本人の立候補承諾書を
   必要とする。

第四条(次期会長の選任)
 次期会長候補者が2名以上あるときは、全会員による無記名投票を行い
 多数決の方法により当選したものを次期会長に選任する。
 2.前項の投票を行うときは、あらかじめ選挙管理委員会を設置する。
 3.選挙管理委員会は、会員のうちより7名を会長が委嘱する。但し、
   そのうち2名を教員とする。
 4.選挙管理委員会は、委員のうち委員長1名を互選する。

第五条(次期会長候補者の公示)
 次期会長候補者が1名しか得られなかったときは、選考委員会が、その氏名、
 生徒の現所属学級をすみやかに会員に公示する。
 2.公示期間は10日間とし、公示期間の経過とともに次期会長として確定する。
 3.公示期間内に会員により会長に書面による異議申し立てがあり、且つその
   数が会員総数の過半数に達するときは、次期会長候補者は失格とする。
 4.選考委員会は、前項の失格者が出たときは、それにかわる次期会長後者を
   すみやかに選出し、第三条第一項および第五条第一項の活動を行う。

第六条(会長以外の役員及び監査委員の選任)
 選挙により次期会長に選任せられた者は、役員候補者の氏名、生徒の現所属学級を選考委員会に届け出なければならない。
 2.選考委員会は、前項の届け出を受けた時は、次期役員候補者に対して
   前条の公示に伴う活動を行う。
 3.次期会長候補者が1名しか得られなかったときは、選考委員会は次期
   役員等候補者を選任し、次期会長候補者と同時に公示するとともに
   それに伴う活動を行う。

第七条(学級世話係の選任)
 学級世話係は、学年初めに学級ごとに保護者である会員が、投票または
 適宜の方法により原則として各学級3名を互選する。
 2.学級世話係の選出にあたっては、在学中の生徒1人につき1回選任された保護者は次年度から候補者として除外する。
 3.前項の除外に際して、本部役員に選任された保護者は在学中の生徒2人分として考慮する。

(附則)
 本規約は、平成21年5月9日から施行する。

昭和42.4. 1 実施 昭和45.3.23 改正 平成 9.2.14 改正 平成14.5.25 改正 平成20.5.24改正 平成21.5.9改正

☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜:*

☆☆ 京都市立下鴨中学校PTA会計規程 ☆☆

第一条(目的)
 規約第九条第四項の規程に基づき、下鴨中学校PTA会計規程を定める。

第二条(中間決算報告)
 会計を担当する役員は、当該年度12月末日締めの中間決算報告書を
 作成し、監査委員の会計監査を経て、年度末までに会員に報告しなければ
 ならない。

第三条(慶弔費)
 本会の慶弔費は、次の通りとする。
  (1)会員本人の死亡 10000円及び樒一対分の費用
  (2)本校生徒の死亡 10000円及び樒一対分の費用
  (3)本校生徒の1ヶ月以上の長期入院又は療養 5000円
 2.出産等の前項以外の慶弔費を支出するときは、原則として運営委員会の
   決議を必要とする。但し、会員等が個人的に負担する慶弔費については、
   この限りではない。

3.教職員が転任又は退職するときに、餞別として記念品を贈呈することとする。

第四条(ホームページ専門委員会)
 メールアドレス管理費用の集金など独自性の会計が必要なためホームページ
 専門委員会での収支は独立して管理する。
 2.単年度で決算を行い、次年度への繰越金は発生させない。
 3.年度末に収支決算報告書を作成、監査委員の会計監査を経て本部役員へ
   報告しなければならない。

(附則)
本規約は、平成23年5月14日から施行する。

平成 9・2・14実施 平成17・5・28改正 平成18・5・27改正 平成23・5・14改正


バックナンバー